とある魔術の禁書目録 氷華を助けるべく美琴も戦いの渦中へ

toal161113.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の111話
11月22日にコミックス18巻が出ることもあり、今回は表紙&巻頭カラー。付録にICカードステッカーが4種類ありますのでスイカやイコカやマナカなどに使ってみてください。

光の翼が開いてるかのような帯状の光が、学園都市の上空を染めていた。インデックスはこれを見て天使が出現したことを悟るも、自分の10万3000冊の本の中にも存在しない異質なものだと察知。いったい何だろう? でもこの感じ…私は知ってる。──ひょうか? ひょうかなの? それを確かめるべくインデックスは走る。

そこに美琴が通りかかる。当麻と罰ゲームと称したデートをしていたものの、なし崩し的に解散。それから数時間は経っているのにまだウロウロしていたとは、腹いせにゲーセンにでも行ってたのですかね? そっちは危険だからと止めるも、インデックスは「あそこにいるのは私の友達」だとして止まろうとしません。
toal161113-.jpg
そこに更に当麻もやって来た。目的は同じに違いない。けれど当麻が氷華に触れると消滅しかねないことから「ひょうかを殺さないで」と叫びます。美琴は詳細な理由は不明ながらも、あの光の中心に当麻が救おうとしている人物が居ることを理解する。
当麻とインデックスを狙う猟犬部隊が接近しようとしたとき、有無を言わさず美琴はレールガンを発射!
toal161113-1.jpg
足止めに一役買ってくれました。不機嫌そうに見えるのは(いや、確実に不機嫌だな)当麻が今回も別の女性を救おうとしていることに違いないだろうね。こんな状態の美琴を相手にするとは猟犬部隊も災難だこと。

インデックスは走りながら当麻に説明する。私が知ってる「天使」の情報とは違い、あれは使われてるパーツが全然メチャクチャで未知の文字で描かれた壁画を見ているようなもの。あそこにいる「天使」と、それを統率している「核」が別々にあるぐらいはわかるそうだ。そこで「核」についてはインデックスに任せ、当麻は先に行って氷華をヴェントから守ることに。
そして着いてみたところ…
toal161113-2.jpg
例のアヘ顔になってることに驚かずにいられない! アニメとは違いこの氷華は涙を流していることから強制的にされていることが一目瞭然。つーか、むしろアニメもこうすべきでしたね。
そしてヴェントが三度 登場。果たして当麻は氷華を守り抜くことが出来るのか?
とある魔術の禁書目録(18) (ガンガンコミックス)
とある魔術の禁書目録(インデックス) 18巻 (デジタル版ガンガンコミックス)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
美琴もピンチになれば助けてもらえるよ
2016/11/17(木) 13:46 | URL | 名無し #-[ 編集]
機嫌の悪い美琴が可愛い
2016/11/28(月) 06:40 | URL | xyz #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3917-1ea7e59e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック