超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 6巻 エルム共和国 建国す

choujin190125.jpg
『ヤングガンガン』連載、「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」の6巻です。
異世界に突然転送されてしまった七人の超人高校生の物語。原作の3巻終盤から4巻冒頭部が描かれてます。
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 1巻
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 2巻 文明を壊す戦いへ
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 3巻 宗教で人心掌握?
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 4巻 戦略魔法を攻略す
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 5巻 お仕置きで人格改造

ギュスターヴ領の反政府団『碧の団』の一部が反乱を起こし長を殺害。これに怒ったジャンヌは一人で立ち向かうも多勢に無勢。追い詰められてしまいます。
choujin190125-.jpg
ならば ひん剥かれる展開はお約束!
全員に凌辱される~と思ったら、超人ジャーナリストにして忍者のシノブが戻って来たことで脱出に成功(読者からすればもう少し後で良かったと思えなくもありませんw)。一息ついた間もなく、今度は4巻で死んだと思われたギュスターヴが生きていた! しかもネウロの秘術により炎の魔人と化しており、とても敵う相手ではなくなってました。

こんな相手とどう戦うの? 逃げる中でシノブは司に連絡を入れた。その返答がコレ↓ですわ!
choujin190125-1.jpg
核ミサイル使っちゃった!
工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工 一人を相手に核って…すごいことやるなぁ。つーか林檎ちゃん、核ミサイルまで作れるんだ。天才発明家なのは知ってたけど、だったら異世界で無敵じゃね?
尚、司は戦略級魔法「ラージュソレイユ」を使った報復として使用しました。大量虐殺魔法と同等の力を持ってるという証を立てるために必要だったということですが、内心ではやはり使うことに心を痛めたようだ。
choujin190125-2.jpg
事態が鎮静化した後日、司は念願の建国を発表。四つの領土からなる「エルム共和国」の建国を宣言します。これにより帝国に対する明確な体制と意思表示を示すことになりました。

が、この場にまさかのギュスターヴが登場! お前 核ミサイルの直撃を受けても死ななかったんかーい! もう人間の原型を留めておらず、ほとんど鬼のような姿になってます。荒れ狂う中、胸の中央にある宝石がウィークポイントだと見抜いて葵と司が破壊に成功。死ぬ間際においてもまだ皇帝に対する忠義を貫き、「自ら皇帝陛下にひざまずくことになるだろう」と不吉な予言を遺して息途絶えます。これに司は恐怖するのだった──

はい、ここまでが原作3巻。この先から4巻へ。
帝国から思わぬ休戦の申し出が! 罠に違いないと思うも、願っても無いことから敵陣に向かった司たち。出迎えたのはネウロ元帥です。一癖も二癖もありそうなこのネウロ、言葉巧みに休戦協定を結ぼうとしますが これを却下する司!
choujin190125-3.jpg
悪いのは帝国だとして一歩も退こうとしません。ネウロの協定だと戦争責任を認める格好となってしまい、民主化を進める上で後世に残す大きな汚点となってしまうからだ。とはいえ休戦したいのは本当。だからここから駆け引きで折衝する腹積もりだったのですが…まさかの無条件で受け入れてくれました。
なぜなら核ミサイルのことを知っていたからです!
なぜこの世界の者が核ミサイルを知ってる!? まさかネウロも俺達と一緒なのか? 謎は深まります。

帝国と不可侵条約を結んだ帰り道、協定を無視して帝国の強硬派が司たちを襲う。その中に滅んだヤマト皇国の侍・シシが居た。葵と同格の腕前のシシは司に迫るも、その娘らしいシュラが助太刀に参戦!
choujin190125-4.jpg
親子でありながらなぜ戦うのか不明ですが、司がこの争いに巻き込まれるのは必至でしょうね。
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!(6) (ヤングガンガンコミックス) 超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 1巻【期間限定 無料お試し版】 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!(6) (ヤングガンガンコミックス)
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 6巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)Kindle版
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 1巻【期間限定 無料お試し版】 現在1巻が無料
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/4687-71bc4c1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック