キミキス 二見瑛理子編スタート 出会いは初雪降る屋上で

『ヤングアニマル』連載、「キミキス various heroines」二見瑛理子編 第1話が巻頭カラーで登場です。
この作品のヒロインリセットは夏休み明けの二学期始めからスタートするのが通例の中、この二見さん編は初雪が降る季節(12月ごろ?)から始まる異例の出だしとなりました。やはり少しは変化を持たせたいという作者の心境なんでしょうかね。

冬。光一は独りで下校しようしていると初雪が降ってきたと同時に紙飛行機も落ちてきた。それは小テストの解答用紙で0点、というか白紙状態。名は二見瑛理子とある。
「え? 二見瑛理子って…」
どうやら屋上から飛ばしているらしいので行ってみたら給水タンクの高台に少女が居た。間違いない、噂に聞くIQ190以上の天才と言われる二見瑛理子さんだった──
「そんなとこに登ったら危ないよ」
危ない? …そう? ここ 風が来て気持ちいいわよ
「柵もないし万一って事があるだろ?」
万一? 死んじゃうってこと? 人口が一人減るだけよ 大したことじゃないわ
どこか冷めた表情と淡々とした口調。これが幼い頃から好きなことをさせてもらえなかった故に身についてしまったものとは今の光一には知る術は無い。しかしそんな二見さんに惹かれるものを感じる光一だった。

翌日の昼食、光一が食堂に行ってみるとやたら混んでいる。原因は二見さんだった。というのも近寄り難い雰囲気があることから、彼女のテーブルの近くでは誰も座りたがらないからだ。
彼女自身には罪は無いのに雰囲気で悪者な立場になってしまう二見さんを気の毒に思う光一。
バッタリ会った摩央姉ちゃんが光一の心境を察してこう言う。
あの子が気になって仕方ない …そんな顔してるわ
 ド ク ン
あら図星? 顔が赤いわよ光一♪
否定したもののやはり心は二見さんに惹かれ始めていた… つづく

摩央姉ちゃんまさかの再登場! 今回は脇役な立場ですから光一の心が二見さんに行ってしまっても妬くことはないでしょう。また季節が冬なのでセーラー服も冬服仕様になってます。今までとは違った雰囲気も楽しめるのではないでしょうか。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
>摩央姉ちゃんまさかの再登場
キミキスはこのように過去のヒロインが脇役で登場するところが好きです。
2007/12/15(土) 13:10 | URL | かっこん #EQkYuU/c[ 編集]
>かっこんさん
今回は二見さんメインですから光一に口を出さないでしょうけど、摩央姉ちゃんファンからしたらそうして欲しいのではないでしょうかね。
2007/12/16(日) 00:54 | URL | ビート #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/417-fcde4abf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック