ぼくたちは勉強ができない 問109 先輩は改めて診療所が無くなる寂しさを知る

boku190429.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問109
冒頭は十余年前の診療所の思い出から。まだ若かった宗二朗は患者の親身になって治療しており、そんな父親を誇らしげに見つめていた先輩。母親の かすみさんは海外で待っている患者のために別の道を歩むことになるけれど(離婚したのではなく、「互いに成すべきことを成すだけ」という協議した上での別離です)先輩はちっとも寂しくなんかありません。
boku190429-.jpg
なぜならこの診療所は私が守るから!
こんな小さなころから診療所を継ぐつもりだったのね。
そして現在、先輩はメイド喫茶の女医イベントにおいて"患者を診る"という名目でのお医者さんごっこをしてます。前回 唯我が言ったお医者さんごっことはこれを意味してたのか!
boku190429-1.jpg
この席において患者(客)の体調を当てまくり、「あしゅみっくミラクル」なんて言われてるよー! まぁ常連客だからこそ普段との違いがわかるってことでしょうね。感謝されたことに思い出したのが冒頭のシーン。
boku190429-2.jpg
やはり先輩にとってはこの診療所こそが世界の全てであり、ここを無くしては意味がない。だからハンパな気持ちで医大に受験などできないとして勉強はもう止めると告げるのでした。
そしたら唯我は思い立ったように先輩を お姫様だっこしたよ!?
boku190429-3.jpg
そして診療代にベッドイン! え?いまから何が始まるんです!? 本気のお医者さんごっこを始めるってことで、期待する人は挙手願いまーす!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/4769-fad96571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック