boku180903.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問77
前回のサブタイトルが「ゆく[x]の流れは絶えずして…」
今回のサブタイトルが「時によどみのうたかたは かつ消え かつ結びて [x] にとどまる」
これって日本三大随筆の一つ「方丈記」を引用してるってわかりました? 方丈記の正式な書き出しは
  ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず
  よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて久しくとどまりたるためしなし


これを現代訳するとこうです。
  流れゆく川の流れは絶えることなくて、それでいて、もとの水ではない
  よどみに浮かぶ水泡は、一方では消え、一方では出来て、長い間とどまっている例はない


つまり何だ、うるかの心中を詠んだ詩であり
時は絶えることなく流れており、いつまでも同じ状態でいられるわけでない
といった意味合いなんでしょう。きっと。

昼食の時間でありながら英単語のカードで勉強してる うるか。留学すると決めた気持ちの表れだ。留学する件は先生以外は知らないと思ってるけど、川瀬と海原は立ち聞きしたので承知してます。その上でズバリ訊いた。
  唯我君に告白しないの?
これに「しない…かな」と答えます。告白の結果がどうあろうが留学する気持ちは変わらない。どのみち離ればなれになるのだから、これ以上 好きにならないよう距離を置くつもりらしい。

そこに唯我が うるかの志望する大学のキャンパス見学を誘ってきた。学校を見学しても交換留学ですぐ旅立ってしまうのだから、あまり意味は無いと思われるもOKした うるか。下手に断ったら何かあるのかと問い詰められる可能性があると思ったからじゃないかな。
boku180903-.jpg
その見学日、うるかは女の子らしい服装じゃなくジャージで参上。唯我との距離をとるため、身の回りから行動したということか。
大学では各施設を見て大はしゃぎ。更に学食も安いとあって「サイコーじゃん」と気分は上々。
boku180903-1.jpg
そこに唯我が梨を差し出して「あーん」としたところで、浮ついた気持ちに気が付いて拒否! その後、このやりとりがしばらく続いたので周囲の大学生からニヤニヤされちゃいます。

外に出てみればカップルが多いことに気が付いた。だから唯我も うるかと進展した関係を想像してしまい赤くなる。
boku180903-3.jpg
けれど うるかの気持ちは全くの逆でした─
唯我と恋仲になったとしても離ればなれになってしまうのは間違いない。だったら好きにならなきゃいいと距離を置こうとするも、完全にそれが出来ないのがもどかしい。そんな切ない気分の表情なんだろうね…
ぼくたちは勉強ができない 8 (ジャンプコミックス)
ぼくたちは勉強ができない 8 (ジャンプコミックス)
ぼくたちは勉強ができない 8 (ジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版
rider180902.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の4話
先月休みだったので二ヵ月ぶり。それはそうと「ジオウ」1話観ました。あの歳になって「王様になりたい」って口にするのは中二病と思われても仕方ないでしょ。もっとも何故そう思うようになったのか過去に理由があるかもね。オーズのアンク役だった三浦涼介氏が事務所独立したことで、ジオウへの出演は何か影響あるかもしれません。
三浦涼介が事務所退社 10年に仮面ライダーで注目

ショッカー戦闘員と怪人が出現したことで、丹三郎とユリコ(初めて岡田ユリコだと判明)はファミレスで会食。40にもなってお面を被って「仮面ライダー」と名乗ることにユリコは相変わらず否定的だけど、「どんな子供より俺の心は「仮面ライダー」だ」と意に介さない。そりゃそーだ、何歳だろうと好きなものは好き。口を挟んで欲しくないね!

二人とも「あれは間違いなくショッカーだった」と本能的に感じ取っていた。今後、情報交換のためにラインをすることで落ち着きます。そこに加わったのはファミレスの店長。なんで?
rider180902-.jpg
この店長、子供の頃に兄とショッカーを見たことがあるらしく、「ショッカーは存在する」と思い続けてきた。そこにライダーのお面とタックルの格好をした二人が入店したことから仲間だと感じたようだ。
でも女性店員が注意したことからロクに話をしないまま終了。その店員、実は店長と付き合ってるそうで、ユリコが美人だったことからヤキモチをやいたとのこと。別れ際、店長はこう言い残します。
 ショッカーはかなりの数 人間の中に紛れています
まさかこれが翌日になってイキナリ証明されようとは!

放課後、ユリコは女生徒に体育倉庫に連れて行かれる。その生徒はメガネを外して髪を結ったら、あの女性店員でした。どうやらユリコが店長のことを好きになったと勘違いしてるらしく、ヤキを入れるつもりらしい。でもどうやって?
rider180902-1.jpg
     彼女はショッカー戦闘員でした!
ショッカーについて熱弁してる店長が好きになってしまい、好意をを持ってる(と思われる)女は全員ボコボコにしてきたという。そりゃショッカーなんだから強くて当たり前。つーか、学生でありながらショッカーやってるとはどういう生い立ちなんだろう。
でもそれは女生徒にしたってユリコが何者か分かってませんでした。まさかタックルだったとは!
rider180902-2.jpg
こうして始まった女性同士の戦い。生徒は力が強く、直線的な攻撃には強い。でも技を絡めるとなるとユリコが上。一本背負いの体勢から抱え上げての脳天落としというエグイ技で勝利します。
その後、丹三郎を呼び出して女生徒を おんぶさせてファミレスに。店長へ届けます。
rider180902-3.jpg
まさか彼女がショッカーだったことに驚く店長。前回、戦闘員は秘密保持のために怪人に殺されたけれど、今回は生きていることからようやく情報が掴めるかもしれません。
senchi180901.jpg
9月1日配信のツイキャス「帰ってきたセンチメンタルナイト20」vol.8において色々なことが発表されました。
先ずは2019年1月19日(土)のイベント会場が
 東京 一ツ橋ホールで開催決定! 公演は昼と夜の2回やります
この後、センチ20周年において
キャラデザの甲斐智久氏、シナリオの大倉らいた氏、音楽の濱田智之氏、プロデューサーの多部田俊雄氏
からのコメントを発表。

そしてクラウドファンディングの商品を発表。イベントに参加できる人向けと、参加できない人向けに分けられます。
senchi180901-.jpg
・イベントチケット(「ぴあ」とかではなく、ここで販売するようです)
・甲斐先生描き下ろしイラストのクリアファイル(既に発表した えみる・ほのか・晶だけでなく全キャラと思われます)
・20周年記念Tシャツ
・マフラータオル
・せつなさブレード(色が切り替わるライト)
・20周年記念CD

この20周年記念CDにおいて音楽の濱田智之氏と電話し、当時作りながら未発表だった曲「再会」の収録が決定! 約18年間お蔵入りしていた唄がようやく日の目を見るようです!

そしてプロデューサーだった多部田俊雄氏から追加のコメントがあって大騒ぎ。
センチ2にて死んだとされていた主人公は死んでなかった!
と正式発表されました。工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

じゃあこの葬式はいったい誰なんだよ!? と誰もが思うけれど、プロデューサーが直々に「死んでない」としたのだから死んでないんですよ。何でも映像の中にヒントがあるようなことを言ってたけれど見た限りそのようなものは…。ひょっとして拾った手紙なのかな?
shin180831.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第43話
プーチャンの仕掛けたハニートラップには引っ掛からず、自らモスクワに赴いた江田島。サッコを"ダシ"に使ったことに怒りが収まらないからだ。あのー、その小さなヘリコプターで日本からモスクワまで飛ぶのは絶対無理だと思うんだけど、例によって精神論で飛ばしたんでしょうね。

もっともプーチャンからすれば 飛んで火にいる何とやら。そのクソ度胸にふさわしい歓迎会をしてやると、道場に通されます。
shin180831-.jpg
道場に着くまでの間に部下から聞かされたのは、プーチャンは天才的頭脳だけでなく驚異的な戦闘力も秘めているとのこと。過去に日本に武術留学をし、柔道の神と呼ばれた嘉納惣五郎から直接指導を受け、外国人唯一の皆伝者として認められたという。
はい、嘉納惣五郎の部分は作者の創作ですが、プーチンが柔道を習って黒帯であることは事実。詳細は下記をご覧ください。そこいらの日本人より遥かに礼節をわきまえてることがわかります。
黒帯プーチンが規律と礼節を学んだ「柔の道」 「日本に感謝している」…ロシアでは教科書に

通された道場は四方の壁に棘(とげ)が くまなく取り付けられていた。逃げようにも密室状態なので脱出不可能。ここでどちらかが敗北を認めるまで柔道で勝負するというのだ。
shin180831-1.jpg
プーチャンが勝てば江田島の肉体を軍事兵器として利用。では江田島が勝った場合、北方領土を返還しろと言ってきた。これを快諾したプーチャン。ブレジネフ書記長いわく、自信があるからだそうだ。この世のモノとは思えない超絶秘技を持ってるらしい。それより赤の広場にこの模様を中継させろ、国威高揚になるからと、書記長もしたたかさがありますね。

肝心の試合ですが黒帯だけにプーチャン有利。江田島が投げようにも簡単にはいきません。逆に投げられて壁に激突。棘が刺さって大ダメージを食らってしまう。もちろんこの一撃だけでギブアップするタマでない江田島。逆に笑い出しましたよ!?
shin180831-2.jpg
馬鹿者 供めが… ここまで追っかけて来おったか…!!
?何を言ってるのかわかりませんでしたがすぐに判明。赤の広場にコイツらが来ていたのです。
shin180831-3.jpg
それは枢斬暗屯子をリーダーとした塾生が大鐘音を奏でてました。いったいどうやってモスクワまで来たのか大いに疑問だけれども、江田島を勇気づけるにはこの上ない応援でしょう!
neet180829.jpg
『コミックヴァルキリーWEB版』連載、「ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた」の1巻です。
例によって「小説家になろう」連載作のコミカライズ。書籍は現在9巻まで出てます。2013年から掲載してるので"満を持して"のコミカライズといったところでしょうか。

その日、神は迷っていた。箱庭世界 ラズグラドワールドを作ったけれど滅亡させるにはもったいないなぁ。でも勇者や適性のあるやつを探すのは面倒だし。せや! ハローワークに求人募集したろ。きっと誰か来るやろ。
ってなことで応募してきたのが山野マサル。ニートの23歳だ。「剣と魔法のファンタジー 箱庭世界 ラズグラドワールドのテストプレイ。長期間 泊り込みのできる方」とあり、てっきりゲームと思ってました。でもこれが実在した異世界だったというわけ。

いきなりラズグラドワールドに転送されたマサル。この世界は20年後には滅亡するのでそれまで生き延びろというのがクリア条件。ゲームではなく現実な世界なので死んだら本当に死ぬ。生き延びれば20年間の月給と、その他のオプション給料の全額を、元の時間に戻して進呈するというので「生き延びてやる」と決意したのが上の画像になります。

先ずは野ウサギ狩りから腕試ししたはいいけれど、いきなり何十匹も出現したのでやられてしまいます。
neet180829-.jpg
そこで登場するのが右のアンジェラ。神官で回復魔法を使えるので治してもらいました。マサルの理解者となる人物です。
左は冒険者の手続きを取る際に登場したティリカ。真偽官という役職で「魔眼」を持っており、嘘を見破る能力を持ってます。この子の前では決して嘘をつけませんよ。

野ウサギに殺されかけたマサルは「野ウサギ君」という不名誉な名前で呼ばれていた。けれど一週間もの厳しい特訓(強制的だけどね)を受けた後はまるで別人。『野ウサギ5匹の討伐』という依頼に、57匹も狩ってきました。
neet180829-1.jpg
これによりマサルの称号は「野ウサギハンター」となり、一目置かれるようになったとさ。まぁ微妙な称号だけどね。
また回復魔法を覚えようとアンジェラに教えてもらい、練習がてら治療院の手伝いをすることになりました。「無料で回復させる」と触れ込んだものだから人が来るわ来るわ大変なことに。

でもそこで思い切り現実の厳しさを知らされるマサル。その子は貧困の為に衰弱しきっており、いくら回復させても良くなりません。つまり確実に死を迎える間際だったのです。
neet180829-2.jpg
自分の至らなさに涙するマサルでしたが、アンジェラは「マサルがいたから救われた人がいる」として決して無駄じゃないと伝えます。こういうこと言われちゃ惚れてしまうのは当然でしょうよ!

終盤になって魔族の大移動が目撃されたことから、複数の冒険者で調査に行くことになりました。マサルはメイジ(魔法使い)として参加したところ、同じくメイジのエリザベスから目の敵にされてしまいます。メイジは誇り高い存在なのに、マサルは全然なってないからだ。
neet180829-3.jpg
でも徐々に親しい仲になっていき、いつの間にかアンジェラと同等のヒロイン枠に。こりゃメインヒロインになってもおかしくなさそうだ。
ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた 1 (ヴァルキリーコミックス)
ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた 1 (ヴァルキリーコミックス)
ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた1 (ヴァルキリーコミックス)Kindle版
railgun180828.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第107話
先月が休載だったことから二ヶ月ぶり。話を忘れてしまった人は前回記事↓をご覧ください。
「とある科学の超電磁砲」 まさかの出来事が次々と! 新たなる敵は初春を狙う

冒頭は青星(鈴姉)の回想から。収監者たちの休み時間に嬉美と接触し、思いもしない話を打ち明けられた。右手に竜が宿ったというのだ。「凄まじいパワーだぜ」と自慢するも、信じ難い話に疑心暗鬼な青星です。
はい、竜とは当麻の右腕に宿っている(いた)8匹の竜のこと。大覇星祭編終盤に怪物と化した美琴を助けんと出現しました。連載時は1匹だったのにコミックスになって8匹に増えたんだよね。その画像は↓を参考ください。
【禁書】 「上条当麻」の腕の中にいる竜達は一体何なのか?

その内の1匹が逃げ出して? 嬉美に宿ったというのだから理由が知りたいよ。まさか「窮屈だったから」なんて理由じゃ納得できないね!
railgun180828-.jpg
また嬉美を脱獄させる役割分担にて、雷斧(らいふ)はハッカー以外の強者の剪定だったことが語られます。この画像から扶桑さんを眠らせたのはやはりコイツでしたか。その一方「保険として茶寮(さりょう)の知り合いを投入する」とあります。茶寮って釣鐘のことだよね? つまりフルネームは釣鐘茶寮というわけか。
railgun180828-1.jpg
その知り合いが忍者だと知らされてまたしても困惑する青星。竜といい忍者といい、この子たちは中二病じゃないかと思ってしまうのは無理からぬことなんだろう。でも実際ソレで脱獄しちゃったんだから「事実は小説より奇なり」そのまんまだな。
初春の情報を手に入れていよいよ四人が動きだします。

その初春はファミレスで美琴・佐天さんたちと会話中。優勝したことを二人して褒めるものだから初春もすっかりその気になってます。連れ戻しに来た黒子に大きな態度を見せるものの…
railgun180828-2.jpg
  やはり黒子には勝てなかったか!
やらなきゃ意味ないよ! と思っても、そういう役どころなんだからしょうがないね。うん。
その夜、連絡が途絶えた初春を心配して佐天さん、及び美琴・黒子が駆けつけた。
railgun180828-3.jpg
拉致したのは無論 四人なんだけど、その存在をまだ知らないのだから手掛かりを掴めるハズもない。いったい初春をどのように利用しようというのだ!?
とある魔術の禁書目録(インデックス)(21) (ガンガンコミックス) 9月21日発売
とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ2 (電撃コミックスNEXT) 9月27日発売
boku180827.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問76
重大発表とはやはりアニメ化決定とのこと。開始時期がまだなことから来春かと思ってたけど来夏と予想します。

国体で うるかが400m自由形で優勝! 朝礼にて全生徒から拍手を贈られてるのが上の画像です。
唯我が水泳雑誌を広げてみれば うるかが特集されており、改めてスゴイヤツだと実感。但し同級生の水着写真ということで、別の意味でドキドキしてるようだけど(笑)
boku180827-.jpg
その中に置いて「気になる理想の男性」について問われると「知的なメガネ男子」とのこと。無論 唯我を指してのことだけど、当の本人が気付かないのはお約束ですな。
一躍人気者となって人だかりが出来ているのを見て思い出すのは「泣くなら やれること全部やりきってから 思い切り泣くの」と言った、問42でのセリフ。それが今の うるかなんだろうなと思ってるんでしょう。
はい、その記事は↓を参考ください。
ぼくたちは勉強ができない 問42 水泳に懸けた、うるかの夏の大会

boku180827-1.jpg
スポーツ特待生を狙うにおいて水泳成績は もう申し分ありません。ならば後は勉強だけということで、うるかは自ら「バリバリしごいて」と やる気充分。このいつに無い やる気の姿勢に唯我は号泣だよ。
でもこのやりとりを遠くから寡黙に見つめていたのは川瀬と海原。二人は知っていたのだ。先ほど うるかが学園長室に呼び出された内容を。そして このやる気が別の意味に繋がっていることを──

それは留学の話。うるかの志望する大学と、海外の有名な水泳の名門大学は交換留学をしており、その大学から直々に留学を指名してきたとのこと。但しそうなると英語力は不可欠。規定以上の点数が必要だ。いったいどうするのかと思ったら、うるかは即決しました。
boku180827-2.jpg
やります! どこへだって行きます!
と迷いがありません。これは桐須先生から問63にて教えられた「そこに立てるのは才能ある者の特権」という言葉が支えになってるようです。はい、その問63は↓です。
ぼくたちは勉強ができない 問63 うるかにとって桐須先生は目指すべき存在かもね

けれど留学の件は唯我には黙っていて欲しいとの要望。そは最後の最後まで教育係して欲しいという気持ちがあるからです。
boku180827-3.jpg
つまり英語が上達するほど留学には有利だけど、留学してしまえば唯我とは離れ離れになってしまう。その皮肉な関係に川瀬と海原は ただ見守るしかありません。
ここに来て うるか離脱の可能性が浮上し、メインヒロインのバランスは大きく動くかもしれませんね。
ぼくたちは勉強ができない 8 (ジャンプコミックス)
ぼくたちは勉強ができない 8 (ジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版  共に9月4日発売