うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 1巻

uchino170124.jpg
『コミックウォーカー』連載、「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない」の1巻です。
なんだこりゃー! 読み終わってから、いや、読んでる途中からニヤニヤが止まんねーよ! 1月にして(自分が選んだ)今年のベストコミックス上位に食い込みそうな作品に出合えたことを嬉しく思います。

若き冒険者・デイルが森林でのモンスター退治を終えた後、瘦せ細った魔人族の少女・ラティナと出逢う。片隅には親であろう遺骸がうずくまっており、ラティナの痩せた身体と服の汚れからして数日間ずっと食べもせずに遺骸と居たに違いない。
uchino170124-.jpg
このまま見過ごせなくなったデイルは連れ帰って保護者になることを決意する。
後はもうストーリーなんて無いと同然(え?)。可愛いラティナの成長していく姿を親のように見守らずにはいられません!
uchino170124-1.jpg
人間の言葉を覚えるべく絵本を読んでいるところ。ハッキリと発音できないことにデイルは「可愛い」とつぶやきますが、これは読者だって同じ意見。もう頬ずりしたくなりますよ。
uchino170124-2.jpg
言葉をある程度 覚えたラティナは、冒険者の店・虎猫亭のお手伝いもできるようになりました。ご飯を持って行ったら冒険者の仲間たちが目を細めて見守ってます。そりゃこんなカワイイ子が手伝う姿を見れば、どんな屈強な冒険者だってメロメロになってしまうだろうさ!
けれど最後の方で一波乱。迷子になってしまったのだ。新しく出来た友達が連れて来てくれたのはいいけれど、デイルを前にして泣き出してしまいます。
uchino170124-3.jpg
「おこられてもいいから デイルといっしょにいたいよ…っ」
どうも回想からして親は自殺を図ったらしい。一人残されたラティアは もう独りになるのは嫌だからと、この言葉が出たのでしょうね。(。´Д⊂) ウワァァァン!! こんな寂しい思いをしていたなんて! でも大丈夫だ、僕が見守ってあげるからラティナはそのまま すくすくと成長して欲しいよ。ホント。

とまぁ読者のハートを鷲掴みにするラティアの可愛さを充分に堪能していただきたい! きっとメロメロになってしまうからさ。
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 1 (MFC)
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 1 (MFC)
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 1 Kindle版
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うちの娘、可愛いですよね。
こんにちは!
原作愛読者のめんどくさいやつです。
「うちの娘」漫画版1巻発売ですね!
もっと早く漫画版が進行すれば良いのですが、、、。
ところで、「うちの娘」の名前はラティアではなくラティナです。
それからラティナのそばにいた遺骸はラティナの父であり、自殺はしてません。
そこだけ気になったのでコメントさせていただきました!不快な思いをさせてしまったらすみません<(_ _)>
失礼しました。
2017/01/25(水) 08:21 | URL | 名無しさん #cUFgSMR.[ 編集]
>名無しさん
ご指摘ありがとうございます。修正しました。
2017/01/25(水) 23:25 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3989-082eac02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック