墓場の七人 1巻 ゾンビを倒すべく七人のスゴ腕が集まった

hakaba170218.jpg
『画楽の杜』連載、「墓場の七人」の1巻です。
「R・O・D」「解錠ジャンキーロック」などの山田秋太郎氏の最新作。と言っても2015年5月から月一連載で始まったものがようやくコミックス化なので"今さら感"がアリアリなのですが。

山中深くある墓場村は全滅の危機に切迫していた。「屍人(かばねびと)」と呼ばれる「生ける屍」、つまりゾンビが大量発生したからだ。村は周囲に壁を作り侵入を防ぐも、いつ破られるかわからない。そこで村長は七人の子供を密かに逃がし、用心棒を連れてくるよう依頼する。主人公の七平太もその一人なのですが…旗本の色女に騙されて牢屋に入れられてしまいます。この旗本が悪いヤツで、人殺しを余興で楽しむ不届き者。このままでは七平太もやがて殺されてしまうだろう。

牢屋にいる数名の中に一人、スマキにされている男がいた。腕が立つけど残忍な人斬りのことから"百挽"と呼ばれており、素手だけでも何人も殺してきたらしい。七平太はこの男を用心棒にしたいとするも、本人は全然ノリ気でない。
hakaba170218-.jpg
が、七平太は命を張って対峙し、「屍人」のことを口にしたら態度が急変。今まで大人しくしていたけれどスマキをあっさり破いて脱出。旗本の手下を次々と打ち倒していく。
hakaba170218-1.jpg
どうやら百挽もゾンビのことを知っているばかりか、浅からぬ因縁があるようだ。(実際のところ、ゾンビを操っている? 頬に傷がある男を探しているらしい)
旗本のその後、屍人に襲われて死亡。百挽は本名を「一色」だと明かして、晴れて用心棒として墓場村へ向かうことに。

途中、旗本の追手に襲撃されたりゾンビに襲われたりして村に辿り着いたのですが…
最後になって驚かずにいられないよ!
hakaba170218-2.jpg
いきなり七人そろったー!www
このうちの一人、女性の邪魅羅(じゃみら)は旗本の色女だった者で、実際のところは忍者のような自由人。どうしてだかわからないけど興味本位?で用心棒になったらしい。それ以外の五人は全くの初見なので急な登場に笑っちゃったよ。こういうのは徐々に集まって来るところが見どころなわけで、いきなりそろっても何か…ねぇ。
墓場の七人 1 (ホーム社書籍扱コミックス)
墓場の七人 1 (ホーム社書籍扱コミックス)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大予想
最終回までに7人のうち半数が死に、最も得をしたのは雇った村民になる
(7人の侍的な意味で)
2017/02/19(日) 14:54 | URL | 名無し #-[ 編集]
集まった7人の中に黒幕がいるのかも。だとしたら、全員登場でも違和感ない。
2017/02/19(日) 18:19 | URL | N #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/4011-3308f5b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック