瘴気のガスマスカレイド 1巻 瘴気に満ちた世界で少年は戦闘魔術師に憧れを抱く

shouki170321.jpg
『コミックゼノン』連載、「瘴気のガスマスカレイド」の1巻です。
「サイコメ」等のラノベ作家・水城水城が原作を担当し、新人の田中克樹が漫画を担当。新人にしては迫力ある込み入った画を描いていて読むのを飽きさせません。これは将来が楽しみだ!

世界は瘴気によって侵され、ガスマスク無しでは生きられなくなった時代。また魔獣の出現により、力無き者は成す術もなく死んでいった… けれど"結界"の発明により人々は安住できる地域を得られ、また瘴気に含まれる未知なる成分は様々な利益をもたらす万能のエネルギーでもあった。
世界は瘴気によって侵され、瘴気によって生かされていた。そんな時代の物語──

一年前、北東結界 秋葉原の結界が壊されて瘴気と魔獣が街に流れ込んできた。ある者は瘴気で死に、またある者は魔獣に食い殺されていく中、14歳の結城 堅牙(ゆうき けんが)にも死が迫る。魔獣が目の前に来たからだ。
shouki170321-.jpg
が、飛雅 凌(ひゅうが りょう)と名乗る戦闘魔術師(ウィザード)によって命を救われた。凌の華麗な戦闘技術に目を奪われた堅牙は憧憬を抱き、また彼のようになりたいと思うようになっていく。
そして一年後──堅牙は念願の戦闘魔術師となりました。早速 魔獣を狩る仕事を…と思ってもまだランク1の堅牙にそのような仕事は回ってきません。ギルドの受付嬢と交渉していたら、凌と同じチームだという魔術師と出くわします。憧れの人と会えるチャンスと、無理を言って凌のもとに連れて行ってもらうのですが…
shouki170321-1.jpg
冷たくあしらわれます。凌にとって堅牙を助けたつもりはなく、魔獣の近くに居たので どいてもらった程度のことだったのです。
とはいえ堅牙にとっては命の恩人であり尊敬すべき人に変わりないわけで、自分の理想を熱く語ったら とんでもないことに。凌のチーム『カルネイジ』の入団テストを受けることになったのだ! 最低でもランク80が入団条件なのに、ランク1でテストは無謀。凌としても追い払うつもりでテストを受けさせてみたらしい。
shouki170321-2.jpg
ところが堅牙の動きに目を見張る一同。ここ一番の技が凌とそっくりだったのだ。あの時の動きを目に焼き付けていたから それをコピーできたわけですね。トドメはオリジナルの"輝炎万浄(アルマゲドン)"という火炎技。ちなみに持ってる武器の名前は紅蓮壱式だってー(笑) 絶対コードギアスが元アイデアだよね。

まさかの勝利に 渋々ながら入団を認めた凌。その嬉しさに「リョウさんみたいな強い男になります」と堅牙は宣言するのですが、なぜか殴られてしまいます。
shouki170321-3.jpg
だって女だったからーっ!
これには読者もビックリだ。もっとも表紙からある程度は想像できましたけれど。こんな調子で仲間になれた堅牙はチームと初めて結界の外へ。そこで狩りをするのですが…誰もが驚く後味の悪い事件が起きてしまいます。いやホント、この終わり方は どんよりとした重い空気になってしまいますねぇ…
瘴気のガスマスカレイド 1 (ゼノンコミックス)
瘴気のガスマスカレイド 1 (ゼノンコミックス)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ガスマスク取ったら頬染めててかわいいな
2017/03/24(金) 15:28 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/4041-8341f75f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック