とある魔術の禁書目録 暗部に落ちた一方通行の初仕事はスキルアウト退治

kinsho170512.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の117話
銃の訓練をする一方通行。右手は杖で塞がってる以上、左手だけでカートリッジの交換・装填などをせねばならず、思ったようにいかないようだ。でも暗部組織の一員になったからには泣き言など言ってられない。能力を使うに時間制限があるからには銃を使っての攻撃ないし防御は必須! 一瞬の遅れが死に繋がることもありますからね。

そこに近づいてきたのは海原光貴(エツァリ)。一方通行を暗部に誘った張本人であり、同じ組織「グループ」のメンバー。漫画ではここで一方通行の解説が入るのですが、この時点では他の組織の存在をまだ知らないみたい。そのうち暗部組織同士での戦いが始まるけどねー。
kinsho170512-.jpg
海原は仕事が入ったことを告げる。学園都市の機能へ打撃を与えようとする勢力の一掃。言うなればゴミ掃除だが一方通行は納得いかない様子。暗部に入ったというのにそんなくだらない仕事なのかよと不満たらたらだ。kinsho170512-1.jpg
話は続き、標的は「スキルアウト」。無能力者の武装集団です。ここ数日に あちこちで工作活動をしているそうで、それは災害時の誘導経路に放置自転車を置いたりとか、VIP施設の出入り口周辺の排水口にゴミを詰めて塞いだりとか。話のスケールがどんどん小さくなってないか? と一方通行は相変わらずノリ気なし。これは読者にとっても同様で、そんなイタズラ程度のことまで暗部が対処するのかよと突っ込みたくなりました。

でも海原は至ってマジメ。こんな程度のイタズラでも2万件以上あり、これが警報時にはエラーとして検出される。こんな大量のエラーが出たら警備員はとてもじゃないけど全部回れるわけがなく、その間にスキルアウトは各地で暴動を起こすだろう。
そこで一方通行の使命はエラーの元となる人物の処分。スキルアウトを束ねるリーダー・駒場利徳の排除に乗り出します。

その駒場が居るだろう、見るからに怪しげな路地に踏み入った一方通行。地面に無数にある杭は警備ロボットの侵入阻止であり、ビルとビルの間に布を張って人工衛星での監視を逃れている。そんなタイミングで電話してきたのは「グループ」のリーダー・土御門。いきなり「オレ達を信じるな」と言ってきた。「信じろ」ではなく「信じるな」との理由を簡潔に説明すると、統括理事会は全てを見通している。守るべきものがあるならば裏をかけという意味なんだろうと私は推測します。
kinsho170512-2.jpg
一方通行とほぼ同時に「グループ」最後の一人、結標も活動開始したようで爆発の煙が上がる。結標がしているのはスキルアウトの活動資金潰し。持ち逃げされるぐらいなら燃やしてしまえという判断で、派手にやってるみたい。
そして いよいよ暗部の一員となった一方通行のデビュー戦が始まる!
新約 とある魔術の禁書目録(18) (電撃文庫)
鎌池 和馬
KADOKAWA (2017-05-10)
売り上げランキング: 31
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
人的資源計画がらみだよねこれ
2017/05/13(土) 02:34 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/4087-534b461b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック