剣姫、咲く 1巻 剣道少女の天才と凡人は惹かれ合って高みを目指す

kenki170324.jpg
『ヤングエース』連載、「剣姫、咲く」の1巻です。
島根県西部にあるという剣道の強豪校・鶴城高等学校が舞台。ですから島根の人は応援してあげよう。
剣道部に入部してきた戸狩姫咲はいきなり主将に試合を申し込むも却下。今日は見学だと言いつけられるも、我慢しきれなくなった戸狩は練習中の部員たちの竹刀をマジックペン1本だけで叩き落す。
kenki170324-.jpg
そして改めて試合を申し込んだ。この行為に怒った主将は受けるも、圧倒的な実力差で負けてしまう。そこでわかった戸狩の正体。"剣聖"と呼ばれる剣道家の一人娘で、中学一年にて全中大会を制した猛者だったのだ。剣道の天才であり「剣道を愛してる」とさえ言うのだけれど、問題なのはその性格。ひたむき過ぎて 剣道愛のない人は弱い人→剣道やる資格なし→剣道着を売ってしまえと、部員たちの道具を片付け始める。挙句は「剣道部を私に頂戴」とまで言うのだから部員から猛反発を浴びることに。
kenki170324-1.jpg
そこで名乗りを上げたのは同じく新入部員の草薙諸葉。「ボクがキミの剣道を斬り伏せる!!」と勝負をすることに。ただし諸葉は強くありません。中高一貫の剣道の強豪校に居たのだけれど、実力差を感じて高校は鶴城に来ました。主将とは幼馴染みだったことから感情的に戸狩を許せず名乗りを上げてしまったんですね。

三本勝負で一本目は難なく戸狩の勝ち。実力差を見切ってしまった戸狩は不満爆発。名乗ってきたからには腕前を期待してたのに、てんでダメだからだ。さっさと終わらそうと二本目の勝負に出るも、今度は いなされた。
kenki170324-2.jpg
それどころか胴を取られてしまいましたよ? 諸葉は確かに凡人です。けれどただの凡人ではありませんでした。中学時代は負け続けてきたことから相手を徹底的に研究し、予備動作(行動に移るための筋肉の動きや癖)から相手の動きが読めるのです。これぞ千里眼の如き『見』の極致!!

けれどその上を行くのがやはり戸狩。三本目を取って勝ったわけですが、勝敗など どーでもよくなりました。
kenki170324-3.jpg
中学時代から対等に戦える人が居なかったことから、内心 ライバルを求めていたのです。ようやくそれに近い人に巡り合えたことから「好敵手(仮)に任命してあげる!」と、上から目線とはいえ"仲間"になった諸葉だとさ。

冒頭、戸狩の無邪気な俺様ぶりに反発するものの、諸葉を好敵手(仮)としてからはいささか丸くなった気がします。素はカワイイのに俺様モードになるとイヤな顔になるのはやめて欲しいわ。
剣姫、咲く (1) (角川コミックス・エース)
剣姫、咲く (1) (角川コミックス・エース)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
鉄風といい、少女ファイトと言い、はねバドといい、これといい
何でスポーツ漫画の女の子主人公って日常生活送るのに難儀しそうな頭の線が何本か切れたみたいなのばっかりなんだろ
2017/03/26(日) 20:47 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/4043-6cd3eed8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック