マージナル・オペレーション 7巻 アラタが昔の僚友を相手に戦闘を開始

marginal161123.jpg
『アフタヌーン』連載、「マージナル・オペレーション」の7巻です。
少年兵を指揮して戦う「子供使い」ことアラタの評価は世界的に知られることとなっていた。6巻からタイ編に突入し、アラタは兵士として海外に売られていく子供たちを阻止する仕事を請け負うことに。けれどそれはアラタをこの道に導いた自由戦士社との対立を意味していた。

冒頭では かつて共にオペレーションを学んでいたキシモトとバッタリ遭遇。でも今 現在は敵対する関係に。一触即発な場面だけれどお互いにドンパチする実戦は慣れてないので、腹の探り合いな会話となりました。できれば戦いたくないけれど仕事だから仕方ないという雰囲気が二人からひしひしと感じられますな。

そしてアラタが警備するNGO団体の職員が殺されたことから いよいよ戦闘へ。でもこれは護るべきNGO団体へも監視の目を向けることに。なぜなら…
marginal161123-.jpg
潜入しているだろうスパイを発見するためです。そしたら案の定いましたよ、何年も前から潜伏していたスパイがね。NGO団体の代表は撃ったことを責めるも、そんなの知ったことではありません。何年も前から情報が漏れていたことを阻止したのだから、むしろ褒めてくれなきゃ やる気を失くすってもんです。

その後、戦闘は散発的に行われるもアラタは違和感を感じていた。
marginal161123-2.jpg
敵は負傷者が多数出ているのに戦闘を止めようとしないのだ。これは傭兵会社同士の戦闘であり、依頼を請けたものではない。つまり儲けの出ない仕事である以上、一定以上のリスクは負うべきでないのだ。なのになぜまだ戦う? 今後の話の真相はそこに向かうと思われます。

それとヒロインたるジブリールの出番は今回あまりありませんでした。数少ない出番の中で、アラタがソフィアに示した態度にまたしても嫉妬心が炸裂ですわ。
marginal161123-1.jpg
アラタのサスペンダーを引っ張ってはバチンと音がするように離す、オシオキを繰り返します。まったく可愛らしいオシオキだこと(笑)。
マージナル・オペレーション(7) (アフタヌーンKC)
マージナル・オペレーション(7) (アフタヌーンKC)
マージナル・オペレーション(7) (アフタヌーンコミックス) Kindle版
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3928-e4e02a1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック