豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい 1巻 嫌われ者から脱却せよ

buta180921.jpg
『月刊コミックアライブ』連載、「豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい」の1巻です。
KADOKAWAが提供する小説投稿サイト「カクヨム」の連載作をコミカライズ。書籍は6巻まで出ていることから、そこそこの人気作なんでしょう。きっと。

魔法学園を舞台にモテモテの主人公と、可愛い女の子たちが何人も登場するアニメといったら…何作か思い浮かぶことでしょう。「シューヤ・マリオネット」は正にソレ。人気があって今年の覇権アニメとなってます。主人公は もちろん大好きなのだけれど、ある日 目を覚ましたら この世界の一員になっていた!
buta180921-.jpg
しかもよりによって嫌われ者のキャラである『豚公爵』ことスロウ・デニングになってるじゃねーか! 
何で異世界に転生するのなら主人公にならないわけ? と嘆いたところでどうしようもありません。そこに現れた、従者である可愛いシャーロットを見て マジでこの世界に来ていると確認したスロウ。ならばすべきことはわかってる!
buta180921-1.jpg
ランニングして少しでも痩せて魅力ある男にならんと努力を始めます。スロウはこのままならばバッドエンドになることが確定しているからだ。そして愛するシャーロットを我が物にしたい! 誰でもお気に入りのキャラと結婚したいよね? それを叶えようとするわけですよ。

ここでシャーロットに関する詳細を。彼女は実は今は無き某国の王女。奴隷売買にされていたところをスロウが助けて、そのまま従者にしました。見た目では考えられないけれどスロウは魔法に関しては天才の領域。その力を使って彼女に度々 迫る刺客を影ながら排除してたりします。
スロウは もちろんシャーロットに惚れているのだけれど、公爵と従者は身分が違い過ぎて とても結婚できる関係ではありません。そこであえて横柄な態度をとって嫌われ者となり、やがて勘当されるのを待ってました。身分が無くなれば結婚できますからね。
けれど実際にはなかなか勘当してくれないので悪人・嫌われ者のイメージが定着し、今では外国にまで悪評が伝わっているんだとか。
buta180921-2.jpg
シャーロットはやがて主人公のシューヤに惚れ、ハーレムの一員に加わることは確定している。そんなの嫌だ! 彼女に似合う相応しい男になりたいと努力していくスロウ。でも今までに定着した悪評で周囲は誰も認めようとしません。四面楚歌の逆境に遭いながらも上昇思考を続けていくスロウに、男だったら誰もが応援したい気持ちになるんじゃないだろうか。
buta180921-3.jpg
後半になって、大食い競争の賞品に効果てき面の瘦せ薬が出ると知って出場するスロウ。そこに立ちはだかるのはアニメの主人公であるシューヤと、メインヒロインのアリシア。この戦いは負けられない!
豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい 1 (MFコミックス アライブシリーズ)Kindle版
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/4570-80744a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック