岸辺露伴は動かない -六壁坂- 10年ぶり露伴のストーリーテラー

kishi071203
『ジャンプスクエア』創刊2号に、お待ちかね「岸辺露伴は動かない -六壁坂-」が掲載されました。前作が載ったのは少年ジャンプ97年30号なので10年ぶりの新作となります。この時は14年ぶりに開催された『愛読者賞(正確には愛読者賞リーダーズカップ)』の出展作でした。

と言っても愛読者賞自体を知らない人が今では多いと思うので先ずはその説明を。かつて少年ジャンプは年に一回、この愛読者賞というものを73年から開催してました。投票により好きな漫画家10名を選出、この漫画家に読み切り作品を描いてもらい最も良かった作品に投票して大賞を決めるというもの。大賞に選ばれた作家は海外旅行の褒美がもらえました。
"好きな漫画家"で他誌の漫画家でもよかったことから「タッチ」全盛の82年だったか83年ではあだち充が選出されたのですけど「忙しくて描けない」を理由に辞退した逸話がありましたっけ。まぁ実際は大人の事情だったのでしょうけど。

けどこういう編集部主体のイベントごとは漫画家からすればあまり有難く無かったようです。また漫画家の方が立場が上になってしまった傾向により83年をもってピリオドを打ちました。が、それから14年後の97年に単発で催されこの時の荒木先生の出展作が「岸辺露伴は動かない ~エピソード16:懺悔室~」だったわけです。

さて、久しぶりの岸辺露伴。四部の登場時に仗助に殴られ大怪我を負うも、リアリティーを追求する芸術人気質から喜んでネタにしていことがありました。こういった気質は今も健在らしく取材のために山を買って破産してしまったとは恐れいります。
でも破産しながら掴んだのは六壁坂に実際に居た妖怪のこと。今回も露伴がストーリーテラーとなり物語が語られます──

金持ちの一人娘・大郷楠宝子は婚約者が居ながら間男として庭師の釜房郡平とも付き合っていた。来春 婚約者と結婚するので釜房に別れ話を持ちかけたところ小競り合いとなり、ちょっとしたことで釜房は死んでしまう。しかも傷口からなぜか血があふれ続けて全然止まらない。何とかしようとあせっていると部屋に入ろうとする婚約者が来て、なおあせる楠宝子。(フタエノアセリ アー)

ここんとこの何とかしようとあせる楠宝子が"見せ場その一"ですね。ドラマの刑事・探偵ものでも犯人が最初に犯罪を犯して自分の手掛かりとなる証拠を隠滅していく展開があるじゃないですか。代表例なら「刑事コロンボ」とか。普通に犯人を推理する展開もいいけど私はサスペンス性が加味されるこういう展開も好きよ。

そして同様に自分が追い詰められる立場になってしまう露伴が"見せ場その二"。ヘブンズ・ドアーのスタンドを久しぶりに見ました。書き込むだけで傷が消えてしまうなら仗助は必要ないね! 完治したときの少女の姿こそ妖怪本来の姿ということなのでしょう。
ところで
kishi071203-
小林玉美と音石明が一般人としてゲスト出演したのには思わずニヤリ。なぜこの二人かは知りませんが知らないゲストより知ってた方が楽しめます。いっそ担当と打ち合わせしているこの店舗もトニオのレストランと思った方がいいかもね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 なんか変なコメントあるんですが気にせずにいきますね^^;;
 ジョジョは三部までしか読んでなくて。このキャラは以後のキャラなんですね。それにしても息の長い作品になりましたね。
2007/12/04(火) 15:59 | URL | DDTSS #-[ 編集]
玉美はぜったい転売しそうな気がw
2007/12/04(火) 16:56 | URL | say*3 #aYDccP8M[ 編集]
乙一 氏による四部のノベライズといい
流れが良いですねw
連載中のSBRも面白いのですが
四部の雰囲気が好きな身としては
今後も継続していって欲しいものです。
2007/12/04(火) 18:22 | URL | 秋 #mQop/nM.[ 編集]
打ち合わせしていた店はドゥマゴだと思うのですが。
2007/12/04(火) 21:26 | URL | 名無し #-[ 編集]
個人として乙一小説がイマイチ(文体が軽過ぎる、ジョジョである必然性が薄い、関連単語を並べるだけで4部であるのかと)とおもっていたけど、さすがは荒木!といったページをめくる度に緊張感が広がっていくストーリー回しに感動。

康一といまだ友人関係にあったり、相変わらずの性格の悪さにもニタリとした。
2007/12/05(水) 09:41 | URL | たぼさん #-[ 編集]
個人として乙一小説がイマイチ(文体が軽過ぎる、ジョジョである必然性が薄い

↑君は何も分かっていないな。
ジョジョである必然性かもっともらしい事を言っているが、せいぜい4部キャラとの絡みという程度の浅い意味なんだろ。
4部という舞台で荒木先生の描きたかった”定住する異能力者”というテーマがしっかり描かれている。重要なのはそこだ。
文体の軽い重いってのも意味不明だな。重ければいいのか?
そもそも、重い軽いの定義は?適当こいただけだろ。

まあ、作品を楽しむには、受け止める方にもそれなりの能力がいると言うことではあるが…

そういう意味ではそんな君でも素直に賞賛している荒木先生が、より普遍的に偉大ということか。
2007/12/05(水) 14:05 | URL | 字 #h0D/NfaY[ 編集]
音石が変わりすぎて吹いたwwww
2007/12/05(水) 18:21 | URL |   #-[ 編集]
文体はこんなもんじゃないの?
台詞回しにもそれほど違和感を感じなかったしな
2007/12/05(水) 18:42 | URL | 名無し #-[ 編集]
露伴先生が相変わらずリアルティを追い求める漫画家のままでいてくれて嬉しかったです。
やっぱりジョジョでは第4部が一番好きですね。
2007/12/05(水) 20:15 | URL | かっこん #EQkYuU/c[ 編集]
いきなり大上段からガブリと噛み付かれたっ!
これが世に言うジョジョ厨って奴か。
一部のジョジョファンは上から見下してキモいと聞いていたけど想像以上だ! 味も見ておこう。

因みにジョジョである必然性は薄いってのはあとがきに乙一当人が書いてあるんですけどねww
2007/12/05(水) 22:26 | URL | たぼさん #-[ 編集]
>DDTSSさん
岸辺露伴は4部でも後に重要な役割を果たすようになる名キャラの一人です。
5部と6部(だっけ?)でも名だけ出てきたことがあります。
2007/12/06(木) 01:26 | URL | ビート #-[ 編集]
>say*3さん
その可能性は充分すぎるほどありますね。
2007/12/06(木) 01:27 | URL | ビート #-[ 編集]
>秋さん
身近な話題で繰り広げられる4部について以前、荒木先生自身が「まだ描ける」ようなことを話されてました。
他とは違って独立した話でやれるのが強みですね。
2007/12/06(木) 01:37 | URL | ビート #-[ 編集]
>名無しさん
えーと、すみません、ドゥマゴというのはどこからきてるのでしょうか? ちょっと解らないのですが。
2007/12/06(木) 01:44 | URL | ビート #-[ 編集]
>たぼさん
セーラームーンのフィギュアを持っていたというのが意外でした。るろ剣もお宝だったのですね。
2007/12/06(木) 01:52 | URL | ビート #-[ 編集]
>字さん
まぁ感想は人それぞれですから。
2007/12/06(木) 01:53 | URL | ビート #-[ 編集]
>名無しさん
音石は常にギターを持っているキャラになったようです。
2007/12/06(木) 01:55 | URL | ビート #-[ 編集]
詳しい解説をありがとうございます。
賞の話なんて知りませんでした。

ところで、冒頭に引用されているコマを見て思い出したのですが
XXXholic ホリック(CLAMP)という漫画の読本で荒木先生がインタビューに応じていましたが、そこで・・遠野で荒木先生が妖怪伝説の礎になる?!(笑)みたいなインタビューが掲載されてましたよ。いえ、実際はもっとディーテールがあるのですが・・ネタバレ(?)になるので。
妖怪というものが理解できなかった荒木先生があの旅で妖怪を理解した、みたいな興味深い対談が載っていました。
なんとなく、関連があるのかなと思ったので言ってみました。
長文すみません。

>愛読者賞
順位は決めなくてもいいから10人選出で短編を描くという部分だけやって欲しいですね。今は、赤丸が大御所の短編専門という印象ですが。
2007/12/06(木) 04:38 | URL | 名無し #-[ 編集]
第4部に『カフェ・ドゥ・マゴ』という店が出て来るのです。

下のURLのP7の1、2コマ目の解説でどうぞhttp://www.geocities.jp/hobby_room_pearl/jump/daiamon/09.html
2007/12/06(木) 13:29 | URL | 名無し #czOdxWI2[ 編集]
 どうもありがとうございます^^
 ジャンプも読まなくなって随分になるので。しかし、息長いですね。
2007/12/06(木) 17:34 | URL | DDTSS #-[ 編集]
音石の出所早かったですね
未成年だからかな?
2007/12/06(木) 23:24 | URL | ar #ZoRGzwYg[ 編集]
音石は窃盗の罪だけ(億単位ですが)だからでしょう。
形兆兄貴の殺害はたぶん法的には不問・・・
2007/12/07(金) 10:46 | URL | g #sSTqcVg6[ 編集]
岸部露伴の破産には荒木氏に「やられた」と思った

パロディーネタが増えたかも

ただセーラームーンのフィギアは露伴らしくないと思う
2007/12/07(金) 19:51 | URL | 名無し #-[ 編集]
>名無しさん
まだ小説を読み終えてないので小説についてのコメントはちょっとわからないです。すみません。
2007/12/08(土) 00:29 | URL | ビート #-[ 編集]
>かっこんさん
町内で起きる怪事件を描く四部は「身近な恐怖」というか、怖さもリアル感があります。
2007/12/08(土) 00:40 | URL | ビート #-[ 編集]
>たぼさんさん
すみません、何しろ小説まだ読んでないのでちょっとわからないということで失礼します。
2007/12/08(土) 00:42 | URL | ビート #-[ 編集]
>名無しさん
長文なコメントありがとうございます。そういうことがあったのですね。
愛読者賞の褒美も海外旅行なんて今では普通に行けますからね。いっそ「どんなにアンケート結果が悪くても1年は確実に掲載」だったら喜んで描いたりして。
2007/12/08(土) 00:48 | URL | ビート #-[ 編集]
>名無しさん
『カフェ・ドゥ・マゴ』の件、ありがとうございます。あーそんなのあったなぁと失念してました。
2007/12/08(土) 00:50 | URL | ビート #-[ 編集]
>音石の件で名無しさんのお二人に
いや、注目すべきは玉美かと。仗助とのトトカルチョで玉美を呼んだ経歴があるのにここでは会った事もない様子。
ってことは別人というか、あくまでゲストであってただの一般人と見なすべきと私は思ってます。
2007/12/08(土) 00:57 | URL | ビート #-[ 編集]
>名無しさん
私もセーラームーンのフィギュアはらしくないと思ってました。アメコミのスポーンとかなら納得できますが。
2007/12/08(土) 00:59 | URL | ビート #-[ 編集]
小説読みましたが、ひらがなが多すぎで読みづらかったです。

漢字をあまり知らない子供も読むことを想定して書いたんでしょうか?

乙一の小説って他に読んだことないんですが、あの人の作風なんですかね?
2007/12/11(火) 12:38 | URL | 名無し #-[ 編集]
「ヘブンズ・ドアー」相変わらず便利
2008/01/07(月) 14:05 | URL | きl #koQFHxY.[ 編集]
>名無しさん
亀レスですみません。あの人の作風と見ていいんじゃないでしょうか。実際私もこの方あまり知らないので…
2008/01/08(火) 00:39 | URL | ビート #-[ 編集]
>きlさん
書き込めば時間がさかのぼる様なこともできますから便利ですよね。
2008/01/08(火) 00:40 | URL | ビート #-[ 編集]
>いきなり大上段からガブリと噛み付かれたっ!
これが世に言うジョジョ厨って奴か。
>一部のジョジョファンは上から見下してキモいと聞いていたけど想像以上だ! 味も見ておこう。

‥うわ、寒い‥面白いと思ってんの?お前、頭悪いんだから無理してコメントすんなよ。目障りだ。

2009/01/08(木) 10:01 | URL | 名無し #wsnw/hww[ 編集]
>いきなり大上段からガブリと噛み付かれたっ!
これが世に言うジョジョ厨って奴か。
>一部のジョジョファンは上から見下してキモいと聞いていたけど想像以上だ! 味も見ておこう。

きも・・・
2009/07/09(木) 01:37 | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/406-a7a665c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
こんばんは。今回は去年の12月くらいに出た『ジャンプスクエア』の2008年1月号に掲載された岸辺露伴原作、荒木飛呂彦作画の「岸辺露伴は動かない―六壁坂―」についての感想です。「岸辺露伴は動かない」のシリーズは、あれ?過去に1作でしたっけ、2作でしたっけ?まぁ過?...
2008/08/20(水) 19:49:42 | Coffee, Cigarettes & Music
「ジャンプSQ.(ジャンプスクエア)」2号発売! 「ジョジョの奇妙な冒険 WITH ジャンプSQ.」コーナーなどもアキバ総研(秋葉原総合研究所)(ジャンプスクエア)」の創刊第2号(2008年1月号)が発売となった。 「ジャンプSQ.(ジャンプスクエア)」は、2007年6月に休刊とな
2007/12/05(水) 03:09:37 | アダルトゲーム