perfect170415.jpg
『週刊漫画TIMES』不定期連載、「パーフェクトフューマン」の1巻です。
高校で8冠を獲りアマチュア成績無敗のボクシングの寵児・深沢のプロデビュー戦。相手もデビュー戦なことから誰もが深沢の勝利を信じて疑わない中、深沢はワンパンでKO負けしてしまい静まりかえる場内。これが世良優人の名を知らしめるきっかけでした。イケメンな上に帝都大学を首席で合格しており、成績も全国トップレベルと いいことづくめ。マスコミがニューヒーローとして飛びつくのも当然だ。
perfect170415-.jpg
ボクシング2戦目もワンパンでKO。インタビューも嫌味の無い爽やかな返答なことから誰もが彼に好意を寄せていく。そんな世良に人一倍 好意を寄せる一人の少女が居た。彼女は以前暴漢に襲われたことがあり、そこを助けてくれたのが当時まだ無名だった世良。そのお礼を言いたいと近づいたのはいいけれど…
perfect170415-1.jpg
言葉使いも態度もまるで別人になっていた世良はラブホにムリヤリ連れ込み凌辱してしまいます。翌日 彼女は大学に駆け込み、世良に昨日の件を問い詰めるも何が何やら知らない様子。世良の友人たちも昨日は一緒に居たことを証明しており、逆に彼女が難癖をつけて近寄るストーカー扱いに。じゃあ昨日の世良はいったい誰だったの?…
perfect170415-2.jpg
はい、タネ明かしはこれ。ボクシングに学業に天才と思われている世良は、実は5人が演じていたものだったのだ。シロ・クロ・アカ・アオ・モモの5人は兄弟かどうかは今のところ不明ですが姿が瓜二つのそっくりさん。それぞれが得意としている分野で活躍するのだから天才と思われるのも当然だな。
演技も上手いことから世界的映画監督を魅了するも、俳優にはならないとしたことから引退を決意させたり、その活躍ぶりに嫉妬した俳優から乱暴を受ける(取り押さえられて大事には至らず)など、世良を巡る周囲の動きは確実に大きくなっていった。

世間の話題が世良に集中していく中 『週刊文秋』は何とかしてゴシップネタを掴もうと、エース記者の浦辺を投入。ただし この人かなりの変人、というより変態。まぁそういうところがあるからこそネタを掴む独特な勘が働くのでしょう。
perfect170415-3.jpg
いきなり"二人(以上)いる可能性"を出してきた。凌辱された少女にも接触して協力して奴の正体を暴いてやろうと働きかける。徐々に追い詰めていく浦辺、足を出すまいと慎重な行動をする世良。両者の火花は次第に激しいものに変わっていく!
パーフェクト ヒューマン 1 (芳文社コミックス)
パーフェクト ヒューマン 1 (芳文社コミックス)
パーフェクト ヒューマン 1巻 (芳文社コミックス) Kindle版
tobaku170414.jpg
『ヤングエース』連載、「賭博の巨人」の1巻です。
ネットでの反応はどうだろうとタイトルで検索したら、野球賭博で捕まった巨人の選手の情報ばかり優先して出てくるよ! 画像なんてほとんどソレばかりだ。マジで。

(北斗の拳のオープニング調に)西暦2200年。世界は隕石の恐怖にさらされた! 海は枯れ 地は裂け 都市は破壊されながらも人類は絶滅してはいなかった! 文明が崩壊し、人間の秩序はギャンブルだけになったのを引き換えに──
そう、この世界はギャンブルで成り立つようになった時代。何をするにも賭けで物事を解決するのですよ。

時はまさに世紀末 よどんだ街角で女は助けてと叫んでいた。夫がギャンブルに負け、代償として連れられていくからだ。そこに通りがかったのが身長2m以上はあるだろう大男のガンディ。
tobaku170414-.jpg
事情を聞いた上で連れて行く男たちにギャンブルで勝負を挑む。特に自分に利益は無いのに、暴力は好まないから阻止するというのは何ともお人好しだこと。つーか、亭主は嫁を賭けの代償にしておきながら負けた後で返せと言うのは虫が良すぎるだろうよ。
tobaku170414-1.jpg
ギャンブルの方法はコイントス。そこでガンディはあらゆる可能性を考える。ここがこの漫画の一番の見どころね! 相手は大抵はイカサマを仕掛けて勝っている。ならばどうやっているのかを導き出すところが面白いんです。この場合、とある方法でやっていたのを見抜いた後で改めて勝負! そこで勝つのはやはり主人公、と言いたいけれど今度はガンディがイカサマしてるんだよね(笑)。ヒーローだけれど完全無欠のヒーローでないところが魅力でしょうか。
tobaku170414-2.jpg
このようにガンディは行く先々で人々を救うためギャンブルに挑み続けます。1話ではコイントスだったけれど、使われるギャンブルは"だるま落とし"だったり"人間棒倒し"だったりと、その回によって様々でユニーク。何でもギャンブルにしてしまうのは単純に面白いです。画像は無いけれど最後の"早飲み勝負"でのイカサマは意外な盲点で面白い。そんなやり方あったのかと、むしろ関心してしまいましたね。
賭博の巨人 (1) (角川コミックス・エース)
賭博の巨人 (1) (角川コミックス・エース)
boku170410.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問10
連載当初以来のセンターカラー。よって うるかに色がついたのは初めてになります。カラーで水着焼けしてない肌のツートンは、やはり目立ってセクシー感が増しますわ。

女子水泳部の部室で話すのは唯我との関係。中学時代からまだ告白してないことを信じられないとするのは、うるかの友達の川瀬さんと海原さん。ならば一肌脱いでやろうと部活後、うるかをブティックに誘います。
boku170410-.jpg
      うはー! 見間違えるね、この姿は!
このいかにも女の子な姿で唯我に迫って来いとするも、奥手な うるかは気が重い。そもそも迫るなんて簡単にできたら苦労はしない…と言ったところで都合よく唯我が登場(笑)。家族の服は自分が作る役目なんだそうで、たまにデザインを参考にするため店に来るらしい。いかに貧乏とはいえ服を自作するとは、どんだけ節約志向なんだろうか。
成り行き上、このまま参考書を探すという束の間のデートとなった うるか。内心はもちろんドキドキだ。
boku170410-1.jpg
触れる肩がこのままくっついて離れなくなればいいのに…と、うるかは思う。柄にもなくこんなことを考えさせるなんて きっとこの服のせいだとするけれど、それは違うよ! 長い間好きであり続けている気持ちがそうさせるのであって、見栄えの良し悪しは別問題。うるかは常にそういう気持ちを持っていた、それに気が付かないだけだってね!

商店街にてカップル限定のイベントをやっており、その優勝賞品が唯我の妹の葉月が欲しがってる「魔法少女フルピュア」のステッキ。もちろんコレに出ることになるのはいいとして、どうして賞品の一つがお子様向けのアニメグッズなのか わけわかんねーwww カップルのイベントなんだからカップル向けの商品にしろって!
boku170410-2.jpg
で、そのイベントとは お姫様だっこ大会! もちろん一番長く だっこできたカップルが優勝というものだ。うるかにとっては嬉し恥ずかしいけれど、唯我にとってはキツイだけ。筋肉が早くも悲鳴を上げる。また うるかも体重を気にしていた。最近また筋肉づいてしまい、嫌われたら生きていけないと涙。この涙を都合よく「恥ずかしいのをガマンしてくれてる」と捉えた唯我は持ち直し、見事にステッキを射止めたのでありましたー。
boku170410-3.jpg
その帰り道、今さらながら服が似合ってるのか訊いてみます。でも答える直前になって止めたのは、これからの関係を壊したくないからじゃないかな。どちらに転んでも今までの関係じゃいられなくなる、だったら聞かない方がいいということだね。
kenka170409.jpg
『ヤングマガジン』連載、「喧嘩稼業」の8巻です。
第2試合 十兵衛vs徳夫の戦いもクライマックスへ! 十兵衛は冒頭から卑怯の限りを尽くして(もっとも本人に言わせれば立派な戦略だろうけどね)徳夫にダメージを与えたものの、いま一歩攻めきれない。観念したのか日本拳法の徳夫を相手に、直突きのリードパンチで勝負に挑む。
kenka170409-.jpg
けれど餅は餅屋。正攻法なやり方で日本拳法屈指の実力者に打ち勝てるわけもなく、徐々に追い詰められていく。それは次第に凄惨さも増していき、見ている誰もが負けを信じて疑わない状況へ。
徳夫自身も決着をつけるべく道着を投げ捨て臨戦態勢。十兵衛は最後の一撃を与えんと蹴りを入れるも避けられてしまい万事休す。
「負けだ」「嘘じゃない」「本当かどうかわかるんだろう?」
何を言ってるんだ? と怪訝そうな徳夫。
kenka170409-1.jpg
お前 何勘違いしてんの?
お前の負けが決まったから 終りにしてやってもいいと言っているんだ

徳夫を見れば目は充血し 血が流れている。片膝もついて動くのが辛そうなのは明白だ。いったい何が起きた?? それは第1試合で梶原が使った屍(かばね 毒のこと)が残っており、それを利用したのだ。ごく小さな針なことから道着を脱がなければならないのが厄介だったけれど、今から思えばここまでやられることも計算済みだったのかも知れません。

ちなみにこの毒はボツリヌス菌。ごく最近、男児に ハチミツを与えて死亡させる事故があったけれど、梶原はこうやって赤ん坊の便からボツリヌス菌を摂取していたことを語ってました。今回の事故で初めて聞いたとかあるけれど、私はこれで知りましたね。

卑怯だろうが何だろうが最後までリングに立っていた者が勝者。十兵衛はダメージを負いながらも勝利となりました。でも十兵衛の卑怯ぶりはまだ続く。今度は工藤に対し、母親が見つかったと再会させます。もちろん嘘ですけどね! 
kenka170409-2.jpg
ささやかだろうが勝利に繋がることならば、何だってするのが十兵衛のイヤらしいところ。工藤は少なからず精神にダメージを負っているようで、十兵衛は20分平均でイヤがらせを続けるとか。もうここんところは十兵衛の真骨頂でしょう。

そして第3試合は文さんと櫻井。櫻井は闇の賭け試合・アンダーグラウンドで無敗のチャンピオンなことから、文さんの苦戦は免れないでしょう。
さて、巻末の描き下ろしですが遂にこの男が帰ってまいりました!
kenka170409-3.jpg
山元です。山本じゃないよ、この漫画ではね。あの事件により遠ざかっていたけれど、ようやく復帰となったようだ。それを喜んでいるのはロ〇ブーの淳と、コ〇リコの遠藤。ここのくだりは めちゃイケでしょう。しかし入れ替わる格好となったのがこの男なんです!
kenka170409-4.jpg
火砲援交(きゃのん えんこう)
やったのは援交じゃないけれど、たびたび女性問題を引き起こすことから見事にお仲間入りとなったようだ。
喧嘩稼業(8) (ヤンマガKCスペシャル)
木多 康昭
講談社 (2017-04-06)
売り上げランキング: 124
renai170408.jpg
『月刊少年シリウス』連載、「恋愛ハーレムゲーム終了のお知らせがくる頃に」の1巻です。
原作が竜騎士07氏なことからタイトルが「…頃に」となるのはお約束。それにしてもハーレムなこと書くのかよ、と思ったら大間違いでした。いや、確かにそんな描写はあるのですけど、このゲームで被害者を出さない為にはどうすればいいか、又はどうやって出し抜くかを巡る心理描写がメインなんです。タイトルに釣られてそこんところを間違えないでください。

小日向 翌檜(こひなた あすなろ)は彼女の居ない ごく一般的な高校生。但し彼女はいらない・作らないとするのがモットー。なぜなら妄想大好きだから。彼女を作ったら一人しか愛せないけれど、妄想の中ならば複数の女の子と好きなプレイのやりたい放題し放題だからです。
renai170408-.jpg
これがアスナロの頭の中のハーレム要員。右からクラスで一番人気者の沙織、下級生のルリ、ハーフで巨乳の東雲、孤高でクールな美少女のセリカ。この4人を周囲に はびこらせたのが一番上の画像。そりゃこんなカワイイ子たちでハーレムを作れたらウハウハものでしょうね!

そんなアスナロに突然の転機が。偶然だけれど長い間 閉じ込められていた悪魔のゼバフルを解き放ってしまったのだ。そのお礼にとアスナロの思考を読んで、実際にハーレムを作れるゲームを始めてしまった。
renai170408-1.jpg
ゼバフルはハーレム要員の女の子たちに強制参加を要請。断ったら死亡どころか死の恐怖と痛みを永遠に繰り返す刑が待っている。また アスナロに気に入られて結ばれた者以外も全員処刑というわけで、私が一番になりたいとアスナロを取り合うわけですな。
renai170408-2.jpg
ルリは騎乗位になっておっぱいを揉ませてあげたり、セリカは股間を押し当てるなど、脱落しないようにみんな必死だ。ちなみに正確には点数となってるハートの奪い合い。誰もが2個所持から始めてゼロになったら即脱落で処刑。7つ取れたら勝利確定なんです。
このゲームに異論を唱えたのが孤高でクールなセリカ。悪魔の思い通りになんてならないと、全員が脱落しない手段を考えるのでした。
renai170408-3.jpg
もちろんこれに反対する女の子も居るけれど、そこは持ち前の態度と知略で回避。誰かが出し抜かない限りは大丈夫だとするも、全員のハートが一つ減っていた。いったいどうして? 実はそこには全く知らなかった五人目のハーレム要員が居たのだ。だから出し抜かれてハートが減ったのです。ならばそれは誰だと、網を張り・罠を仕掛けて その人物を追い詰めていく…

冒頭にも言いましたがゲームを巡っての知略・戦略がこの漫画のキモ。ここを楽しんでください。
恋愛ハーレムゲーム終了のお知らせがくる頃に(1) (シリウスKC)
恋愛ハーレムゲーム終了のお知らせがくる頃に(1) (シリウスKC)
恋愛ハーレムゲーム終了のお知らせがくる頃に(1) (シリウスコミックス) Kindle版
isekai170405.jpg
『コミックウォーカー』連載、「異世界薬局」の1巻です。
現在4巻まで出ているラノベのコミカライズ。今や定番の異世界転生ものと「JIN -仁-」をくっつけたみたいなものとしたらわかりやすいか。ただしチート能力は「JIN -仁-」の比ではありません。

子供の頃、妹を脳腫瘍で亡くした辛い過去を持つ薬谷は薬学の道へ進んだ。大切な人を失わない為に新薬を開発して人々を救いたいからだ。その甲斐あって幾つかの新薬の開発に成功。今やその頭脳は世界のトップレベルまで昇り詰めていた…のですが、あまりの多忙ぶりにあっけなく過労死! 人のことを考えるあまり、自分の健康をおろそかにしていたとは皮肉だよねー。

けれど薬谷の人生はまだ終わっていなかった。サン・フルーヴ帝国という中世ヨーロッパ風な異世界に、宮廷薬師の息子・ファルマとして生まれ変わったのだ。この世界は「神術」という魔法みたいなものを使えるのが貴族の証ということで「水よ湧け」と念じたら洪水ほどの水が溢れ出てしまった。え? なんでこんな力を持ってんの? と思ったのはまだ序の口。
isekai170405-.jpg
砂糖や塩はもちろん、金までも化学式・構造式を知っていれば左手で創り出すことが出来るのだ! 反対に右手は何でも消滅させることが可能。つまり「神の左手 悪魔の右手」なんです。
isekai170405-1.jpg
更に左手を目にかざして人を視ると、その人の不具合な箇所が青く光って教えてくれる。しかもその症状が何なのか言い当てれば白色に変化して教えてくれるという、チート能力の限界を突破する便利ぶり。作品内ではこの能力を使って腰痛の母親や、水痘にかかった妹を救います。

この世界は神術はあっても科学力は皆無。呪術や占星術がまかり通っており、これでは治せるものも治せないとファルマは絶望。ならば自分がやるしかないという場面において皇帝陛下の病気に携わります。宮廷薬師である父親は占星盤を取り出して星の巡りがどうのこうの。その挙句、明日の夜がヤマと言い出したことにファルマは突っ込まずにいられなかった。誰もが諦める中、ファルマだけは解決策を探求し、そして原因を突き止めます。
isekai170405-2.jpg
新薬があると述べて陛下もこれに賭けることに。陛下としても皆が消極的になってる中でファルマだけは助ける気でいることに希望を見い出したのでしょう。けれどこの出過ぎた行為に父親が黙ってるわけがない…

薬学では結構 本格的な作品で専門用語がかなり登場。「俺 強えぇぇぇ!」的な要素なのでこの手が好きな人向けだと思います。
異世界薬局 (1) (MFC)
異世界薬局 (1) (MFC)
boku170403.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問9
中間テストで苦手科目を平均点以上 取らなければ唯我は教育係を解任される… これを知った緒方さんは最後まであきらめずに頑張り、目標点をクリアできました。ならば今度は古橋さんの番! ところが見ての通りに熱を出してそれどころではない状態。これというのも解任されると知って熱っぽいにも関わらず、いつも以上に勉強してしまったのがアダになってしまったようだ。これでは骨折り損のくたびれ儲け、元の木阿弥 そのものですな。

ともかく明日までに治すしかないってことで看病することにした唯我と うるか。放課後に古橋さんの豪邸に初めて訪れた唯我ですが…
boku170403-.jpg
一足早く来た うるかが古橋さんの汗を拭いていたラッキースケベに遭遇ですよ! この漫画はラブコメだけれどエロコメではありません。少なくとも前回までは! けれど今回こんなの見せられたから驚いたよ。へーこんな描写もするんだって。
唯我が食材を持って来たことから料理すると言い出したのは うるか。
boku170403-1.jpg
貴重なエプロンシーン! 日焼けしてない箇所がさりげなく見えるのがミソですね。水泳しか能がないと思われていたから料理なんて出来るのかと疑うのは当然。けれど意に反して手際よく調理し、唯我も驚く美味さに読者もビックリだ! まさかこんな一面があろうとは読者評価が上がったのは間違いないでしょう。

料理の効果か、ひと眠りした後は熱が下がったらしい古橋さん。唯我と話をし、以前教えてくれた件で数学の苦手意識がなくなったことを感謝します。緒方さんと違って答えが全くわからないことはないらしく、ある程度の期待が持てるようで何よりですね。
boku170403-2.jpg
ここでもう一度ラッキースケベかよ! 熱が下がったのはたくさん汗をかいたことが良かったみたい。でもそれによってブラが透けて見えてしまって目のやりどころに困る唯我。いやホント、今回のエロコメぶりはどうしちゃったの? ここに来て路線変更ですか? それとも古橋さんだからこそエロコメにしたってこと? たぶん後者だろうな。緒方さんはエロ路線じゃないから、その分が古橋さんに還元したと考えます。
boku170403-3.jpg
その結果、二人とも平均点以上取れて唯我は教育係を続行となりました。これに元 教育係の桐須先生は「天才を凡人に育てるなど愚の骨頂」と認めない様子。おいおい何 言ってんだよ! 前回も言ったけれどそれが出来なかったから教育係を下ろされたんじゃねーか。唯我はあんたが出来なかったことをやってるの! それを認めないとは俺があんたを認めねーよ!