「KIMURA 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」の漫画が終了したけれど…

kimura161226.jpg
2013年から『週刊大衆』で連載していた「KIMURA 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」の連載が終了しました。連載冒頭ではいきなり力道山戦との顛末が描かれ(コミックス vol.0)、以後は木村の生い立ちを幼少期から丁寧に漫画化。そして「昭和の巌流島」と言われた昭和29年12月22日の力道山戦が終了したわけですが、それからの駆け足ぶりがハンパじゃないことに違和感を禁じえません。たった4話ですよ! 力道山との試合が終わってからたった4話で終了。ここまで生涯を丁寧に描いてきながら、力道山戦が終わってから亡くなるまでの39年間をたった4話で片付けるのはどうかと思うんだ。

そりゃ原作者の増田俊也氏が木村びいきなのは知っての通りであり、描きにくいところは描かないからこうなったのでしょうね。力道山との念書(引き分けるという打ち合わせ)を交わすところも「そんなものは無かった」と言いたげに描かれませんでしたし。
ならばタイトルの「なぜ力道山を殺さなかったのか」は どう結論づければいいのだろう? 猪瀬直樹氏に語ったという「額に"死"を念じたからこそ殺した」とするなら、本懐は遂げたことになるのですが…
kimura161226-.jpg
ラストは あの世で力道山と再戦する木村。あの試合から62年経ち、二人が再び戦うことを考えると色々と感慨深いものを感じずにいられません。

これは2000年に放送した「君は木村政彦を知っているか」という番組で、木村本人はもちろん(録画映像) 奥さんへのインタビューもある貴重映像。八つに分けてあることから面倒でしょうが順にご覧ください。
木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(上) (新潮文庫) 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(下) (新潮文庫)
木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(上) (新潮文庫)
木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(下) (新潮文庫)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
原作小説だとこの後、むしろ作者が描きたかった敗北を抱えた木村がどう生きて死んでいったかを描いた最終章に入ります(「なぜ殺さなかったか」についてもこの小説なりの一つの答が提示されます)ので
漫画版がここで急に終わったのは、木村びいきの原作者が、描きにくいからでは無く、単純に打ちきられたか、作画担当の方の事情だと思います。
2017/01/02(月) 01:41 | URL | たぬき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3962-88afb3d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック