kawaii180525.jpg
『月刊ドラゴンエイジ』連載、「可愛ければ変態でも好きになってくれますか?」の1巻です。
同名のラノベのコミカライズ。原作5巻と同時発売になりました。

高二の桐生慧輝(きりゅう けいき)は書道部じゃないけれど、部長で巨乳で先輩の朱鷺原紗雪に憧れて書道部部室に入り浸る日々。掃除が嫌いな先輩なので慧輝は手伝うことになるのですが、声を掛けた三人の娘が応援に来てくれました。
kawaii180525-.jpg
はい、これがメインヒロインとなる四人です。
右上 書道部部長の朱鷺原紗雪。とんでもない巨乳で美人
左上 下級生の古賀唯花。イギリス人のクォーターで慧輝を慕っている
右下 慧輝のクラスメイトの南条真緒。よくつるんでくる女友達
左下 慧輝の妹の桐生瑞葉。自慢の可愛い妹
手伝ってくれたということは、それぞれが慧輝のことを嫌いじゃないんでしょうよ。掃除道具を片付けて部室に戻ると全員が帰った後。けれど机の上に「桐生慧輝 様」と書かれた、ラブレターが置いてあるじゃないですか!
kawaii180525-1.jpg
人生で初めてのラブレターに大声で喜びます。添えてあるのはハンカチ? と思いながら広げてみれば、どーゆーわけだかパンツでした。なぜ? どうして? 疑問は残るけれど出したのは四人の誰かで間違いないだろう。もっとも瑞葉は妹だから除外するとして、残る三人の誰なのか「シンデレラ」を捜すことにする慧輝です。
kawaii180525-2.jpg
けれど それぞれの女の子に動機がある気がして全然わかりません。唯花は下級生でありながら慧輝に積極的に話し掛けてきてくれます。先輩はコンクールの作品作りに頑張ったからご褒美が欲しいと、頭をナデナデしてくれるのを所望して、そのお返しにと頬にキスしてくれました。

一体誰なんだ、シンデレラは…。慧輝は考えた挙句、瑞葉に部室を最後に出たのは誰かと訊いてみたら先輩とのこと。ならばと遠回りにモーションをかけて「俺に対して特別な感情を抱いてる?」と訊いたら明らかに動揺してますよ。
kawaii180525-3.jpg
更に先輩の秘密を知ってますとカマをかけたところ、「いつから気づいてたの?」との返事。こりゃ間違いない、シンデレラは先輩だったんだ! 明日の放課後に部室に来て。大事な話があるからと別れ、その夜はルンルン気分で過ごします。
そして放課後の部室。「目を閉じて」と言われたから"こりゃキスだろうな"と思ったら違いました。
kawaii180525-4.jpg
なぜかいきなり脱いでいた先輩!
まさかキスより先にそっちをヤっちゃっていいの!? と誰もが思うことだろう。でも違うんです! それがタイトルに秘められた謎。最後の1ページで先輩の隠された性癖がわかることになり、驚くこと間違いなし! 衝撃的な余韻が残る読後の感想を味わってみてください!
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 1 (ドラゴンコミックスエイジ ち 3-1-1)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 1 (ドラゴンコミックスエイジ ち 3-1-1)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか?(1) (ドラゴンコミックスエイジ) Kindle版
yatsu180524.jpg
『コミックウォーカー』連載、「異世界薬局」の3巻です。
過労死した薬学者が異世界の宮廷薬師の息子・ファルマとして転生。現代医学の知識を使ってこの世界には無い薬を作り出したり、どんな病気にかかってるのか見るだけで判断できるチート能力等を駆使して社会に貢献していく姿を描いていきます。1巻2巻のレビューは下記ね。
異世界薬局 1巻 異世界に転生した薬学者が現代薬学を活かして人々を救う
異世界薬局 2巻 遂に薬局を開設するも閑古鳥。けれど思わぬ出来事で好転す

家族で海のある新封領の視察に来たファルマたち。海岸へ遊びに行ったら、突然の大波に妹のブランシュがさらわれてしまった! 急いで泳いで行くけれど離岸流なのか全然 近寄れません。また俺は妹を失ってしまうのか? 転生する前のファルマは病気で妹を失い、こんな悲劇を繰り返さないためにも薬学者の道を歩んだのです。それなのに二人も妹を失うなんて嫌だ!
yatsu180524-.jpg
必死の願いが奇跡を起こす。いや、ファルマだからこそ出来たのか? 「水よ消えろ」と願ったら円形状に海水が消失。海に穴を開けたことで妹を無事に助け出すことが出来ました。けれどこれは人智を越えた能力であり、ファルマ自身も驚いた。そして改めて右手の「物質消去能力」について考えることに。

今まで左手の「物質創造能力」で色々な薬物を作って来たものの、左手については特に研究しませんでした。そこで実験をし、食塩水の中に沈めた酸化鉄だけを取り除くことに成功。これにより物質の中の特定の成分だけを除去できることがわかりました。これを実践する機会が早くも訪れます。

「青の伯爵」と呼ばれる、なぜか全身が青くなってしまったション伯爵が来店。この治療を願い出る。ファルマとしてもこの様な症状は初めてで最初は戸惑うも、どうやら薬を長持ちさせるために施した銀箔が原因だと判明。銀を大量に摂取したことで、銀の成分が皮膚を青くさせていたのだ。
yatsu180524-1.jpg
そこで体内に蓄積した銀だけを取り除くよう右手に意識を集中。そして見事に除去でき、元の皮膚色に戻った伯爵は大変喜んだのでした。こうしてまた一人、病に苦しむ人を助けることが出来たけれど、今度はファルマ自身が大変な目に。海で妹を救った出来事を見ていた者がおり、それが異端審問官の知るところとなったのだ。
yatsu180524-2.jpg
異端審問官とは悪霊を排除する機関。海に穴を空けるような者は悪霊に違いないと決めつけて、ファルマを拘束しようとします。が、そんなの全く効きませーん! だって悪霊じゃ無いんだもん。ならばと審問官の隊長は「滅殺せよ!!」と戦闘に移行。次々と攻撃魔法を繰り出します。が、こうなったらファルマも黙っちゃいない。ことごとく防御するどころか、全員まとめて氷の牢に閉じ込めた。

この能力はいったい何なのだ!? 恐ろしいほどに力の差を見せつけられた隊長は、ある考えに到達する。
我々が間違っていた…これは大罪だ! 私はなぜ見抜けなかったのだ…!
yatsu180524-3.jpg
このおかたこそ薬神様なのだ!! と勝手に解釈。神を信じる我々が神を罰しようとは なんという冒涜行為! 我ら一同 死をもって贖い奉りますと、自殺の準備まで始めちゃったよ! 慌ててやめさせようとするファルマですが、いやはや考えがこうも変わるとはファルマの能力恐るべし!
yatsu180524-4.jpg
後日、改めて訪れた隊長は生まれ変わったかのようにファルマを神聖視。海に穴を開けたなんてことはありませんでした。虚偽の報告だったのです。他の審問官は全員別の地方へ配置換え。神様に攻撃なんてするわけがないじゃないですか! などと、ファルマにとって都合の悪そうな出来事は全て闇に葬ってくれました。
なんという手のひら返しだこと!
でもそういうことするアンタ、嫌いじゃないぜ!
異世界薬局 (3) (MFC)
異世界薬局 (3) (MFC)
異世界薬局(3) (MFC) Kindle版
nozomanu180523.jpg
『コミックガルド』連載、「望まぬ不死の冒険者」の1巻です。
「小説家になろう」の連載作をコミカライズ。原作の単行本は第3巻が同時発売となりました。

レントは銅級冒険者を10年やってる落ちこぼれ。でもいつかは最高峰の神銀(ミスリル)級冒険者になる夢を諦めていなかった。けれどまさかこんなことになるなんて…
探索し尽くされた迷宮に新たな部屋を発見したのだ。当然ながらまだ誰も入っておらず、もしかしたらとんでもないお宝が手つかずのまま あるかもしれない。そうでなくともマッピングしておけば ひと稼ぎにはなるだろう。危険を顧みず侵入したのはいいものの、最悪な運命が待ってました。

そこに居たのは龍! しかも世界に四体しか居ないと言われる魔王クラスの最高位。レントは成す術なく喰われてしまったのですが…目が覚めます。あれ? 喰われたんじゃなかったっけ? 何で生きてるの? いや、確かに喰われました。そして生きてません。
nozomanu180523-.jpg
レントはなぜか骨人(スケルトン)になっていたのです!
しばしこの先どうするか考えます。このまま街へ戻ればいくら言い訳しようが討伐されるのは確実だ。もっとも声帯が無いので喋ること自体できませんがね。ならばこのままここに居座るか? いや、強い魔物に倒されるのがオチだろう。いったいどうしようかと考え抜いたあげく、10年来の付き合いである変り者の学者・ロレーヌの言葉を思い出す。
それは「存在進化」!

手っ取り早く説明すれば、魔物は敵を倒すことで相手の能力を吸収できる能力がある。これを続けることで上級職へと進化できるというものです。スケルトンの上級職は屍食鬼(グール)。グールになればスケルトンよりは人間っぽい。全身を覆えば人間に見えなくもないだろうと、存在進化を目指して魔物退治をすることに。

生身の人間の時とは違い、魔物になった時点でそこそこ強くなったレント。更に人間だった記憶と装備が残っているので「気力」も使用可能。つまり同ランクの魔物ならば確実に倒せるのです。何体か倒した後、予想外に早く存在進化が起きました。
nozomanu180523-1.jpg
そして案の定、屍食鬼(グール)へと進化。人間ほどじゃないにしろ肉がついたことで声帯も復活。たどたどしいながら喋ることもできるようになりました。そこへ鴨がネギを背負って来たように冒険者が現れます。どうやら新人の女の子で、魔物相手に苦戦中。そこへ割り込んで魔物を倒し、女の子に語り掛けた。
nozomanu180523-2.jpg
表紙の女性がこの子、リナです。物分かりが早く、この様な姿になってしまったレントの話を理解し、街に戻れる服装を買って来てもらいました。リナとしても命の恩人なのだから恩を返したいのですね。ただし顔を隠すための仮面が「呪いの仮面」で、取れなくなってしまったのは運がいいのか悪いのか…

こうして街に帰還したレント。でもこのまま街の中で暮らせば怪しまれるのは確実だ。ならば頼れるのは一人しか居ない。人里離れた場所に住む、変り者の学舎・ロレーヌです。
nozomanu180523-3.jpg
彼女は14歳で大博士号を得た天才学舎。10年前、ある出来事で知り合って以来の仲だ。この様な姿になってしまったレントに驚きもせず、むしろギブアンドテイクの関係で寝床を提供することを約束します。
人間→スケルトン→グールへと移り変わったレント。それでもいまだに神銀(ミスリル)級冒険者になることを諦めていない。いやむしろ人間でいた時よりも現在の方が強くなっており、この先も進化を続ければ冒険者ランクが上がるのは間違いない。それに期待し、レントの冒険は今日も続いていく…

ダークな内容で絵もそこそこ上手い。全く知らなかった作品ですが、これは期待できるかもね。
望まぬ不死の冒険者 1 (ガルドコミックス)
望まぬ不死の冒険者 1 (ガルドコミックス)
望まぬ不死の冒険者 1 (ガルドコミックス)Kindle版
saikyou180518.jpg
『裏サンデー』連載、「最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます」の1巻です。
タイトル長げぇー! 過去レビューしたどんな漫画よりも最長のタイトルじゃないだろうか。「小説家になろう」の人気作をコミカライズ。小説の単行本は現在2巻まで出ています。

最強の職業「竜騎士」で数々の功績を残したアクセル。けれど竜騎士を司る竜神様を殴り倒してしまったことから地位をはく奪。転職神殿の巫女さんが祈った末に与えられた新たな職業は、「運び屋」という初級職でした。何でこんな職業に!? 申し訳ないと平謝りする巫女さんですが、当のアクセルは全く気にしてません。
saikyou180518-.jpg
むしろようやく兜を脱げたと未練なんて感じてない。女竜王のバーゼリアとは契約を結んだままで、これからの新たな生き方に希望を抱きながら転職神殿を後にします。この後、巫女さんは神から授かったアクセルのステータス表を目にするのですが、その信じられない値に驚かざるを得ませんでした。
saikyou180518-1.jpg
レベル1でありながらSランクばかり! これじゃあ竜騎士時代と大差ないじゃーん。しかも幸運力に至ってはEXと、「とっても!ラッキーマン」の比じゃないぐらいにラッキーらしい。いったいどーなることやら。

転職したとのことで訪れたのは聖剣の勇者・ファング。もっとも運び屋になったと聞いて驚き、転職神に殺意を抱くのですがね(笑) それなのに全く気にしてないアクセルにハッパをかけるためにも勝負を挑みます。今の自分ならば絶対に勝てると自信のファング。が、ファングの頭上だけに落石があったり、ファングの足元だけに地盤沈下があったりしてアクセルは何もしないで不戦勝。これが幸運力EXの効果なんですな。

話しを戻して今回ファングが来た本当の理由は仕事の依頼。「風の都」まで第四王女のルナ姫を送り届けるというものだ。道中、魔獣が大量発生してこのままでは交渉時間に間に合わないからです。
saikyou180518-2.jpg
ルナ姫は「魅了」の能力を潜在的に持っており、これを武器にして対外交渉を優位に進めてきた。今回行く「風の都」でもこの能力は大いに発揮されるだろう。けれどこの能力は終始絶え間なく放出してることから、並みの冒険者を護衛につけたら冒険者がハレンチ行為をやらかしかねない。また魔獣や普通の人間さえも魅了にやられて強姦されかねない。
そこで竜騎士だったアクセルならば大丈夫だろうと訪ねてきたというわけだ。

無論その仕事を請け、見事にこなしたアクセル。どうやったのかはあえて割愛といたします。魔獣の大量発生は「風の都」が交渉で優位に立とうと、到着を遅らせるためにやったものだったとさ。
saikyou180518-3.jpg
そのルナ姫の到着すぐの姿。なぜ全裸なのかは実際に読んでみてくださいな。何をやったかわかりますから。
最後の方では商人見習いのナタリーを盗賊から救ったアクセル。この行為によってまた新たな人物と出会うことになりそうです。
最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます@comic 1(裏少年サンデーコミックス)
最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます@comic 1
最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます@comic(1)Kindle版
rougo180515.jpg
『水曜日のシリウス』連載、「老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます」の2巻です。
先週紹介した「ポーション頼みで生き延びます!」と同時発売だったのをようやく読んだのですが しくったー! 今回こっちの方がダンゼン面白いやん。あ、原作者は一緒でFUNA氏の作品です。
家族を失い独り身になってしまったミツハ。でも異世界へ自由に行き来できる能力を手に入れて、両方の世界で裕福に暮らして行けるように8 万枚の金貨を貯めることを目標としました。尚、危険に備えて傭兵組織で銃やナイフの訓練を受けるなど、生き抜くためには人殺しも躊躇しないのが他作品で見られるヒロインと全く違うところでしょう。
老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます 1巻 血生臭いヒロインが爆誕!

幼く見えるところを武器に、ボーゼス伯爵の後ろ盾を得たミツハ。冒頭は念願の「雑貨屋ミツハ」を開店するところから始まります。ただし開店するまでに不動産屋を困らせたりするのですがそこは割愛しますね。
この「雑貨屋ミツハ」は薄利多売ならぬ、多利薄売がモットー。だってちょっとだけ売って利益ガッポの方が楽じゃん! よって雑貨も100均で買ったもの中心。100均とはいえ最近のモノはそれ以上の価値があると思えるものも少なくありません。それがましてや中世ヨーロッパな文化の異世界ですから、全てが見たこともない商品なので人気になるのは間違いなし!

…と思ったけれど一日経ち二日経っても一人も客が来ません。そして三日目に初めて来店したお客さんは女性の三人組でした。さすがに見慣れない商品ばかりに感嘆します。が、魚のウロコ取りには怪訝顔。いったいなぜ? シャンプーに興味を示すも高額を理由にイマイチ手が出ない。初めてのお客を手放してなるものかと、大サービスでシャンプーを無料で実演する他、料理だって出しちゃいました。
rougo180515-.jpg
はい、これがシャンプーするところ。乳〇隠しが絶妙ですな(笑) あ、文明を知ってるからには電気は欠かせないことから自家発電を完備。シャワーはもちろんドライヤーもやれます。この世界にあるわけがない現代のシャンプーですから効果てき面。美しい髪に仕上がると同時に、良い香りもすることから気に入って買ってくれました。
更に食事だってもちろん現代のもの。今まで味わったことのない料理に大満足ですわ。けれどどんな料理も鍋一つで簡単にやってしまうことから"魔女"だと思われたのは仕方ないかも?

こうやって初めてのお客さんに買ってもらって嬉しいミツハ。でもこの三人の女性はライナー子爵の使用人だったことから、話は一段と進んでいく。この件を子爵と料理人に話したところ、藁にもすがる思いでミツハのもとへ訪れた。
rougo180515-1.jpg
子爵の娘・アデレートお嬢様が社交界デビューするパーティーを開きたい。料理とドレスに力を入れたいので、力を貸して欲しいということです。そこで目玉にしたい料理が魚。ここは海から遠いために新鮮な魚が入らない。入ったとしても干物か燻製にしたものだけ。だからウロコ取りを怪訝そうに見ていたのはそのためだったのですね。
お金になりそうな仕事は手放したくない。よってドレスの手配はもちろん、パーティーの演出まで全て引き受けたミツハです。

ドレスは現代に戻って一流の仕事人に依頼し、料理はミツハの指導のもとに料理人一同が必死に習得。そして迎えたパーティーです。
rougo180515-2.jpg
この世界にあるハズのないドライアイスの煙を立たせ、プロジェクターで背景を照らす。見事なドレスを見に纏ったアデレートお嬢様に男たちがメロメロになるのは当然の結果でしょう。さらに第二幕では一転して鎧を纏って凛々しく登場。「問おう そなたが我がマスター伴侶となる者か?」と、どこかで聞いたようなセリフを語らせたのはミツハの趣味ですかね。
rougo180515-3.jpg
もちろん料理だって負けてません。異国の料理を数々振る舞い、メインはやはり魚料理。干物や燻製ではなく生魚が出されていることにゲストたちは驚かざるを得ない。この地まで生で運ぶなんて いくらかかるか想像がつかないからです。しかも旨い! 我先にと手が伸びるのはもはや必然!

このようにして社交界デビューのパーティーは大成功のうちに終わ…りませんでした。料理が好評すぎて足らなくなってしまったのだ。貴族のパーティーにおいて空いている皿があるなど許されるわけがない。このままでは子爵の評判は地に落ち、アデレートお嬢様は軽く見られてしまいます。
rougo180515-4.jpg
そこで料理人たちにハッパをかけるミツハ! 今まで生きてきたのはこの日のためにあると思えと、総力をもって手掛けろと檄を飛ばす。またミツハも最終兵器として持ち込んでいた、生クリームをふんだんに使ったケーキを提供するなどして無事にパーティーを終わらせたのでありましたー。

いやもう異世界に行き来できるのをいいことに、様々な物資を調達して駆使していくのが面白い。こういったキャラは好かれるか嫌われるか分かれるだろうけれど、私は好きですね。
老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます(2) (シリウスKC)
老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます(2) (シリウスKC)
老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます(2) (シリウスコミックス)Kindle版
ganbal180513.jpg
1970年代後半。ヤマト劇場版のヒットによりこれまで「てれびまんが」と言われていたものが「アニメーション」と呼び名が変わった。また79年から始まったガンダムの影響でアニメ雑誌が続々と創刊されていきました。その数は83年の時点で6誌。ともなると各誌とも何らかの特徴を持つようになるわけで、今回紹介するのは『ジ・アニメ』誌上でやっていた「熱血ロボ ガンバル5」というウソのアニメ企画。これ、ゆうきまさみ氏と戸的あき氏が原作なんだよねー。
上は『ジ・アニメ』83年7月号の付録ポスターです。
ganbal180513-1.jpg
ロボの顔はどことなくトライダーG7っぽいね。戦闘服はコンバトラー風です。
コウの熱く燃えるガッツは、そのままガンバル5に伝わる。立ち上がれ! ガンバル5──!!(イメージイラスト)
ganbal180513--2.jpg
左 コウとイトシーナは、いつしか想い合う仲に(パート1)
右 コウ対ナヤメル。九十九里浜での白刃の戦い(パート1)
ganbal180513--3.jpg
左上 転校生コウに胸キュンの伊藤椎菜(ときめきガンバル5)
右上 剣と竜と魔法の世界メニアでコウは…(ガンバルの剣)
下  ガンバル5から、いろいろなバリエーションが生まれた。ゆうきまさみ、戸的あき迷コンビの酒と逃避の結晶(?)
ウソ企画ですから「ときめきガンバル5」とか「ガンバル5ものがたり」とか「ガンバルの剣」など、多くのストーリーが考えられているという設定です。ちなみにこの当時はまだ「ときめきメモリアル」など影も形もありません。
ganbal180513--4.jpg
コウはア・キラメルとイトシーナの結婚式をぶちこわした。イトシーナの瞳が星と輝く。つかの間の愛…(パート1)
ganbal180513-.jpg
ガンバル5と、イトシーナを抱き抱えるコウ。ゆうきまさみ氏がいかにも当時っぽいイラストに仕立ててます。たぶん湖川友謙氏を意識してるんじゃないかな?
aoi180511.jpg
『ゲッサン』連載、「アオイホノオ」の19巻です。
原作に雁屋哲、メカデザインに出渕裕を起用したホノオの初連載作品「風の戦士ダン」が遂に完成。出渕裕に会い「ずっと見てました! 大好きです! 『ボルテスV』が!!」と興奮気味に話すも、実際に参加したのは『ダイモス』だったー! という実話の失敗から始まった今回。

出来上がった原稿に担当がアレコレ言うのは当然か。何せ初の連載作だし。「絵が疲れている」という抽象的な注意に対し、ならば後半の盛り上がるシーンをまだ元気なうちに描いて 疲れたら前半を描こうと、的外れなことを考えたりするホノオです。
新しい増刊には来月から始まる「風の戦士ダン」の告知が載っているのですが、思った以上に大きな扱いにプレッシャーをビンビン感じてビビリまくり。
aoi180511-.jpg
「ぼくらはその日を待っている!」との大きなアオリにダンの絵が! 更に担当から「雁屋さんの原作あってこそのこの大きさだ!!」「期待を裏切ったら大変なことになるよ!!」とまで言われて「全部描き直す」と弱気になるのはやむを得ないか。
aoi180511-1.jpg
その一方でこの時期に始まったのは「魔法のプリンセス ミンキーモモ」。それについて熱く語るホノオたち。「ひみつのアッコちゃん」や「魔法使いサリー」は俺たちと同年代だった。でも「魔女っ子チックル」や「花の子ルンルン」あたりはもう同級生じゃない。そして新しく始まったミンキーモモは…同級生だ! だって大人になった姿はほぼ同級生じゃん!

あ~私も本放送で観てたからその感じわかります。魔女っ子でありながら最終回で交通事故死という、前代未聞の衝撃には驚いたね! ちなみにモモの初セリフは「ミンキーモモ デビュー!」です。ここマメ知識な。

で、連載も3話4話と続いていくわけですが、ホノオの心には常に雁屋哲先生への「申し訳ない」という気持ちで一杯でした。
aoi180511-2.jpg
これは18巻でも描いてましたけれど、自分の画力ではどうしてもシリアスに描けないというコンプレックスがあるからです。
 アオイホノオ 18巻 原作者が怖くて漫画など描けるか! いよいよデビュー作 執筆へ

でも期待に副えるように極力ギャグにならないよう気を付けて描いてみた。これなら大丈夫だろう、担当に褒めてもらえると出来栄えを訊いたら「きみはストーリー漫画家になる気なのかい1?
    じゃあ どーすりゃいいんだよっ!?
ホノオの葛藤する日々は依然として続くのでありました──

さて、ホノオの全く知らないところでは岡田斗司夫・武田康廣・庵野秀明・赤井孝美らが集まって今年の東京SF大会(TOKON)に出品する、来年の大阪SF大会(DAICON 4)の宣伝フィルムを作ろうと決起していた。
aoi180511-3.jpg
その中で庵野秀明はウルトラマンを作るなら本気を出してやりたいと意欲を燃やす。

はい、それがこれ↑です。「帰ってきたウルトラマン マットアロー1号発進命令」。私は…84年ごろだったかなぁ、ゼネラルプロダクツによるDAICON FILMの全国巡業上映会の名古屋で初めて観ました。「快傑のーてんき」も一緒に上映してましたっけ。
aoi180511-4.jpg
またアホらしくてしょーもないものを、最高の技術で作りたいとして考えられたのが「愛國戰隊 大日本」。

酒を飲みながらの席なのでアブナイ意見が出るわ出るわ! 興奮で異常に盛り上がったそうです。まぁ実話なんでしょうけど、実際には漫画にも描けない意見があっただろうと推測できますね。
アオイホノオ 19 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
アオイホノオ 19 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
アオイホノオ(19) (ゲッサン少年サンデーコミックス)  Kindle版
アオイホノオ 19 『炎の転校生』新作読み切り後編小冊子付き特別版