ぼくたちは勉強ができない 問16 桐須先生は圧があるけど実はイイ人だった

boku170529.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問16
校内放送で突然 生徒指導室に呼ばれた唯我。相手は初代教育係の桐須先生でした。以前からちょっと登場してたけど唯我と会うのは初めてなんだね。その桐須先生に対する感情は緒方さん・古橋さんとも口を揃えて「とても冷たい人」。その通りに ハンパない威圧感を感じて萎縮する唯我です。

でも話し始めた当初はさほどでもなかったので気を緩めたけれど、いきなり本題を突かれて凍り付く!
boku170529-.jpg
なんでキスしたこと知ってるのーー!?
てっきり教育係の件についての話だと思ってたのに、知らないハズのキスについて「不純異性交遊」「教育係の資格はあるか」と問われて動揺しまくる唯我。事故だと説明しても納得してくれません。
boku170529-1.jpg
そこへ次々と部屋に入って来て事情を説明する古橋さん・緒方さん・うるか。でもフォローしたつもりがますます窮地に立たせる発言になってしまいます。もうやめて! 唯我のライフはほとんどゼロよ!
ちなみに古橋さんの言ってる「おなかを触って」との話は11話、うるかの「プールで押し倒された」は7話(だっけ?)。

学園生活オワター! と絶望する唯我ですが、意外にも不問とした桐須先生。唯我は随分と慕われていることが感じられ、キスしたのは事故だとわかったからです。でも教育係の方針(気持ちを尊重して不得意の分野に進ませること)には賛同しないとクギを刺す。まぁそれでこそ桐須先生なんですが、先生の手の傷を見て唯我の疑問は確信へと変わる。
boku170529-2.jpg
そもそもどうしてキスしたのを知ってるのか? 桐須先生は不明になった緒方さんを心配して山に入り、捜し回っているうちに怪我を負ったし現場を目撃したのだ。二人から「冷たい人」と思われているけど実はいい人だったわけですね!
けれどそれは教師の職務の一環、よく思われたくてしたんじゃないとのこと。だからこの件は絶対に話さないでと突っぱねた。えーと、ツンデレというかこの人は「教師はこうであるべきだ」との意識が強いんでしょう。だから弱みは決して見せない・見せたくないので距離を置きたがるんじゃないでしょうか。
boku170529-3.jpg
でも休日に見せたくないところを見られてしまうんだねー。コンビニ前でラフな格好で肉マン? を食べてるところを唯我に見られてしまいました。これは読者にとっても不意打ちな出来事であり、桐須先生の評価が変わるんじゃないかな!
boku170529-4.jpg
コミックス1巻がいよいよ6月2日発売です。これが表紙ですから手に取って見ましょう。
ぼくたちは勉強ができない 1 (ジャンプコミックス)
ぼくたちは勉強ができない 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
魅力的なキャラが増えてきて良い感じだね
2017/05/30(火) 01:34 | URL | 名無し #-[ 編集]
親でもないのに生徒の進みたい進路より、自分の考えを優先させようとするクズ教師の話?
2017/05/30(火) 12:21 | URL | あ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/4101-16920ca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック