『傷物語〈III 冷血篇〉』を観てきました

kizu170109.jpg
上の画像は一週目の入場者特典の書き下ろし小説「混物語」第軍話 しおぎレンジャー です。
で、観てきましたよ。感想と言いながらストーリーの解説になりがちなことから、先ずストーリーを。
三人の刺客からキスショットの両手・両足を奪い返した阿良々木。これによりキスショットは完全復活するので自分も普通の人間に戻れると思っていた。が、吸血鬼を復活させた弊害のことを考えておらず(犠牲者が出るということ)激しく自己嫌悪。これ以上の弊害を出さないためにも阿良々木はキスショットと戦うことに…

観るべきポイントは二つでしょう。
1.阿良々木の羽川に対するエッチな行為
2.阿良々木とキスショットとのノーガードの戦い

1はキスショットとの戦いの前に羽川の おっぱいを揉むことで、巨乳の身体に慣れておこうという展開があるんです。それを恥じらいながら受け入れ、ブラをはずして「揉んでいいよ」とする場面は興奮が抑えられねーよ! これをいいことに阿良々木は「言葉攻め」がエスカレート。「こんなにイヤらしい身体になったのは阿良々木くんのせいです」とか、ここぞとばかりに恥ずかしい言葉を言わせるので中坊ぐらいだったら股間が大変なことになると思うぞwww
またこれは声優の ほっちゃんに「どれだけイヤらしい発言をさせるか」であることから、ほっちゃんファンならば是非とも必ず行くべきでしょう。

2は不死身同士の戦いはこうなるのかという見本みたいなもの。首が吹っ飛ぼうが手足が切断されようが ほどなく再生するので、両者ノーガードの殺し合いになってます。これ、「UQ HOLDER!」読者ならば少なからず興味が持てるかもね。あまりに簡単に再生するので戦略とかあったものじゃないです。

最後は忍野による折半案で、知っての通りの阿良々木と忍の関係となって幕。これは両者が不幸になったバッドエンドな形式ですが、一般人には戻らずに能力が残ったからこそ今後起きる様々な事件を解決できるわけです。能力があったからこそ戦場ヶ原や八九寺たちとも出会ったのですから、一概にバッドエンドと言えないと思うよ。
映画「傷物語」ビジュアルブック PART2

講談社
売り上げランキング: 418
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3975-f884e618
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック