とある魔術の禁書目録 土御門・一方通行たち暗部組織の抗争が勃発す

kinsho181110.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の133話
今回から原作15巻。アニメ三期において4話の話になります。アニメはダイジェストすぎて不満な人が多いみたいですね。この漫画はそうならないだろうけれど、逆に"いつまでやってんの?"と言われるかもしれません。

冒頭は暗部の人間に通じている"人材派遣(マネジメント)"を土御門が捕らえるところから。両手を挙げて降参しているのに腹を撃ったのは、逃げられないようするためなんでしょう。殺されないだけマシってもんです。土御門は下部組織に回収を命じると共に、海原には人材派遣の部屋を探って情報の入手を、結標にはそのバックアップを命じる。一方通行は…そういやあっちに行ってたっけ。
kinsho181110-.jpg
一方通行はカエル顔の医者のところへ行き、電極の設計図を渡すよう脅していた。もっとも来ることを予想していたようで、メモリ端末をすんなり渡します。そこで話すのは"打ち止め(ラストオーダー)"のこと。ついさっきまで居たのに もう少し早く出てきてくれればと、一方通行のツンを遠回りにチクリ。まぁそれが彼なりの優しさというところだね。
kinsho181110-1.jpg
海原は人材派遣の部屋に到着し、土御門は改めて今回の目的を語りだす。人材派遣の手によって何らかの犯罪集団が結成され、近いうちに必ず事件を起こすだろう。それを防ぐのが俺たちの仕事だと。
海原は不自然に隔離されていた一万円札5枚を入手。けれど突然、何者かによる武装集団に襲撃される。いや、正確には人材派遣のデータが他人に渡らないよう 証拠隠滅のため、PCやHD類を回収しに来たのだ。そこに出くわしてしまったわけです。海原は一万円札をレンジの中に隠し、武装兵の一人に化けて部屋を出て行った。

その頃、移送されていた人材派遣は『スクール』の"ゴーグルの少年"こと、誉望万化の襲撃により助けられる。
kinsho181110-2.jpg
けれどそれは助けに来たのではなく、口封じのための処分でした。アニメでは血が飛び散るだけの演出でしたが、ここではズバリ見せちゃってます。

一万円札を回収した土御門たちは、札にあるICチップを解析。やはりデータはそこに隠してありました。取り引きされたのはプロのスナイパー・砂皿緻密。紹介料だけで70万もしたらしく、結構な「目玉商品」だった模様。
kinsho181110-3.jpg
スナイパーを雇ったからには誰かを暗殺するつもりなのだろう。データにある会場から、講演のために貸し切っている統括理事が標的に違いない。それは誰か──と見てみれば、アビニョンの一件の前に土御門が腹を撃った親船最中だった。回復するの速すぎない? やはりカエル顔の医者が手術したんだろうね。
さて、ご存じでしょうが砂皿は『スクール』本来のスナイパーが『アイテム』によって倒されたことから、補充要員として加わりました。ではその倒された本来のスナイパーというのが…
kinsho181110-4.jpg
超電磁砲に出て来た弓箭猟虎さんなわけです。今さらだけどこの子が死んじゃうなんてツライ…(それとも「死んだと思われていた」だけなのか?)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
漫画版の暗部編超楽しみ
アニメじゃカットされまくっちゃったからなぁ
2018/11/11(日) 18:35 | URL | 名無し #-[ 編集]
土星の輪っか男に名前あったのか
2018/11/15(木) 13:00 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/4618-73bc5b07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック