バッドビート!~辻堂真夏のポーカー戦線~ 1巻 ゲームを制すのは心理戦!?

badbeat160927.jpg
『コミックフラッパー』連載、「バッドビート!~辻堂真夏のポーカー戦線~」の1巻です。
帯に「能力者たちが繰り広げるポーカーバトル開幕!」とあるように、登場人物の多くは能力者。バトルといってもジョジョみたいに戦うのではなく、特殊能力を使ってポーカーで勝っていくお話しです。能力は「嘘を見破る」とか「負けた相手を下僕にする」とか人それぞれ。主人公の辻堂真夏は「毎日が災日」という、ひたすら不幸を招く能力だったりします。しかも常時発動しているので不幸の連続。言うなれば禁書目録の当麻と同じようなものですわ。

散布されたナノマシンにより契約が絶対遵守される契約特区。そこで契約を反故しようものならナノマシンの作用によって死がもたらされることから、ギャンブラーたちが必然的に集まって来る。その特区にある湘南清陵高校に通う辻堂真夏が主人公です。
真夏がしている右目の眼帯は、ポーカー部の代表・深沢夜泉によって視力を奪われたから。それがナノマシンの能力か夜泉の能力なのかは不明だけど、奪われたものを奪い返すべくポーカー部部員になるトライアウトを受けるつもりの真夏。
badbeat160927-.jpg
そこへ横槍を入れてきたのが高砂です。「負けた相手を下僕にする」能力を持っていて、これでトライアウトを勝ち抜くつもりなのだ。夜泉の恐ろしさを知っている真夏は"そんな程度で勝てるわけがない"と勝負を挑む。
前述した通りに真夏の能力は不幸を呼び込むことから高砂は負ける気がしません。
badbeat160927-1.jpg
けれど勝てないのです。なぜか? それは能力が劣っている分だけ心理戦に長けているから。降りたと思ったら賭け、意味深な言葉を投げかける。これにより強い手なのかブラフなのか疑心暗鬼の自問自答に陥れる手段こそが真夏の真骨頂なのだ!
あ、ここでやってるポーカーはテキサスホールデムという近年になって世界的に一般化したもの。下記に詳細があるのでお読みください。つーか、専門用語が結構使われてるので少なからず知らないとチンプンカンプンです。
テキサスホールデムの基本ルール

そして始まるトライアウト。能力を使ってカードを取り換える者も居ますが、それをも凌駕する真夏。だって真夏の手札には普通ならば悪いカードしか来ないようになっている。不幸を招く能力だからね。でもカードを取り換えたために本来なら来るハズのないカードが来たのですよ。その人にとってはカードを取り換えたことがアダになってしまったということ。

そして高砂との再戦。前回の反省もあって慎重にゲームを進めるわけですが…詳細はやめておきましょう。
badbeat160927-2.jpg
やはり負けてしまうも負けて晴れ晴れという雰囲気に。高砂は今まで嫌なヤツという感じでしたが、これによりイメージが変わりますよ。こういう展開は見ていて清々しいから好きです。

失くしたものを取り返すべくポーカー勝負を続ける真夏。次に待つのは いかような能力者か!?
バッドビート! ~辻堂真夏のポーカー戦線~ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
バッドビート! ~辻堂真夏のポーカー戦線~ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
読んでくださってありがとうございます!
2016/10/01(土) 13:54 | URL | 渡辺アビ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3876-5ed302a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック