ぼくたちは勉強ができない 問5 勉強と恋愛は両立できないよねー

boku170306.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問5
緒方さん・古橋さんに続き、スポーツ少女の武元さんが三人目となりました。前の二人は得意分野なら天才なものの、武元さんはスポーツ(水泳)以外は全くダメ。推薦受験に必要な英語なんて単語すら覚えられないのだから思いやられます。あ、緒方さんのおっぱいはFサイズぐらいあるそうで、143cmの身長でソレとなると…すんごい着痩せしてるとしか思えないよ!

そんな中、古橋さんがちょっと抜けると席を立つ。ここんところ多いらしく、勘を働かせた武元さん(+ 唯我と緒方さん)が後をつけてみれば…案の定、告られてました。
boku170306-.jpg
ただしハッキリ断るわけでなく煮え切れない感じで。相手の山岡もまだ"脈あり"と思ったのか「また来る」と去っていく。
古橋さんほどの可愛い子なら告られて当然だと思うけれど、慣れてないのは一目瞭然。つーか、今まで告られたことがないの? それは周りの男が見る目が無いってことですよ!
boku170306-1.jpg
虚ろな表情の古橋さんに悩み事があるなら相談にのるとする唯我。そこで返してきたのは「威圧してくる男の人が怖い」というものでした。つまり強く押してくる相手にハッキリと返事が出来ない、断れないのですね。どうやら父親がそういう人だったことが影響しているようだ。
古橋さんの母親がいないのは父親のそんな性格が関係してるとか? 例えば海原雄山みたいで母親は耐えられなかったのかなーと思ったり。

翌日、山岡の話を聞いてしまう唯我。古橋さんのようなタイプは積極的に断らないことを知っており、そこにつけ込んで何度もアタックしてるのだと。
boku170306-2.jpg
そんな山岡に頭を下げて受験が終わるまで告白しないでくれとする唯我。はい? 読者目線で山岡は、どう見ても遊びで交際を申し込んでる浮気者なんですよ。けれど唯我は真面目なゆえに本気で交際したいと勘違いしてるらしく、このようなセリフが出たようだ。でなきゃ怒り心頭で怒鳴りつけるのが当たり前だよね。

その後、血が出たアクシデントで山岡を追い払えたのは怪我の功名。読者としてもドロドロ展開にならず この程度で厄介払いが出来たのは嬉しいね。
boku170306-3.jpg
保健室で包帯を巻く古橋さん。唯我と自然に話せるのは「先生」だからとするけれど、本当にそうなのかはまだ自分自身が気付いてないだけでしょう。

初めての古橋さん単独エピソード。ならば次週は必然的に緒方さんのエピソードになると予想します。
あと、新連載の漫画家が超絶絵師のBoichi氏じゃないですかー! 驚かずにいられないね。これによりヤングマガジンとの「週刊誌二誌連載」になったわけで、今どきこんな人 珍しいよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/03/08(水) 13:20 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/4028-1dbf2bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック