ぼくたちは勉強ができない 問40 あしゅみー先輩と偽装とはいえデートとは羨ましい

boku171120.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問40
本屋に参考書を買いに来た唯我。でも一緒に来た大森はエロ本を買いたいけれど恥ずかしくて買えないとのこと。しょうがなく参考書にサンドイッチして買うわけですが、そこで あしゅみー先輩と会ってしまいバツが悪いったらありゃしない。
まぁ普通そうだわな。私は少女マンガ(「なかよし」とか)を普通に買うので、もう羞恥心なんて無いけどな!

その後 先輩と勉強することになるわけですが、先輩は元同級生と会って変貌ぶりに驚いた模様。彼氏を連れており、すっかり大学生してるからだ。一緒に居る唯我を「彼氏?」と訊かれたところで、今度は先輩の父親が登場。これにより唯我を彼氏としてしまいます。だって父親に見られたメイド服は、恋人である唯我を喜ばせるためと説明してるから。メイド喫茶でバイトしてるなんて とても言えないしね。

でも微妙な空気感を感じた父親。二人が本当に恋人同士なのか確かめたいらしい。
boku171120-.jpg
そこでラブラブな写真を送るよう促すのですが、写真なんて無いとの返事に増々疑ってきたヨ。仕方なく適当に撮るも「恋人らしくない。本当に恋人なのか?」とダメ出しの連続。二人はすっかり疲れてしまいます。いったいどうしたら納得してくれるのだろうか。恋人らしい写真なんて どんなものかわからないし…。
いや、待てよ。この手があったかと先輩は何か思いついたらしい。
boku171120-1.jpg
そこで届けた写真は二人でのジュース飲みとか、ひざ座りとか、ひざ枕とか、恋人だと納得できる数々。父親はすっかり恋人同士だと納得したようだ。
でも先ほどと 打って変わって恋人らしい写真を撮れた理由は、さっき会った元同級生のインスタ写真を参考にしたから。本当の恋人同士がしてる写真をそっくりそのまま似せて撮れば間違いありませんからね。

またこれは先輩自身にとっても思い出になったらしい。夏を思い切り楽しんでる元同級生と会って ちょっとヘコんでたそうで、この撮れた写真はいい夏の思い出となったとのこと。そこでもう一個 思い出を作ろうとして…
boku171120-2.jpg
唯我にキスしようと迫ります! ま、いつもの冗談。騙しただけなんだけど、ネコの目のように変わる先輩の本心は騙してばかりとは限りませんよね?
ぼくたちは勉強ができない 3 (ジャンプコミックス)
ぼくたちは勉強ができない 3 (ジャンプコミックス)
ぼくたちは勉強ができない 3 (ジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版
ぼくたちは勉強ができない 4 (ジャンプコミックス) 12月4日発売
ぼくたちは勉強ができない 4 (ジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ひざまくらも大概だけど、膝上許した時点でもうカップルも同然なのでは?
2017/11/21(火) 12:48 | URL | 先輩推しと見せ掛けて先生推し #-[ 編集]
この作品に限った話でも無いが
ハーレム構築とか理想の女を捜して流れ歩くとかって
ワケでも無いのに、余りにも主人公独りにばかり
一極集中され過ぎるのは流石にマズいんじゃあないのかと
思うんだよな……いちごやニセコイの悪夢再びってことにもなりかねぬさ。


2017/11/21(火) 21:47 | URL | 流浪牙-NAGARE@KIBA- #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/4283-9f5bb1e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック