明治村の「るろうに剣心特別展」に行ってきた

meiji190810.jpg
愛知県犬山市の明治村で「るろうに剣心」のイベントが行われてるので行ってきました。いや~実に35年ぶりぐらいの明治村。ほとんどまるで記憶に無かったね。

村内は1丁目~5丁目に区分けしており、上の写真のメイン会場は2丁目の千早赤坂小学校講堂にて実施してます。館内は撮影禁止なことから写真はありません。残念。剣心の生い立ちとその時期に起きた出来事を照らし合わせて紹介する内容で、ペリー来航によるペリーの似顔絵とか、朝廷の御旗とか現物を展示してました。気になったのが銃や大砲の紹介。当時使われた銃や大砲の性能や威力などが説明してあって、これは男性なら興味あるところでしょう。

そしてメインは実際に刀鍛冶師に鍛えてもらった「逆刃刀・真打」。模造刀ではなく初めて公式に許可を得て作られた本物の刀です。柄は無く刀身だけの展示だったゆえに、刻まれた文字まで見られるのは嬉しいね。「とうらぶ」が好きな女性も見て欲しいところだ。
meiji190810-.jpg
これが入場するともらえる円形ウチワと剣心に関する村内マップ。9月11日から村内の飲食店で一斉に剣心とのコラボ飲食物が提供されるらしい。中でも大井牛肉店が「赤べこ」と名前を変えて牛鍋を提供するようだ。もっとも5000円ぐらいはするだろうけどね。

で、私はついでにスタンプラリーに挑戦しました。全6ヵ所にあるスタンプを押していけば一枚の錦絵になるというもの。でも私は4ヵ所でギブアップしてしまいました。難しい!
ここからネタばれになるので行く人はご注意ください。
最初は受付付近にあるので問題なし。次の場所のヒントは神谷道場。神谷道場とは「4丁目の声無き道場」とのことだから、マップの4丁目を見てみれば「第四高等学校武術道場 無声堂」とあるのでここに間違いありません。
meiji190810-1.jpg
はい、これが道場内。しっかり「神谷活心流」と書かれてます。
meiji190810-2.jpg
その横にある名札には薫や弥彦らの名前があるという凝りよう。
meiji190810-3.jpg
これが次の場所へのヒントです。
1-1=8
2-23=7
3-31=25
4-41=6
4-36=6 (この建物の中)
どうです、わかります?? これ普通に計算式で考えちゃダメなんです。マップを見ながら1丁目の1番にあるのは「第八高等学校正門」。2丁目の23番にあるのは「京都七条巡査派出所」なので、4丁目の26番の建築物に行けばいいってことですよ。
このようにして謎を解いて全6ヵ所を巡ってみてください。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
由太郎
(予定)
ちゃんと再現してるな
2019/08/13(火) 21:00 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/4839-f5600feb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック