初恋指南 みゅーずさんと仲直りしたつもりの南央だが…

shinan080915
『ChuChu ちゅちゅ』連載、やぶうち優先生の「初恋指南」の第6話
自分のデビュー作が載った雑誌が届き嬉しがる南央。写植が入るといっそう漫画らしくなると喜ぶも、よく見ると斜線がツブれて真っ黒になってたり、スクリーントーンが端まで届いてなかったり、フキダシ文字が多くてぎゅうぎゅう詰めだったりと反省すべき点も多かった。でもこれで"一応プロなんだ"という意識が芽生え、次回また頑張るぞと決意を新たにする。

このような失敗事例はやぶうち優先生自身の経験から言っているのでしょうね。なにせ13歳でデビューという異例の速さでしたから当初は不安でかなり戸惑ったんじゃないでしょうか。

でも気になるのはみゅーずさんの漫画。デビュー作で描いた原稿がみゅーずさんのに似ていたから描き直しをしなければならなかったわけで。よく見ると構図までそっくりなことに疑問を感じずにはいられない。
いったいどうやって? 賢人が教えたにしろ構図までそのまま伝えられないし…と思っていたらそのみゅーずさんからメールが!
デビューおめでとう」と普通な内容に面食らう。思い切ってそのことを訊いたら
そうだったんだぁ 大変だったね」「それって私とセンスが似ているってことかも」と、ただの偶然だったことを装う。また担当が柳葉さんなことに
えっ最悪 編集部でいちばん下っ端でネーム見る力も発言力もない 柳葉さんの担当で伸びた新人いない」と、言いたい放題なやりとりが。
shinan080915-2
ここはメールだけの会話になっており、血の通わない不気味な感じがプンプン漂ってます。とりあえずみゅーずさんと仲直りができて良かったと思う南央。土曜にアシスタントする約束をしますが
お前だまされてるぞ! みゅーずさんをもっと疑え!!
そのみゅーずさん、土曜になって賢人に電話を入れます。そこで賢人は問い詰める「あいつの話 …パクっただろ!?」と。みゅーずさん宅のファックスで漫画の下書きを送ったことがあり隙さえあればコピーは可能だからだ。シラを切るみゅーずさんに「もうあいつを近づけさせない」と電話を切る──

みゅーずさん宅に向かう南央のところへ賢人が走ってきて「行くな!」と。さらに
shinan080915-
おまえが 好きだから…! と急な告白を! これは私も驚きです。今まで伏線も何もありませんでしたから。言ってから恥ずかしがる賢人と告られてパニくる南央。
 その二人を遠くから見下ろしている人物が居た!
shinan080915-1
みゅーずさんは見ていた!! 怖え~~~!!
眼つきからしてただならぬ感情になっていることは間違いありません。下僕としていた賢人に裏切られ、この先は少女誌ではできないようなスプラッターな展開になってしまうのだろうか? つづく
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
歩道橋の上とか・・・これってなんて言葉様?(苦笑)

鮮血の結末フラグにしかみえないw
2008/09/16(火) 19:22 | URL | 七夜 #-[ 編集]
同上
2008/09/17(水) 23:52 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
>七夜さん
ホントに歩道橋なんですよ。私もそう思いましたから。
2008/09/18(木) 00:57 | URL | ビート #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/764-6be4fed1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック