majin170620.jpg
『月刊ヤングマガジン』連載、「マジンガーZ インターバルピース」の2話

『マジンガーZ』新作映画、あの曲が復活…アニキ・水木一郎が帰ってくる!
『劇場版マジンガーZ(仮題)』の特報映像と一部情報が解禁されました。映像にはガラダK7、ジェットスクランダーを装着して光子力ビームを放つZ、首が吹っ飛ぶダブラスM2などが登場。スピーディーな動きでいかにも現代的ですな。平和が訪れて10年後、甲児は科学者になっているそうで、それは当漫画に似てますね。いや、当漫画はこの映画を原案にして作られてるのかもしれません。

さて、平和になってマジンガーの必要性を問う内容に、前回少なからず意見をいただきました。多くは かつてないほどの真面目な展開に好感が持てるといったところです。今回もそうで、登場人物はほぼ さやかと弓教授の二人のみ。二人の会話だけでまるまる1話を使ったといっても過言ではありません。情報量が多いために冒頭の展開を箇条書きにしますね。

・国連で弓教授は光子力の平和利用を提唱。そのためなら光子力およびZ合金に関する特許約12万件を無償で提供すると発表。ちなみに光子力は安全無公害で驚異的なパワーを持っており、新たなインフラ「光子力ネットワーク」の構築を目指したいらしい。まるでOVA「ジャイアントロボ」のシズマドライブのようだ。
・光子力研究所の周辺は原作・アニメでは森林ばかりでしたが、この時代では整備が進んで立派な都市になってます。「光子力ネットワーク」を構築するための実験区域で、電力は光子力によるもの。

その都市にある高級レストランを貸し切りにして食事するのは今や研究所の主席研究員となった弓さやかと、父親であり所長の弓弦之介教授。さやかと兜甲児は恋人としての関係が続いているようで ひと安心です。ヤムチャとブルマみたいに知らないところで別れてたなんてこと、して欲しくないからね。

父親である弓教授は二人の進展具合も訊きたかったけれど、話したくないようなので仕方ない。そこで本題に切り込みます。与党からの参議院選の出馬要請があった。しかも将来は首相就任を視野に入れてるんだそうだ。始めは茶化す さやかだけれど、冗談を交えないことから「マヂ」なことを確認。ならば研究所はどうするの? と訊いたところ
majin170620-.jpg
さやかに所長を頼みたいと!
即答でNOを突きつけた さやか。光子力ネットワークのプロジェクトリーダーを務めており、まだ始めたばかりなので離れたくないらしい。そこでもって突如停電! 光子力ネットワークの実験区域なだけにトラブルは仕方ないかもしれないけれど、先行きの不安は否めませんね。

さやかはプロジェクトリーダーだけに すぐさま携帯に連絡が来てトラブルシューティングを開始。弓教授はこの停電を滞りなく収束できたらこの話は諦めると告げ、さやかは目を輝かせて了承する!
majin170620-1.jpg
本当なら研究所に戻りたいけれど停電で手段がないことから手持ちの電子器具をフル活用。"電子の要塞"を築城させて忙しく対処します。けれど事態は芳しくなく時間はただ過ぎていく…。何時間もかければそりゃ直るかもしれないが、それでは「滞りなく収束できた」とは言えません。第一、迷惑をかけてる市民に申し訳が立ちませんしね。

そのため食事が冷めてしまった。そこで給仕が「一度お下げして温め直します」と言ったことが思わぬヒントとなります。それは管理システムの予備機の稼働。管理者権限でリモートで動かして、残りのテストをこちらで受け持てば時間が節約できるからだ。でも今ここでやると一般回線を使うことになり、セキュリティ上 危険すぎる。それでも使おうとする姿勢に弓教授は口を出そうとしたところ、さやかは選挙の出馬要請をした官房副長官に突然電話。
majin170620-2.jpg
安全な専用回線を貸して欲しいと要請します。そして その代償として父親の出馬を前向きに検討することを約束するのでした。さやかは出馬することに乗り気ではなかったけれど背に腹は代えられません。いや、父親から言われたことがシャクなので、こちらから見送ってあげたという気持ちかもしれませんね。

このような努力が実り、停電は約90分で解決。教授からも一定の評価をもらいます。ならば所長要請は白紙に? いえ、ここで教授の言葉が さやかの心に突き刺さります。
majin170620-3.jpg
やりたいことと やれることは違う
今の時代はやりたいことよりも やれることを優先する人間が必要だ

それが弓教授にとっては政治家になること。光子力ネットワークの構築を目指すならば科学者のままでいるよりは、政治家として推し進めることが確実な手段だからだ。
我々の研究所だけは── お前に託したい
我々とはZやグレートを創った兜十蔵博士・兜剣造博士を含めてのこと。この二人は甲児・鉄也を育てて未来を託しました。そのように、弓教授は光子力研究所を さやかに託したいのです。
その意を酌んだ さやかは渋々ながら了承。ただし婚期が遅れることを覚悟してねと釘を刺すことは忘れませんでした(笑)
boku170619.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問19
ちょっとちょっと! さっきBS朝日の「必殺仕事人5」で、キン肉マンが登場する話やってたー。当時見たなぁ。アニメ放送は日本テレビだったのにテレ朝でコレをやっていいのかと思ったりしてたよ。

前回、緒方さんと うるかの成績が落ちた理由を古橋さんに訊く唯我。その古橋さんは「二人とも唯我のことが好き」と思っているようだ。うるかはともかく緒方さんはまだ微妙な段階なことから、この考えの違いが今後の展開に影響してくるかもね。
で、古橋さんは「向こうの気持ちも察してあげて」とアドバイス。これがまた誤解を招くことに…

さて、うるかは例によって水泳部の二人と唯我について話してた。今回「海っち 川っち」と あだ名が判明です。キスした人が居たのは間違いないけれど、現在 付き合っているかは不明のまま。だったら力ずくでアンタに夢中にさせればいいと、第10話に続いて二人のアドバイスで再度アタックする展開へ!
boku170619-.jpg
これが 海っち川っちが勧める唯我攻略法!
第2ボタンまで開けて胸元を見せ、スカートは3cm詰めて超ミニだ。セクシー路線で唯我を落とそうというわけですな。けれど唯我は古橋さんのアドバイスから「距離が近すぎた」と考えていた。つまりセクシーを売りにして接近しようとする うるかに対して、距離を取って離れようとする唯我との攻防戦が繰り広げられることに! この光景を目撃したサラリーマンは殺伐とした雰囲気にそりゃ驚くだろうなぁ。

神社に来た二人は「学業成就」と「恋愛成就」を願って参拝。折しも急な雨で境内で休むことにします。
boku170619-1.jpg
そこで寝てしまう うるか。いや、これも二人のアドバイスによるもので、無防備になってる姿に「これで落ちない男子はいない」そうだ。その通りに胸元に目がいってしまいドキドキの唯我。また うるかにしても恥ずかしくて目を開けていられない。そしたら唯我が触ってきたよ? 更にペロッと舐められて「さすがに大胆すぎる」とドキドキだ。これ以上な事されたら…と思って跳び起きるわけですが…
boku170619-2.jpg
猫でしたーというオチ。そりゃそうだろ。さすがに舐めるのはちょっと、ね。
帰り道、今さらながら胸元が開いてることを注意する唯我。胸が高鳴ってることを うるかも気が付きます。
boku170619-3.jpg
「好きな奴の前以外ではやめとけ」と言われて「そうするね」と うるか。返事したのに依然として隠さないことを注意する唯我だけれど、そこは気が付いて欲しいね。好きな人の前だからそのままにしてるってことをね!
mahou170617.jpg
今日から公開の「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」を観てきましたー。舞台挨拶の中継ありのやつでして、深雪役の早見沙織さんを初めて拝見しましたがキレイな人なんですねー。つーか、地声が深雪そのまんまでした。しかも若干 天然気味というのがイイ! 

上の画像は一週目の入場者特典の小説「美少女魔法戦士プラズマリーナ」。スターズ最強の魔法師であり、映画にも登場するリーナが戦略魔法師になった時の事件が描かれる内容です。

で、なるべくネタばれしないようにするつもりですけど少なからず書いてしまうことを先にお断りしますね。
全く事前情報無しで鑑賞。ポスターや予告からしてリーナと戦うかと思ったら違いました。むしろ共闘。いや、リーナが付き合わされた格好か。舞台挨拶にて「水着が早めに出る」と聞いていたけどホントに割と早く水着シーンが登場。雫は控え目な性格なのに水着の面積が少ないことに驚きだよ。って、雫は本当に金持ちの家の子なんだなと思い知らされますよ。

・ココアちゃんかわいいー(ハートマーク)
・入浴シーンそれなり長め。美月の巨乳ぶりに雫が卑下して背を向けるところも かわいいー。もちろん至る所で湯気で隠してますが、ビーチクを元から描いてないことから「湯気する必要あるの?」と思ったり。よって円盤化したところで湯気が薄くなっても意味ないでしょう。
・真由美と摩利。同じ島に来ていたなんて都合良すぎ。真由美さんが本気になったら いかに怖いか思い知らされます。
・更に十文字も同じ場所に来ていたなんてホントに都合良すぎ! でもこの人のおかげでスターズ戦が安心して観られました。逆に言うならレオとエリカの活躍が消化不足です。あ、エリカは見どころあったわ。レオだけが消化不足だな。
・お兄さまの戦闘服はダースベーダー? その変形した姿は高速移動のためのものなのかしらん? 不意な変形なので失笑するところでした。
・立場的には敵対だけどリーナは性格がいいので男性受けするのは当然か。

観終えて「さすがです お兄さま」と誰もが思うことでしょう。日本を、しいては世界を救ったお兄さまの活躍を堪能してください。

・映画 中二病でも恋がしたい!の前売り券を買いました
mahou170617-.jpg
今日から発売なのでついでに購入。特典は描きおろしクリアファイル。全4種類あって欲しいのはモリサマーでしょ、多くの人なら! だから心の中で「出てこい出てこい」と思いながら袋を開けてみたら…
mahou170617-1.jpg
   よりによって凸守じゃねーかっ!
モリサマーとは真逆なペタンコぶりにガッカリだよ! もっとも一部の人には「それがいい」んでしょうけどね。
choujin170615.jpg
『ヤングガンガン』連載、「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」の3巻です。
異世界に来てしまった7人の『超人高校生』たちの活躍を描く物語。前回にて やがては国を作ろうと、この世界に本格的に干渉し始めました。圧政で民を苦しめている領主を討伐すべく、劣化ウラン弾やジュラルミンなど この世界にあり得ない兵器・装備で捕縛に成功したのが2巻のこと。詳細は↓をご覧ください。
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 2巻 文明を壊す戦いへ

こうして悪い領主を倒したはいいものの、帝国が事態を放っておくわけがない。やがて軍隊を引き連れて討伐に来るのは確実なことから、それまでに市民を統率しないと勝ち目がありません。そこで司が取り入れたのが宗教。超一流のイリュージョニストであるプリンス暁を「ゴッド暁」という神の使いに仕立てて、市民をまとめ上げようというのだ。
choujin170615-.jpg
何しろ暁は一晩で100万$を稼ぐイリュージョニスト。人体切断マジックなんて言うに及ばず、山でさえも瞬時に消してしまうので人々は大いに魅せ付けられる。それはすなわち暁を本当の神と思い始めた証であり、狙いはひとまず成功と言えそうだ。

また司は帝国の動向を探るべく、忍者 兼 ジャーナリストのシノブをギュスターヴ領に潜入させる。シノブはそこで狂気と暴力で市民を苦しめる女騎士と対立。情報を得るため あえて捕まってみたのですが…
choujin170615-1.jpg
意外にも女騎士は 表向きは従順でも裏ではレジスタンスの一員だった。「敵の敵は味方」ということから、シノブと共同歩調を歩むことになります。これは願ってもない事態ですね。情報を得るのは元より、市民を救えるのだから。そして何より美人さんだし(笑)
とまぁ今回こんな流れなんですけど
過去最高に露出が多いってどういうことなの?
choujin170615-2.jpg
これは冒頭の8ページカラーが女性陣の入浴シーンのみ! 読者サービスすぎるだろうよ。
choujin170615-3.jpg
右は暁と風呂に入る葵ちゃん。男(暁)と一緒でありながら隠すことなく堂々と見せてしまうとは アッパレというしかない!
また左は捕らえられてるシノブ。見るからに「くっ殺せ」なシーンですが、そもそもこうなると知りながらあえて捕まってます。つまりそれは身体に自信があるってことですよね?
今回はこんな具合に肌色多めになってるので読んでみてくださいな。
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! (2) (ヤングガンガンコミックス)
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! (2) (ヤングガンガンコミックス)
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 2巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)Kindle版
kumo170614.jpg
web漫画『ヤングエースUP』連載、「蜘蛛ですが、なにか?」の3巻です。
先週発売したものを今になってレビュー。1・2巻とやってきましたから3巻も当然やります。
2巻で白猿を捕食したはいいけれど、絶命する前に叫び声でマーキングをされてしまった蜘蛛子。これにより大量の猿が仲間の敵討ちのために押し寄せて、過去最大のピンチになってる状況から始まります。私としてもこの続きがどうなってしまうのか楽しみでなりませんでした!
kumo170614-.jpg
とにかく猿が厄介なんですよ。知性が高く、理詰めで確実に蜘蛛子を狙ってきます。しかも自分の存在が邪魔になってると判断したら躊躇することなく身を投げて自殺を図り、後の者に任せるという捨て身の戦法を取るので気が抜けません。
しかも白猿の上位種である巨猿が三匹もやって来た。身体が大きいだけに体力もあって蜘蛛子を大いに苦しめる。
kumo170614-1.jpg
一匹・二匹と何とか倒したはいいものの、最後の一匹が奇襲を仕掛けてかつてない重傷を負ってしまった! 意識が飛びそうなほどの激痛に見舞われるも、残った体力をフルに活かして蜘蛛子は薄氷の勝利を得たのでした。
いやこの戦いは3巻最大の見どころです。こうきたからこう戦うという組み立てが面白い。まぁこれはいつものことなんだけどね。

この戦いにより各ステイタスが大幅にアップ。その数多くのスキルで埋め尽くされてるコマもあって、本当に強くなってることが実感できます。途中からは下層を抜けて中間層へ登ろうとするのですが、ここが灼熱地獄ときたもんだ。
kumo170614-2.jpg
何しろ居るだけでHPが奪われ、魔物はマグマの中を平気で泳いでる。とてもじゃないけど太刀打ちできる環境じゃありません。でもここを抜けない限りは地上には永遠に戻れないわけであり、ここを克服していくのが後半のくだり。その鍵となるのが とあるスキルを得ることなんです。このスキルによって思いがけないことが起きたりするなど、ただ戦うばかりでないスキルUPの楽しさも実感してみてください。
蜘蛛ですが、なにか? (3) (角川コミックス・エース)
蜘蛛ですが、なにか? (3) (角川コミックス・エース)
蜘蛛ですが、なにか?(3) (角川コミックス・エース)Kindle版
kinsho170613.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の118話
無能力者集団「スキルアウト」を殲滅すべく敵地に降り立った一方通行と結標淡希。あわきんはスキルアウトの資金源を断つべく破壊しまくっていたけれど、そこにリーダーの駒場利徳が現れた! こりゃラッキー!とばかりに攻撃を仕掛けるも、動きが尋常じゃありません。こっちのテレポート攻撃よりも早く動き、数メートルも高くジャンプしている。明らかに生身の人間の成せる技ではありません。
kinsho170613-.jpg
そう、駒場の使っていたのは『発条包帯(ハードテーピング)』。超音波伸縮性の軍用特殊テーピングというもの。超わかりやすく説明すればパワードスーツの駆動装置だけを取り付けたと思ってください。肉体へのプロテクトが無いために身体への負担は相当なものらしいけれど、「無能力者が高位能力者と渡り合うために必要な覚悟」として承知の上でやってるようだ。
早急に決着をつけるとして必殺の蹴りを繰り出し、あわきんの身体は血肉と化した…ように見えたけれど実際には料理店の生ごみと入れ替わる格好で脱出してたとさ。
kinsho170613-1.jpg
その駒場は今度は一方通行と対戦。もちろん勝つ気満々の一方通行だけれど駒場だって対策はしていた。演算補助デバイスを無能にすべく電波攪乱のチャフを散布。デバイスが使えなくなった一方通行はたちまち不利に追い込まれる。銃を撃っても『発条包帯』によって逃げられ、弾丸は人工衛星からの監視を逃れるための布を破いただけ。

チェックメイト!と銃を撃った駒場。が、なぜか一方通行の"反射"の能力が働いて逆に重症に追い込まれる。どうして能力が使えるんだ? 実は布を破いたことで風が吹き込むようになり、電波を妨害していたチャフが除去されたので能力が使えるようになったのでした。
もう勝負は決しており、生かすも殺すも一方通行の気分次第。そこで駒場から驚きの事実を聞かされる。
kinsho170613-2.jpg
能力者には無能力者に暴力を振るう醜い人間も居ることを! ヤツらの間では「無害な無能力者」を競って襲うゲームが流行っているそうで、駒場たちスキルアウトはこういうヤツらに抗うために活動をしていたのだ。
これに少なからずショックを受けた一方通行。スキルアウトは将来、レベル1か2ほどの 打ち止めのような者を襲うだろうと勝手に解釈していたからだ。駒場の携帯を見れば幼い子と写っている。駒場も この子を守るために戦っていたのだと、同じような境遇だと知るのでした。
kinsho170613-3.jpg
最後に良い物を見せてもらったとして引き金を引いて躯と化した駒場。こうして暗部組織「グループ」の一員としての初仕事を終えたわけですが、これから単独でサービス残業をするそうです。「無能力者襲撃要注意人物」へのきつーーい お仕置きという残業がね!
これで『禁書目録SS』の全3話のうちの2話が終了。来月号からは最後の1話、美鈴さんの救出・防衛の話になるわけですな。
boku170612.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問18
唯我の努力が実り、三人の成績は着実に伸ばしていると学園長はご満悦。これには唯我もニヤついちゃいます。「特別VIP推薦」枠を解除されずに済みますから。ちなみに冒頭で緒方さんが訊いていた「私」と「K」が出てくる文学は夏目漱石の「こゝろ」です。
そのニヤついた顔を見て小林から「あの3人の誰かと付き合ってんの?」と訊かれて動揺。更に大森から「キスの一つや二つ」と問われて沈黙。キスしたことをあからさまに肯定してしまったことで事態は思わぬ方向に!

大森が泣きながら「唯我がキスした」ことを触れ回ったものだから瞬く間に校内に浸透。当然ながら うるかも知ることになりました。
boku170612-.jpg
涙する うるか…読者としても辛いです。何しろ唯我本人にキスしたことを確認したのですから。
この胸の内を古橋さんに話します。ただし「友達」の話として。
boku170612-1.jpg
でもどう聞いたって これは うるかと唯我の話なことがバレバレ。つーか、古橋さんは うるかが唯我を好いてることを全く知らなかったの? 水泳部員はとっくにお見通しだったというのに。あ、あの二人は中学時代から一緒だったから知ってたのか。

そこで古橋さんはキスの経験はともかく、いま恋人が居るとは限らないとして諦める必要はないと説得。これに希望を抱いた うるかは気を取り戻すのですが、校内に広まった唯我の彼女の噂に背ビレ尾ビレががついてスゴイことに。うるかは真に受けて再び落ち込んでしまいます。しかも今回は緒方さんも おかしいよ? 明らかに動揺してる姿に「まさか?」と思う古橋さんデス。
boku170612-3.jpg
でもその「まさか?」は本当だった!? 小テストで再び1ケタの点数に戻ってしまった うるかと緒方さん。唯我の彼女の件で点が落ちたのは明白で、しかも古橋さんは「唯我の彼女は緒方さん」だと脳内で保管してしまいます。
三者三様の思惑の違いで人間関係は複雑化。いったいどーなってしまうのか?
ぼくたちは勉強ができない 1 (ジャンプコミックス)
ぼくたちは勉強ができない 1 (ジャンプコミックス)
ぼくたちは勉強ができない 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版