新連載「フレームアームズ・ガール ラボ・デイズ」15cmのロボットガールの前日譚

frame170102.jpg
『コンプエース』新連載、「フレームアームズ・ガール ラボ・デイズ」の第1話
コトブキヤが出しているオリジナルのロボットプラモデル「フレームアームズ」。これを美少女化した商品が「フレームアームズ・ガール」でして、今年のアニメ化が決定してます。この漫画はその前日譚を描いていくようですよ。近年のヒットメーカー・島田フミカネ氏がキャラクターデザイン原案を手掛けてることから、また人気が出るんじゃないだろうか。

このトビラ絵は右から主役の轟雷、スティレット、バーゼラルド。7月19日発売のアニメBD第1巻には轟雷のプロモデルが同梱だそうだ。ってことは放送開始は3月か四月かな。公式サイトは下記に。
フレームアームズ・ガール 公式サイト
frame170102-.jpg
ファクトリーアドバンス社の研究室で目覚めた「轟雷」。身長15センチの彼女はフレームアームズ・ガール(略してFAガール)といい、ファクトリーアドバンス社が出しているホビーなのだ。彼女を作った山田さんは無事に起動して喜んでます。山田さんの後輩の戸田は轟雷の身体や装備の製作を担当しており、新しく作った装備を取り付けてご満悦…なんだけど反応が薄いことに やや戸惑います。
frame170102-1.jpg
ここで轟雷の説明が入りました。市販品のFAガールはプログラムで簡単な動きしかしないけれど、轟雷は「成長型AS(人工自我)」を搭載した試作機。性格・感情がほとんど設定されておらず、日常で学習させてどのように成長するかを研究するのが目的とのこと。
frame170102-2.jpg
結果によっては成長せずに失敗に終わることもあるだろう。けれど成功した暁には轟雷の研究データを元にして将来たくさんのAS搭載型FAガールが作られるという。

FAガールはバトル大会も行われるということでバトルフロアを見学させていたら、フレズ班の大塚という開発者が うちのフレズヴェルクと模擬戦をやろうと言ってきた。(開発してるFAガールによって"〇〇班"と呼んでるみたい。だから山田さんは"轟雷班"でしょう)
frame170102-3.jpg
既にバトル経験済みのフレズヴェルクは やや生意気といった感じ。対する轟雷はいきなりのバトルであり、負けて当然? でもそこは「成長型AS」からしてフレズヴェルクの戦いを吸収していく展開かもね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3968-e8cf97d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック