僕は友達が少ない 15巻 星奈に告白するも付き合わないとする不条理な小鷹

tomodachi170423.jpg
『月刊コミックアライブ』連載、「僕は友達が少ない」の15巻です。
帯にある通り アニメ二期以降、原作を読んでない限りは初めて目にするエピソードになります。いや、もっと正確に言うならばアニメ二期最終話は話を進めるため小鷹の告白がトばされており、そこを原作通りにやってます。

屋上でバトルし、小鷹の初めての友達となった理科。この理科が今回大活躍! 小鷹・星奈・夜空の仲を取り持つ狂言回しなっており、彼女が居なけりゃもっと殺伐としていたかもしれないね。
理科から「星奈先輩のこと どう思っているのか?」と問われて直接話すことを決意する小鷹。「え? 何だって?」と逃げてばかりはもう止めた。初めての友達からの進言なのだからちゃんとすべきとでも思ったんじゅないかな。
tomodachi170423-.jpg
でもそれは「お前が好きだ」と言っておいて「でも俺は お前とは付き合わない」とする不条理もはなはだしい告白でした。どういうことかというと皆が居るこの隣人部という場所が好き。けれど星奈と付き合い始めたらこの人間関係が崩れてしまう。そうしないためには付き合わないという結論なのです。

これに星奈が怒るのは当然。お互いが「好き」と言ってるのにこれまで通りにしろだなんて納得いかない。しかも「許されるかどうかではない、お前が許すかどうかだ」と責任を丸投げ。これでダメと言ったら星奈の方からフッたことになるわけで、それでは自ら負けを認めるようなものだ。
tomodachi170423-1.jpg
仕方なくそれで妥協する星奈。顔を赤らめるところはカワイイよね。ちなみに土下座してる小鷹の頭を踏みつけているところです。小鷹から「イチャイチャとかしたいと思ってる」「エロいことだってしたいと思ってる」「ずっとお前のおっぱいを好きなようにしたいと思ってた」と、胸中を吐露されて恥ずかしがる場面もあり、ここはけっこう見ものです。

さて、夜空からの「旅に出ます。探さないでください」のメールが届いたのはこの後。どうやら屋上での理科とのバトルを見ていたらしく、それがきっかけのようだ。たぶん星奈が告白したことと、理科と友達になった=小鷹の初めての友達になれなかった というショックだろうか? 正直、旅に出る理由がイマイチわかりません。

けれど夜空は案外近くに居た。というか小鷹の家の中。小鳩が密かに匿っていたのだ。でもこういう出会いは最悪だ!
tomodachi170423-2.jpg
夜中にこっそり風呂に入っていて、しかもオナってるところに遭遇。いやいやいや、他人の家で何してますの、あなた! 寂しさを紛らわせるにも場所を考えて下さいよ!
何か世間一般的にこの15巻の最大の見せ場的なイメージがあるけれど、話の上では通過点の一部であって大した意味はないのであしからず。問題はむしろこの後ね。
tomodachi170423-3.jpg
理科と友達になったことを告げられ「だったら…私とお前はもう友達じゃない」と自ら決別を選択。昔は「タカ」「ソラ」と呼び合う仲だったのに、いつまでもそういう関係は続けられないということか。そして星奈に告ったことを聞かされての反応がこの画像ですよ。あぁやっぱ口では拒否るように言ってみたものの内心では好きのままなんだね。これにはさすがに切なさを感じてしまいます。辛いわー。
でもまぁこのような難局を経験しつつ少年少女たちは進んでいくわけで、希望を持たせるような巻末を迎えてます。それぞれの転機を祝して乾杯としたいね!
僕は友達が少ない 15 (MFコミックス アライブシリーズ)
僕は友達が少ない 15 (MFコミックス アライブシリーズ)
僕は友達が少ない 15<僕は友達が少ない> (コミックアライブ)Kindle版
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/4071-5b9427ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック