くじ引き特賞:無双ハーレム権 1巻 全てが777倍になる能力を得て、異世界で無双する

musou190420.jpg
『水曜日はまったりダッシュエックスコミック』連載、「くじ引き特賞:無双ハーレム権」の1巻です。
原作小説が11巻も出ている作品が満を持してコミカライズ。やはりエロさを含んだストーリーは、いつの世にも安定した需要があるってことですか。

ある日、くじ引きを引いた結城カケルは隠し賞の特等賞が大当たり。全能力が777倍になる力と異世界に転移できる権利を手に入れた。だったら異世界に行くしかないじゃーん! お約束通りにドラゴンが空を飛び、魔法が存在する異世界に来たカケル。着いて早々と巨大な山ウシと戦うことになるけれど…
musou190420-.jpg
ワンパンで殺っちゃいます。まぁ当然か。カケルのパンチ力が50Kgと想定して777倍になったら38850Kg。38トン以上の力で殴られたら、まずどんな生物だってひとたまりもないでしょ。
悲鳴を聞いて駆けつけたら、馬車の一団が山ウシの群れに襲われていた。ここでもカケルはチャッチャと片付けます。
musou190420-1.jpg
何とも都合よく、それは第三王女のヘレネーが公務で移動する一団でした。お礼にと王家の紋章が入った扇子を渡され、これが今後のカケルの身分を保証するのに役立つことになろうとはね。

更に都合よく今度は商人がやって来たよ(笑)。倒した山ウシを全て買い取ってくれたため、カケルは瞬時にお金持ちになっちゃいます。何でも山ウシは一匹仕留めるのに冒険者が10人も必要なほど労力がいるらしく、肉はもちろん角や革もいい素材になるので高額なんだそうだ。
それよりもカケルは商人が奴隷として使っていた獣人の女の子・ミウに目を奪われた。美貌であるのはもちろん、ケモ耳に尻尾は見るからにモフモフ・フワフワしていて触りたいよ!

そこでカケルは商人に相談。住む館とミウを買いたいと申し出た。先の扇子でカケルが王家に繋がってると知った商人は、今後の取り引きを上手くするためにも この相談を受けるのでした。こうしてミウはカケルのものに。
musou190420-2.jpg
だったらこうなるのは自然の摂理、当然の結果だね!
ミウとしてもこれまで以上の待遇で自分を引き取ってくれたことに感謝してるから何の問題もありません。

二人に良好な関係が築けたのはいいとして、街ではなぜか銅貨が不足する状態になっていた。その話を聞いたカケルは777倍の聴力で、その首謀者らしい館に辿り着く。それはこともあろうに お役所で、役人が悪人と手を組んで銅を溶かして横流しをしていたのだ。
musou190420-3.jpg
もちろん役人のお偉いさんはカケルを亡き者にしようとするけれど、777倍の腕力に敵う者など存在しない。下っ端たちは真っ先に負傷ないし逃亡し、お偉いさんは新能力の氷魔法(カケルは以前戦った相手の能力をマスターできるらしい)で 館ごと氷漬けになってしまったとさ。
この様に無双を続けるカケルですが最後になって一大事。ヘレネー姫が魔剣に憑りつかれてしまいます。姫に腕力を振るうわけにもいかず、この状況をどうやって打破するつもりだ!?
くじ引き特賞:無双ハーレム権 1 (ヤングジャンプコミックス)
くじ引き特賞:無双ハーレム権 1 (ヤングジャンプコミックス)
くじ引き特賞:無双ハーレム権 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/4762-e3074de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック