タイトル内容よりも先に風都探偵アニメ化だってー!!

配信という方法ならば原作通りにアダルト面もやれないこともないな。問題は声優だけどオリジナル俳優はまぁ難しいと思うよ。少なくともメモリ音声の立木さんの参加は間違いなく決定でしょ。またこれを機に裏風都のガイアドライバーや新メモリの発売があるかもしれないね。

で、1971年4月3日に仮面ライダー1話が放送されて50周年となりましたー。当時 私もリアルタイムで観ていた世代なので感慨深い思いです。しかも曜日まで同じ(土曜日に放送)なのはデキ過ぎな気も。もっとも私が住んでいる愛知県での放送は1日遅れの4月4日だったのですがね。
rider210403.jpg
これがその当時の毎日新聞の番組欄。毎日放送製作なので普通ならば東京ではTBSが放送するものですが、ネット局のネジレによる「腸ねん転」によりNET(テレ朝)が放送してました。
番組名の前に「カラー」とあるのはカラー放送であるという表示。当時まだ一部ではモノクロ放送だったりしたのですよ。実際の所、我が家にカラーテレビが来たのは1970年頃だったと記憶してます。だからジャイアントロボはいまだにモノクロテレビで観た記憶が強いです。
rider210403-1.jpg
こちらは中日新聞の4月4日。同じく「腸ねん転」により名古屋テレビ(メ~テレ)での放送。東海テレビ(フジテレビ系列)では2時間アニメ番組が続いてました。
rider210403-2.jpg
また番組爛の下部にはサイズ一杯に広告が打たれてました。始まった当初はまだ変身ポーズは無かったけれど、藤岡さんの怪我を機に内容を明るくすると共に変身ポーズを取り入れたことで人気が爆発! 仮面ライダースナックや、ブリジストンのドレミ自転車の仮面ライダーとか商品化されました。

ちなみにライダーの放送前日の2日には帰ってきたウルトラマンの放送が始まってます。
rider210403-3.jpg
こちらは4月2日金曜日の毎日新聞。日本テレビでは8時からプロレス中継をやってました。猪木が出てますが新日でなければ全日でもなく、力道山が作った「日本プロレス」です。
uma210401-.jpg
『週刊ヤングジャンプ』連載、「ウマ娘シンデレラグレイ」の36R
10月。G1の天皇賞秋が開催するため東京レース場には多くの観客が詰め寄せていた。パドックに登場したのはオグリキャップ。この勝負服で観客の前に立つのは初めてであり、「カッコイイー」などと歓声が上がってます。そんな中に北原トレーナーが持って来た「カサマツの星 オグリキャップ」の応援幕を発見してニコリ。緊張はしてないようだ。
実況では「中央入りから負けなしの重賞6連勝中」と言ったことにブーイングをしてる人がいますよ?
uma210401-1.jpg
はい、カサマツの面々です。オグリはカサマツで8連勝してから中央入りしたものだから14連勝中。そのことを言えよという圧力です。あぁそういやかつて「カルトQ」というクイズ番組であったなぁ。競馬がテーマの回にて「オグリキャップの生涯着順を全て言え」という出題がされました。番組スタッフは当然 中央の成績を答えると思ったら、回答者は笠松時代からの成績から言い始めたものだからMCのうじきつよしを慌てされたことがあったんですよ。まだインターネットが無かった時代にこのような知識を身に付けていたのは相当な競馬ファンだったんだろうな。
uma210401-2.jpg
続いて登場したのは白い稲妻・タマモクロス。G1 2連勝で通算7連勝中だけに人気もトップ。年内無敗の二人が初めてぶつかることに藤井記者も興味津々な様子デス。
uma210401-3.jpg
次々と現れる出走者の中で何やら考えているのはロードロイヤル。毎日王冠ではレース前にシリウスシンボリの腕が当たって出血、発走除外となったけれど、手の内を明かしてないことがかえって好都合だと自信があるみたい。
こんなこと言ってるけど お前は逃げ馬なのだから鬼逃げ・爆逃げで逃げるだけってことになりそうな予感!

控室に戻ったオグリは珍しくタマモについて研究。「なんというか…アイツは違うんだ」と、その実力を認めてます。
uma210401-4.jpg
ろっぺいは私が勝てると思うか…?
勝てるかどうかじゃねぇ 勝つんだ
ターフに向かうオグリとタマモ。葦毛同士の頂上決戦がいよいよ始まります!

週刊ファミ通 2021年4月15日号 [雑誌]
fuuto210329.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の94話
一ヶ月ぶりの連載再開は新章突入から。その前にインタビューは琉兵衛役の寺田農さんでした。しかもミック役の「ブリちゃん」も登場とは驚きです。正直、よく生きてましたね。

洞窟で全裸の ときめ。なぜ・どうしてここに居るのか記憶がありません。出口に水着があったので身に付けて出てみれば…海岸でした。そこでは老人が絵を描いてます。
fuuto210329-.jpg
名前は出紋大騎。世捨て人か芸術家か、ともかく ときめを「誘拐」したのはこの出紋らしい。理想の女性に出会うと後先考えない性格で、口説いても断られたらここに連れて来るんだそうだ。
そこで記憶を取り戻した ときめ。この おっさんに口説かれて無視したら、不意によろめいて暗闇に飲まれたことを思い出す。何か毒を盛られた?

ここは出紋のプライベートビーチだそうで恐らく無人島。脱出する術は無さそうだ。
fuuto210329-1.jpg
幸い荷物はそのまま返してくれたのでスタッグフォンで周囲を撮影して、電波の届くところまで飛んで送信してと希望を託します。その希望は叶えられて翔太郎たちのもとに届いたはいいけれど、フィリップの「地球の本棚」で調べても場所がわからないと きたもんだ。まさか裏風都なのか? いや、裏風都では電波が全く届かないので違うだろう。
「その通り」
と不意に言葉を投げて来たのは万灯! 事務所にいつの間にか居ました。翔太郎は身構えるも戦いに来たのではないらしい。
fuuto210329-2.jpg
まさかの依頼人として登場デス。誘拐された ときめを救出して欲しいと。てことは今回は裏風都は全く無関係の事件な模様。何でも知っていそうな万灯でさえ知らないとは、出紋とは何者なんだ?
fuuto210329-3.jpg
はい、案の定 ドーパントでした。名前からしてデーモン・ドーパントというところか。ならばこの場所は能力を使って作った空間とも考えられ、見つけるのは容易ではないでしょうね。

風都探偵(10) (ビッグコミックス) 30日発売
railgun210328.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第132話
常盤台に超能力者(レベル5)が初めて誕生したとあらば、三大派閥としても興味があるところ。入会したら派閥長よりも人気になってしまうかもしれないので ご遠慮いただきたいけれど、親しい仲になって損はしません。そこで三人の派閥長が美琴を巡って接触を試みます。それぞれ機会を伺っていたけれど、沙淡扇が先陣を切って話し掛けたので水鏡凪紗と支倉冷理も便乗。こうして三人が顔を合わせたわけですが、視線の火花がバチバチと弾けてるのがわかりますねー。

その中で美琴を強引に連れ出したのは支倉先輩。レベル5がいかほどなものか腕比べをしたいらしく、破棄された馬術ハードルを能力で貫くという勝負を挑みます。
railgun210328-.jpg
先ずは支倉先輩。ベアリングボールを筒に入れて撃ち出して見事に貫通。どうやら水流操作の能力らしく、水を爆発的に撃ち出すことでベアリングを押し出したようだ。
続いて美琴の番。ベアリングを手渡されて色々と思案します。
railgun210328-1.jpg
電圧ブーストして飛ばすのが無難か。だったら二本のレールをイメージしてレールに沿って地場を形成。
発生するローレンツ力に乗せてベアリングを飛ばせば…いけるんじゃない?

などと考えます。あぁここで初めてレールガンを撃つわけか!

すっごく馴染む、このやり方は私に合ってる…そんな気がするとして撃ったはいいけれど、
飛んだのは明後日の方向でしたー!
ベアリングは地面をえぐってモニュメントを破壊し、支倉先輩は吹っ飛んで地面をゴロゴロと回転する…
殺す気かあッ! 殺す気だろう!(ダチョウ倶楽部風に)
それよりもモニュメントを破壊してしまったことに二人は青ざめてスタコラ逃げ出すのでしたー。
railgun210328-2.jpg
戻った先輩は派閥の人に「負けた」と報告。試合に勝って勝負に負けた、総合して私の負けと思ってるようです。食蜂さんにも接触したいようだけど、逆に洗脳されて帰ってきかねないので断念するみたい。でも美琴にはマークを付けている。そのマークしている人物こそ…
railgun210328-3.jpg
モブ子(仮称)でした。正式な名前は潔斎雪紫さん。えー何て読むんだろ、せいさいゆきじ とでも言うのかな。しかも美琴と寮のルームメイト。てことは来年になって黒子が入学したら強制的に部屋を追い出されることが確定してしまってます。カワイソウ。

とある科学の超電磁砲T OFFICIAL VISUAL BOOK 3月27日発売
uma210325.jpg
『週刊ヤングジャンプ』連載、「ウマ娘シンデレラグレイ」の35R
前回タマモクロスにかかってきた電話は「おっちゃん」と呼ばれる人物が入院したことを知らせるものでした。点滴をしながら横たわる おっちゃんの手は痩せ細っており、その手を握ったタマモは何かしら秘めた決意をする。
…せやな それしかないな
実話においてタマモを生産した錦野牧場はタマモが活躍する前に倒産していることから、これを漫画的に表現したものなのでしょう。更に母親も亡くなってしまうのですが…さすがにここまで漫画化したら暗くなりすぎるのでやめた方がいいと思うぞ。

場所は変わって都内某所。天皇賞秋の出走ウマ娘の記者会見場には六平(むさか)とオグリが来てました。今までと違いG1は特別な勝負服で走ることになっている。その勝負服の初披露というわけだ。でもオグリは例によって世間知らず。オグリ自信も初めて見るってことは──六平がデザインしたってことなの!? だとしたらちょっと…
uma210325-.jpg
はい、アニメ・ゲームでお馴染みの服装がいまここに!
さすがに話題のオグリキャップ。重賞6連勝は中央タイ記録なだけあってマスコミもザワめきます。けれどそれ以上にカメラのフラッシュを浴びたのはタマモクロス! 現在G1 二連勝を含む7連勝中で、シンボリルドルフさえ成し得なかった史上初の天皇賞春夏 連覇がかかっているのだから人気が集中するのは無理もない。

しかも関西出身だけに話術も得意なようでマスコミを沸かせます。これを見ていたダイナムヒロインは「一瞬で場を支配する 異才」と評価。ただ走るだけが得意なウマ娘じゃないってことですね。

それぞれのウマ娘がレースに向けて抱負を述べる中、オグリは大きく出ます。
uma210325-1.jpg
日本の頂点…いや 天下を獲る!
握っているのは北原トレーナーの手作りの人形。二人で頂点を目指すと誓ったことを忘れないためにも持って来たようです。とはいえ「現在最強のウマ娘」であるタマモの前でこれを言うかね? まぁ普段から何を考えているのかわからないオグリだけに、後先何も考えてないんでしょうけど。
uma210325-2.jpg
そのタマモはタマモでこれまた大きくぶちまけた。天皇賞秋・ジャパンカップ・有馬記念の、秋のG1の3つ全てを獲ると言い放つ。あぁこれが「おっちゃん」の手を握りながら決意したことなんだろうな。でも華奢な身体でG1 3連投はさすがにキツイでしょう。史実がそれを証明してます。そこのところを漫画でどのように表現するかが腕の見せ所でありますな。
uma210325-3.jpg
オグリは氷の微笑を感じ取ってゾワッとするも、「紛れもない本物と戦えるG1レース」だとして、むしろ歓迎な様子。こうしてオグリ初のG1レースを迎えることになるのでした。
shiden210322.jpg
『イブニング』連載、「紫電改343」の第16話
昭和20年2月19日、アメリカ海兵隊3万人が硫黄島に上陸。しかし想定以上の反撃に遭い支援を再要請するも、主力は来るべき沖縄戦に向けられており増援不可と回答した…
知っての通りに硫黄島は日本人死者よりもアメリカ人死者の方が上回るという激戦地となりました。これというのも地下に17キロもの地下道を掘ってのゲリラ戦が大きくものを言うわけですね。
ところで硫黄島は自衛隊基地などがあって未だに民間人の立ち入りが禁止されてるのですが、その原因の一つが「夜中にマジで出る」とか。だって死者多数ですし。

空母ホーネットの甲板では若い隊員が浮かれて会話する中で、ジェームス・J・サザーランド中佐が諭すように自分が撃墜されたことを語り始めた。
1942年8月7日、日本はガダルカナル島攻撃を行いジェームスは応戦するも被弾してパラシュートで脱出。そこを零戦の機銃に狙われたというのが上の画像です。けれどそのパイロットは撃たなかった! もし撃っていれば俺は確実に死んでいた──
shiden210322-.jpg
だからジェームスは楽勝ムードな隊員たちを戒める。
日本には骨のある凄腕のサムライがまだまだいる
侮らん方がいいぞ


で、この話にはまだ続きがあります。その「撃たなかったサムライ」こそ坂井三郎であり、坂井はこの後の戦闘で被弾・負傷して命からがら帰還します。死ななかったのはジェームスの命を助けたからかもしれませんよ?

またこの空戦はCG映像にもなってるのでご覧ください。漫画とは多少違いますが。

一方、343ではその坂井が精神注入棒を持って若いパイロットのケツ叩きをしてます。
shiden210322-1.jpg
叩く理由が着陸時の機体姿勢が美しくないというのは難癖としか思えません。それを止めたのは杉田庄一。坂井より7歳も年下で階級も下だけど、何かと若い者を未熟者(ジャク)と呼んで暴力を振るう坂井の行動に批判的でした。
shiden210322-2.jpg
真っ向と文句を言い放つ! これよこれ! 343は3月19日に大戦果を上げるのですが、3月下旬にはこの二人の確執が修復不可能にまで発展するイベント?が待ってます。杉田は三人の隊長よりも、というか343飛行隊 全員ひっくるめて誰よりも撃墜数が多いのですよ。だからこそ多少のことは多く言えるわけですね。

険悪になる二人を戒めて介入した鴛淵は、源田の通達として木箱を全員に配り始めました。
shiden210322-3.jpg
俺達の遺骨箱だよ
まぁオーバーな言い方ですがいつ死ぬか分からない身。その日のために爪とか髪とか入れておけということでしょう。杉田の場合、全く意味を成さないことになるのですが…

紫電改343(2) (イブニングKC) 3月23日発売
kinsho210316.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の157話
爆発によって天草式を一掃せんとしたアックアですが、しっかり想定済みだったらしく防御で対応。逆にアックアの周囲にワイヤーを張りましたよ? 無論 難なくワイヤーを切断するのですが、これこそが天草式の狙いでした。
 殺したな ワタシをコロしたな──
突如 術式が発動してアックアを攻撃し始めた。この隠れた術式の正体は『殺人に対する罰』。ワイヤーを一個人の生命線と再定義して、それを破壊した者に罰を与える術式なのです。どんな文化圏の防御術式を使っても防ぐことはできない負の怨嗟を意味してると五和は鼓舞するも、アックアはその上をいく。
kinsho210316-.jpg
アックアの属性は『神の力(ガブリエル)』。聖母崇拝の秘儀を行使できるというもので、『厳罰に対する減衰』が可能。つまり『殺人に対する罰』の威力を弱めることができるので、アックアは何らダメージを負わないというわけだ。
が、この解説を聞くことなく天草式は全員消えてました。
kinsho210316-1.jpg
それは逃げたのではなく態勢を立て直すため。現に「本命に持ち込むしかねーのよ」と建宮はまだ戦う気満々。しかも槍を持つ五和が起点となるようだ。
そこにアックアが水の魔術を使って追ってきました。天草式は集団で攻撃するも、モブじゃ敵うハズもなし(笑)。次第に五和は追い詰められて危うしという場面にソレは起きた。
kinsho210316-2.jpg
水面を高速で移動していたアックアが急に足を取られたのだ。漫画ではここの説明が全てカットされているけど、五和への攻撃による衝撃が足元のスクリーンを裂いていた。五和はこれを利用して妨害術式を組んだということ。天草式は日用品から魔術的記号を回収し再構築して術式を組み上げるからこそ、これが出来たというわけだ。

アックアに成す術がなかった天草式にとって今こそが最大のチャンス! 全員によって術式を組み上げ、五和の槍の一点に集中される。
kinsho210316-3.jpg
これぞ天草式だけの秘奥儀 聖人崩し!!!
果たしてアックアに通じるのか!?