異世界チート魔術師 1巻 普通だと思ってたら異世界ではチートだった

chiit170718.jpg
『月刊少年エース』連載、「異世界チート魔術師」の1巻です。
先月末に出たのを今になって読みました。例によって反乱する異世界召喚もので、しかも国を左右しかねないチート能力の持ち主だったという出来過ぎな設定。まぁいいんじゃない? 誰だってそういう願望あると思うし。

普通の高校生である太一と凛が光に包まれていきなり異世界に召喚されてしまう! 理由? さぁわかりませんね。異世界ものは大抵そんなもんでしょ(笑) そしていきなり炎を吐く馬に襲われて大ピンチ。
chiit170718-.jpg
太一は思う。学校ではそこそこの学力で、そこそこの運動神経で不自由なかった。けれどこの異世界ではこんなにも無力なんだと。自分の命に代えても凛は守ると誓った矢先、名のある冒険者によって助けられた二人。しかも街まで案内してもらうどころか、当面のお金まで工面してもらうとは何て都合の良い優しい冒険者なんだ!

この世界で暮らしていくには働くしかない。てっとり早く金を手にするなら冒険者になろうというわけでギルドに行くのですが、魔力の無い者は冒険者になれないときたもんだ。やべー! 普通の人間なんだから魔力なんてあるわけがないと、ダメ元で適性を計ったところ、今度はギルドのお姉さんがビックリ! 慌てて上司に連絡を取ります。
chiit170718-1.jpg
凛は魔術の四大属性全てに適性がある四大魔術師(クアッドマジシャン)の素質があった!
太一は全ての属性に全く適性を持たない魔導師(ユニークマジシャン)の素質があった!

これほどの逸材はそう簡単にお目にかかれないというわけで、凛は「金の剣士」と呼ばれるミューラに、太一はミューラの師匠である超一流魔術師のレミーアの下で訓練することになりました。
chiit170718-2.jpg
改めて二人の能力を測定したレミーアは、その数値に舌を巻く。レミーアの数値と比較しましょう。
レミーア 魔力量・三万五百  魔力強度・三千八百
凛    魔力量・三万七千  魔力強度・五千
太一   魔力量・十二万   魔力強度・四万

太一の数値が文字通りに"桁違い"。スゴイってレベルじゃありませんね。凛は最初に炎を出した際、ミューラ以上の火力を出して驚かせたのは序の口。太一なんて拳に力を込めて思い切り 木を殴ったら、周囲数十メートルがクレーターのように陥没してしまいました!

二人は三週間で修行を終えて晴れて冒険者に。でもレミーアはあり余る能力に危惧していた。これほどの魔力ならば一国を相手に戦えるレベル。これほどの逸材を召喚した者はいったい何を企んでいるのかと──

その後、街に戻って冒険者を始めた二人。そこへ最初に助けてくれた冒険者が危ういと知らされ、恩返しのためにも二人は悪に立ち向かう!
chiit170718-3.jpg
強敵をワンパンで倒した太一もいいけれど、ここは凛の晴れ姿をチョイス。女だと舐めてかかった悪党は、二百万人に一人と言われる四大魔術師の凛を見て逃げようとするも 既に遅し! キツイお仕置きの魔術を喰らったとさ。
けれど二人の活躍を見て更なる悪が動きだし、事態は混迷していくことに…
ともかく「俺つぇぇぇ!」系なので人を選ぶかもしれません。
異世界チート魔術師 (1) (角川コミックス・エース)
異世界チート魔術師 (1) (角川コミックス・エース)
異世界チート魔術師(1) (角川コミックス・エース) Kindle版
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「そもそもなぜ強いか」の説明なしに「異世界だから強い」みたいな感じだから糞なんだよね
2017/07/20(木) 15:29 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/4148-08be0f4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック