青年コミック誌『A-ZERO』創刊号を買ってみた

a-zero080708
双葉社から7月7日に新創刊された『A-ZERO』を買ってみました。双葉社といったら『まんがタウン』『週刊大衆』『漫画アクション』といったややアダルト向けな雑誌の志向がありますけど、この『A-ZERO』にはアダルト漫画は載ってません。時代劇あり、SFあり、ギャグありと、オールラウンドなラインナップを揃えている一般向け青年誌です。

とゆーか、それ以前の問題として店頭でほとんど見ないとはどーゆーこと?
コンビニを数店見回っても、ツタヤなどの書店を2軒見ても置いてなく、ようやく3店目にして発見しました。創刊号は普通気前よく多めに刷るとは思うのですけど、ほとんど見ないというのも珍しい。

メインは740万部の人気時代小説「居眠り般音」をかざま英鋭二氏がコミック化した「居眠り般音 IWANE」。今月・来月とで計100ページもあります。私が気に入ったのは実在した日本人医学博士・肥沼信次の生涯を描いた「リーツェンの桜」。
zero080708
戦前のドイツに留学しヒトラーのナチズムに脅かされながらも医学を学び、多くのチフス患者を助けることに専念。が、自らも病に倒れ38歳の若さで亡くなった波乱の生涯だったそうです。海外でこういった活動をしたのは野口英世が真っ先に思い浮かびますが肥沼信次なる人物は正直全く知りませんでした。漫画ながら知られざる人物の活躍を知るいい機会なのでこれは読み続けてみようと思います。
zero080708-
またSFものでは「エナ Cyber Girl」。絵の感覚からして他の連載陣と一線を画し、シャープでアクションに富んでます。これは期待できそう。
あとは萌え系麻雀漫画の「雀鳳」と、お久しぶり江口寿史のフルカラー3ページ漫画「ゼロの笑点」といったところでしょうか。ともかく内容を紹介する以前に雑誌を見つけること自体が問題かもしれませんが(笑)とりあえずはご覧になってみてください。
A-ZERO

・女の子のコスプレ誌『COSMODE』の表紙と巻頭がジョジョコスプレだった
cosmode080708
隔月誌で女の子のためのコスプレ雑誌『COSMODE』。先月出たNo.22の表紙と巻頭グラビアがジョジョコスプレだったなんて全然知りませんでした。
表紙は見ての通りに承太郎 、花京院、アヴドゥル、ジョセフ、そしてなぜかジョルノポルナレフでした。すみません。巻頭にも違う写真とトリッシュなどが載ってました。
★COSMODE22号 大好評発売中!(COSMODE.NET)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
磯本センセはアカリが良いです!
2008/07/10(木) 18:55 | URL | 名無し #-[ 編集]
>名無しさん
私ははっきり言ってこの方の作品をあまり読んだことがないのですが、3月のビジネスジャンプに載った「緑ヶ丘自警団」は面白かったと覚えてます。
2008/07/11(金) 00:44 | URL | ビート #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/676-e4c5ede0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
グルメというか食いしん坊というか食い意地が張っているがために、グルメうんちく系は大好きなのである,自分。 たまさか、いつも読んでいる雑誌の狭間の日だったのですが「食戦記」というタイトルと割と好み...
2011/03/25(金) 22:23:56 | まんがばかりよんでるから