理想のヒモ生活 1巻 異世界で爆乳女王と結婚し、グータラなヒモ生活

risou170725.jpg
『ヤングエース』連載、「理想のヒモ生活」の1巻です。
異世界に召喚され、褐色な爆乳美人女王に結婚を迫られる。しかも仕事はしなくていいときたもんだ! こんな羨ましい選択を迫られたら私なら喜んでノっちゃうよ。当作品はその願望を叶えた男の物語です。

一ヶ月の残業時間が150時間を超えるブラック企業に勤務している善治郎が主人公。久しぶりの連休でどこに行こうか自転車に乗って考えてたら、突然 異世界に召喚されちゃった!
risou170725-.jpg
この人が召喚した張本人であるカープァ王国の女王・アウラ。唐突に善治郎に結婚を迫ります。そもそもカープァ王家は特殊魔法が使える血筋で、誰と結婚してもいいわけでない。先の大戦で王家の人間はアウラ以外はほぼ全滅状態になってしまい、残っていたとしても野心を持った者が関の山。そこで異世界に活路を開いたところ善治郎が選ばれたというわけ。本人自身知らなかったけれど先祖が王家の血の者で、異世界に駆け落ちして生まれた子孫だったようだ。

前述したけど私だったら後先考えず結婚に同意してるところ。でも善治郎は違和感を感じて慎重となり、素直に引き受けないのが主人公らしいね。子作りだけで仕事はしなくていい。あまりに都合 良すぎることが引っかかって探りを入れたところ、権力争いとか男尊女卑社会(現在の女王体制そのものがこの世界では異常らしい)とかが絡み合い、「何の仕事もしない亭主」こそが望まれているのだと知る。
risou170725-1.jpg
怪しんでいたけれど裏はない。何より美人で巨乳な女王を嫁にできることに何のためらいがあろうか! 手を取って結婚することを了承する善治郎です。
一か月後の召喚の際に 小型水力発電機とかクーラーとかパソコンとか、現代の生活に欠かせないもの一式持って行く。特に気温が高いのでクーラーは欠かせないようですよ。これら持って行ったものが徐々にこの世界に影響を及ぼしていくことに…

挙式を挙げ、いよいよお待ちかねの初夜を迎えます。
risou170725-2.jpg
こういうシーンがカラーページを含めて5・6ページほどあります。それほど濃厚じゃありません。
仕事はしなくていいという話だったけれど、婿が人前に全く出ないというのも女王の評判を落としかねない。社交界デビューすべく、この世界の文字とか覚え始めた中、善治郎の技術が思わぬことで役立った。
risou170725-3.jpg
表計算ソフトにこの国の納税書を入れたところ、ハッキリわかりやすいのに驚くアウラ。そればかりか収支のおかしいところが丸わかりなので監査がしやすいのだ。このようにブラック企業で育てられた技術が、この世界では思った以上の影響力を与え、善治郎の資質が問われていくことに。
理想のヒモ生活 (1) (角川コミックス・エース)
理想のヒモ生活 (1) (角川コミックス・エース)
理想のヒモ生活(1) (角川コミックス・エース) Kindle版
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/4154-4a097348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック