軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!? 3巻

gunota161219.jpg
『ドラゴンエイジ』連載、「軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!?」の2巻です。
2巻のレビューの際にも言ったけどタイトル長げーよ! 現在8巻まで出ているラノベのコミカライズ。8巻も出てるのだから それなり人気があるのでしょう。私もウェブ上の小説読んでたら止められなって昨夜のうちに記事を書けなくなりました(事実です)。

27歳の元 引きこもりの軍オタが殺され、剣と魔法の異世界に記憶を残したまま孤児となって転生。リュートという名前で孤児院で成長していく中で"この世界でこそ銃が必要"と、6・7歳そこらでS&W M10やAK47を開発して魔物退治に一役買う。幼なじみのスノーと婚約した後、スノーは魔法学校へ、リュートは冒険者として旅立ったのが前回までです(小説1巻の内容)。

今回から小説2巻のストーリー。冒険者となるべく旅立ったのはいいけれど、騙されて今は魔人大陸にある奴隷館の中。心境としては正に天から地に落とされたようなものでしょう。自分の買い手が決まったということで買った人物を想像する。
gunota161219-.jpg
自分はまだ若い(10歳)ことから肉体労働者としてではなく、男娼として売られることがあるらしい。冗談じゃないと青ざめるも、中には上流階級の夫人が情夫として買うこともあるそうだから「どうか買い手が女性でありますように!」と何度も祈ります。
かくして買った人物は…男だった! しかもムキムキの体格をしている(イメージとしてFate/Zeroのライダーみたいな人物)ことに大きく落胆するのでありました…

買った人物は闇の支配者・バンパイア族のブラッド伯爵。どんな目に遭わされるのかと不安になりながら豪邸に入るリュートです。渡されたのはメイド服。こんな趣味があるのか? と思いながら着てみたところバッチリ合うのがいかにも、ですな。話に聞くところ夜伽目的ではなく娘の世話役として買ったそうなので一安心します。
gunota161219-1.jpg
これが娘のクリスお嬢様。こんな カワイイお嬢様に使えるだなんてラッキー! と思いきや、「男の人はキライ」とのことで今度は伯爵たちが驚いた。どうやら今までリュートのことを女の子と思っていたようで、だからこそメイド服を渡したのですね。
では返品する? となって リュートが待ったをかけた。下手したら今度こそ男娼として買われないからだ。三日間チャンスをくれ、その間に お嬢様に好かれてみせるとして猶予を貰います。

ちなみにクリスお嬢様は魔術が使えないと学校でいじめられて 引きこもり生活。いじめられた経験から男嫌いはここから来ており、言葉すらも発せず常に携帯黒板で文字にて会話をする状態なんです。
その三日間、この世界にないお菓子──プリンやミル・クレープやフルーツサンドなどを振る舞って お嬢様は大満足。「信長のシェフ」じゃないけれど珍しくて美味しい食べ物は万国共通、いや、異世界共通なんですな。
gunota161219-2.jpg
三日目の夜、自分が世話役として相応しいかどうかを決めてもらいます。結果、血を吸ってくれた── OKということで晴れて家族の一員となったリュート。
以後、お嬢様を支えながら家族一同と仲良くなり至福の時間を過ごしていくのですが、この生活も長く続きませんでした。伯爵の兄弟間で争いが起きると共に、信頼していた人物の裏切りでお嬢様と逃げることに…

最後に登場した追手は漫画のオリジナル? 少なくともweb上の小説にはありません。この後、とある人物の協力を得て反撃に出るわけですが、そこで お嬢様の能力が開花します。それはリュートが新たに創る銃あってこそなんですけど、それは何だと思います? ちなみにお嬢様は魔術は使えないけれど目は非常にいいんです。バンパイアとしての能力もあって夜でも遠くまでバッチリ見える。となると銃の種類は…だいたい予想できますね。
軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!?3 (ドラゴンコミックスエイジ や 2-1-3)
軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!? 3
軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!? (3) Kindle版
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
> この世界にないお菓子──プリンやミル・クレープやフルーツサンドなどを振る舞って お嬢様は大満足。

その国にない菓子って、気候風土的に作れないor作るのが難しい場合が少なくないんだけどね。

たとえば「高温多湿で生ものが腐りやすい日本で、冷蔵技術無しにチーズケーキとかアイスクリームとか作れるのか」みたいな話。仮に作り方を知ってても、材料と加工技術と潤沢な資金が無ければ実現できないんだけどなー。
逆に材料と技術さえあれば、本職の料理人にも作れない物を、素人に作れるものだろうか。

納豆とかくさやの干物みたいに、偶然の産物の発酵食品なら別だけどね。(それも結局は気候風土の影響を受けるのだが...)
2016/12/21(水) 02:50 | URL | 名無し #-[ 編集]
まぁ、そういうのも含めて色んな意味で実に気に喰わないばかりだね……
こういう傾向の反乱は何とかならないのだろうかと言いたいのさ。
2016/12/24(土) 12:42 | URL | 匿名野望 #Y02TW4VM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3955-a94e5c1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック