shin181123.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第49話
ホボ・マーレーの活躍でソ連の兵士たちは全員ラリって天国の中。それでもただ一人、正気なのは殺戮将軍と呼ばれたイワンだけだ。先の大戦においてドイツ兵を百人以上斬り殺したのが由来らしい。
なるほど、確かにナイフ捌きは得意らしい。でも江田島にとってはただのザコでしかありません。
shin181123-1.jpg
クサリを首に巻き付け宙吊りに。命が欲しくばソ連はキューバから手を引けと江田島は告げる。
ソ連もアメリカも関係ない だが核は全て破壊する
俺の男はそれを阻止する為に死ねと言っている!!

「天下無双 江田島平八伝」においてサッコが核爆弾で死亡したため、江田島はその復讐のため核ミサイルに乗ってアメリカ本土まで飛びました。しかし自由の女神の顔がサッコになって語り掛けたために思いとどまったことがありました。そのためにも「核は全て破壊する」という意思があるのですね。

でもこの言葉おかしくね? 「俺の男は──」って意味が通じないと思うのですが。「俺という男は」ならいいんじゃないかと。
shin181123-.jpg
一方、海岸で塾長たちの帰りを待っていた万丈丸たちに試練が。海軍特殊部隊のシールズが秘密裏に上陸し、ソ連の核ミサイルの隠し場所を教えろと脅迫してきました。シールズについて調べたら設立が1962年なのでセーフ。
もちろん白状するはずもなく、ならばとシールズたちの拷問が始まります。まずは全員が砂浜で首だけ出して生き埋めね。あぁ、例によって潮が満ちて水没するやつかと思ったら違いました。
shin181123-2.jpg
逆に潮が引いてピラニアガニと呼ばれる獰猛なカニが上陸。シールズたちではなく ピラニアガニが代理で拷問という格好です。全員 顔を強力なハサミではさまれ、それは地獄絵図そのもの。これを見ていたのはゲバラです。やつらの口はカニの甲羅より堅そうだと、男塾生たちの根性を克っている模様。
shin181123-3.jpg
そしてピンチを聞きつけ海岸に急ぐ江田島の気配を悟ります。名だたる革命家だけに野生の勘が働くのでしょう。場合によっては江田島との共闘が見られるかもしれないので楽しみだ。
arafo181121.jpg
『コミックウォーカー』連載、「アラフォー賢者の異世界生活日記」の1巻です。
お馴染み「小説家になろう」の連載作をコミカライズ。書籍は7巻も出てます。

人気VRRPG『ソード アンド ソーサリス』。このトッププレイヤー5人によるパーティーがラスボスを退治した…のはいいのだけれど、そのラスボスとは本物の邪神。太古の昔に勇者と女神が封印したものだったのだ。死ぬ直前に道連れだとして爆死し、それに巻き込まれたのが大迫聡。アラフォー無職のおっさんで、プレイヤー名 ゼロス・マリーンです。
女神は退治してくれたお礼と、死んでしまったお詫びとしてゲームデータをそのままに異世界に転生させてくれました。
arafo181121-.jpg
これがゼロスのステータス。レベル1879でHP・MPとも一千万台。職業スキル・身体スキル・魔法スキルなどほとんどがMAXです。だからちょっとした魔法でも虐殺レベル。獲物を捕らえようとしてもケシズミになってしまうから、注意深くレベルを抑えないといけない有り様です。

そんなゼロスが盗賊に襲われている馬車の一団に遭遇。圧倒的な魔法で勝利するのは当然だ。馬車に乗っていたのは元公爵と、魔導士見習いの少女 セレスティーナ。ティーナは魔導士の家系に産まれながら魔法を使えないと聞き、それは変だと魔導書を見れば欠陥品。それをたちまち書き直してみれば、ティーナは魔法がつかえるようになったよ!?
実はゼロス(大迫聡)は元 一流企業のプログラマーだったのだ。理数が得意だったことから魔法陣の仕組みがわかっていたようです。
arafo181121-1.jpg
魔法がスゴイばかりか魔導書を書き変えてしまうゼロスにティーナは惚れこみ、先生になってと願い出ます。こうしてゼロスは元公爵の家にご厄介になることに。一つ屋根の下に暮らすことになるのならトラブルは付き物。
arafo181121-2.jpg
このように湯浴みで見合わせる場面に出くわすのはお約束ってものです。
ともかくティーナの先生として暮らすようになったゼロス。時には厳しく、時には甘く「〇〇ができたらオリジナル魔法を教える」としてティーナを喜ばせる。この世界でオリジナル魔法の伝授は後継者の証を意味するのだそうで、それを聞いたら頑張らないわけにはいきませんからね。
arafo181121-3.jpg
よってこのような感情が芽生えてしまうのは無理もないか。アラフォーになってようやく人生の春を迎えることが出来るかどうかは読んで確かめてみよう。
アラフォー賢者の異世界生活日記 1 (MFC)
アラフォー賢者の異世界生活日記 1 (MFC)
アラフォー賢者の異世界生活日記 1 (MFC)Kindle版
dange181120.jpg
『ヤングマガジンサード』連載、「ダンゲロス1969」の2巻です。
「二丁拳銃(ちんことピストル)VS.女子小学生のおしっこ!!1969年、学生闘争、ぶっとび異能力バトル開幕!」というヤングマガジン編集部のアオリ通りに、下ネタ異能バトルが繰り広げられるトンデモ漫画。1巻のレビューは下記に。
ダンゲロス1969 1巻 パワーアップした下ネタ能力に君はついていけるか!?

前回からの続きだった、まるだし刑事の粘着質精液vsアトランティス鈴木の女子小学生のおしっこの戦い。おしっこを何に使うかと思ったら頭部を覆っての窒息でした。飲み干すか? いやこの量はちょっと無理。拳銃を取り上げられ大ピンチに陥る まるだし刑事。やぶれかぶれなのか粘着液を発射するもかわされる。いや、真の狙いは女子小学生の めぐみちゃんでした。
dange181120-.jpg
粘着質の精液で息ができない めぐみちゃんと、おしっこで息ができない まるだし刑事。書いてる私も恥ずかしいわ。鈴木は めぐみちゃんを助けたいため能力を解除してお縄につくことになりました。学生運動の過激派「革マジ」のリーダーである鈴木の逮捕によって、闘争は別段階を迎えることになっていきます。

一方、主人公・ユキミが所属してる「プロ魔連」にも動きが。1巻にて まるだし刑事の襲撃によって多数の死者を出した「魔人インター」のリーダー・白金が身を寄せてきたのだ。一致団結して公安警察を襲うというわけでない。死者を出した暴挙をマスコミにリークすれば世間は魔人側につくだろう。それは「プロ魔連」にも喜ばしいことなので、共同して虐殺した証拠集めをしようというのだ。
その目撃者である石動刑事を何とか説得して有利な証言を得ようとするのですが、オナホ刑事によって"息子"が人質状態に。不利なことを言えばオナホが動いて、死ぬまで絞りつくすと脅されていたのです。

そのオナホは能力によって絶対に取れない。ならば取れるような魔人と言ったら…「革マジ」の阿鼻狂華か。
dange181120-1.jpg
はい、その阿鼻狂華です。相手の喉に狙いをつけて「男性のイチモツ」を転移させ、窒息死を狙う恐怖の能力。こんなんが喉に詰まって窒息したら死んでも死にきれねーよ!

「革マジ」は新リーダーを小竹(表紙の子ね)に据え、逮捕された鈴木の奪還を狙う。護送車を襲撃したものの、それは罠でした。一斉に現れた魔人公安たち。この中には初登場となったゴリラ(本物のゴリラでありながら魔人能力者)とかラーメン刑事とかいます。
dange181120-2.jpg
そしてこれがオナホ刑事。オナホを操る魔人で、阿鼻狂華の能力が通じません。やはりち〇こじゃオナホには勝てないのか?
このように圧倒的不利に陥る「革マジ」のメンバー。けれどそこに現れたのが主人公でした。
dange181120-3.jpg
相手の魔人能力範囲を縮小・拡大させる能力によって、能力が使えなくなった魔人公安。さぁ一泡吹かせてやろうぜ!

尚、この漫画は二次創作フリーとなっており、漫画のコマを勝手に利用して商品化して構わないとのこと。だったら私は↓のコマを使おうか!
dange181120-4.jpg
食事中になぜか脱ぎ始めて開脚する芹沢清姫。このコマをTシャツにして売ってもいいのです。ただ、事情聴取を取られそうになる可能性は否定できない…
ダンゲロス1969(2) (ヤンマガKCスペシャル)
ダンゲロス1969(2) (ヤンマガKCスペシャル)
ダンゲロス1969(2) (ヤングマガジンコミックス)Kindle版
boku181119.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問88
夜10時前になって唯我から「デートしよう」と誘われた古橋さん。上のセンターカラーがデート先に向かっているところ。二人乗りじゃダメだろうと思うけれど、"道路を走ってる"ように見せてないからにはセーフでしょう。そういや「宙のまにまに」でもOPで二人乗りが問題になって、道路じゃないところを走ってるように変更したっけ。あれも天文の話だったからひょっとして意識して描いたのかな?

唯我が連れて来たところは星空をよく見渡せる場所でした。そこで星座を言いだしたことから驚く古橋さん。問39において旅館にお泊りした際、星空の話をしたことがきっかけで勉強したそうです。
boku181119-.jpg
古橋さんも負けじと専門的なことを語り出します。この漫画において今は10月頃だから10時を過ぎれば冬の星座の代表格であるオリオン座が出てくるハズ。私も以前は星座が好きで名古屋の科学館のプラネタリウムはそれなり行ってました。世界最大級となった現在のものになってからは一度しか行ってないけどね。

目を輝かせて話す古橋さんに唯我は「そういう話… 親父さんとは?」と訊いてみた。してないし 聞くわけがないと最初から諦めている模様に、「ちょっとだけ頑張ってみないか」と励まします。心から楽しそうに話している姿を見て俺は興味を持った。だからその気持ちで伝えれば親父さんにも伝わるハズだ!
boku181119-1.jpg
手を取り「全力で応援してる」と言われて赤くなる古橋さんデス!
そうまで言われちゃやってみるっきゃない。帰宅して零侍さんと対峙します。当初はやはり気後れしてしまうも、唯我の言葉を思い出して奮い立つ。そして語り出す星の話。
boku181119-2.jpg
その熱意を込めた話を聞いて、亡くなった妻・静流さんの面影が重なります。ならばその気持ちは酌まなければなるまい。そうでないと静流さんまで否定することになるからだ。けれど根本的な、理系の道を歩むことまで認めるわけにはいかない! 才能に恵まれながら活かされないことは損失だからだ。
boku181119-3.jpg
そこで古橋さんが取り出したのは静流さんのPC。お母さんに聞くという。ってことはパスワードを解析したってこと!? 入っていたのは数学の事ではなく、家族に宛てたメッセージってところかな。
ぼくたちは勉強ができない 9 (ジャンプコミックス) 12月4日発売
gaga181118.jpg
ドラマ10「トクサツガガガ」 スタジオセット特別公開(NHK名古屋)
『週刊ビッグコミックスピリッツ』に連載してる「トクサツガガガ」が現在、NHK名古屋で連続ドラマを撮影中。来年1月18日から放送が始まります。それに先駆けてセットが公開されてるので見てきました。
gaga181118-.jpg
配布している登場人物の紹介チラシです
公開しているのは
・主人公である仲村叶の部屋
・主人公たちがよく利用するカラオケルーム
・主人公が務める会社のオフィス

メインはやはり主人公・仲村叶の部屋。愛してやまない特撮番組「獅風怒闘ジュウショウワン」のポスター、ソフビ、カレンダーなどが部屋の中にありました。ソフビってこのために作ったんだよね? 追加戦士も含めた五色が揃ってました。ポスターには「まんまるテレビ 日曜朝7時30分」と、いかにも本物らしい番宣ポスターになってます。
また、いくつかの架空の番組のDVD全巻セットがカラーボックスの中を埋め尽くしていたり、AmazonならぬGamazonの通販段ボール箱が三つほど置かれていたりと、本当に生活感のある部屋になってました。そうそう、玄関開けたら向かいの部屋の扉まで見えるように作ってたのには感動さえしたね。

カラオケルームは本当にソレっぽい作りに。オフィスは明るくて昼間の室内再現してます。窓から見える外の景色は、大きな幕にビル群を印刷?したものでした。
ジュウショウワンのスーツは実際に作ったらしく、叶の妄想の中に度々現れては励ましてくれると聞いてます。放送日までにはまた何らかの動きがあると思うので、機会があれば行ってみますかね。

・今週の『ファミ通』表紙なんだが
gaga181118-1.jpg
竹書房を破壊するポプ子!
漫画の中ではあるとはいえ、他会社を表紙にするばかりか破壊するというのはええの? と思ってしまったよ。
gaga181118-2.jpg
ちなみにネット上にあった竹書房ビルです。ほぼそのまんまですな。
habu181116.jpg
『マンガボックス』連載、「葬-はぶり-」の1巻です。
先祖代々、悪霊を祓う稼業に生まれた少年・賽河 柩(さいかわ ひつぎ)。その仕事は"葬(はぶり)"。お札や呪文などによって霊を祓うのではなく、剣によって退治すると聞いていた柩は父親をスーパーヒーローのように尊敬していた。だから「父ちゃんよりスゲー"ハブリ"になってやる」と話すも、なぜか家の者は口を閉ざしてしまう。柩がまだ9歳の時のことだ。
habu181116-.jpg
けれど実際は違っていた!
憑りつかれた者は"凶憑き(まがつき)"と呼ばれ、早いうちなら除霊できて問題はない。でも期間が経つにつれ人間の霊を寝食していき、半分以上寝食されると もはや除霊は不可能。精神を崩壊させ理性をなくして暴徒と化す。そこで登場するのが"葬"。苦しみ悶える凶憑きを「ギロチン包丁」を使って、せめて苦痛なく一撃にして首を撥ねることが仕事だったのだ。
これを知った柩はショックを受ける。父ちゃんは人を助けるのではなく、人を殺すことが仕事だったのかと…

そんな柩に不幸が襲い掛かった。父親は長い間 "葬"をやってきたことから自分自身が悪霊に憑り付かれていたのだ。今までは お札を使って沈めてきたものの、柩が お札を持ち出していたために遂に限界を突破。家の者を惨殺し、その手は柩にも。けれど寸前のところで正気を取り戻した父親は「俺を殺せ」と、ギロチン包丁を手渡します。
habu181116-1.jpg
これは殺すんじゃない 救うのだと信じ、泣きながら父親の首を撥ねるしかなかった柩。こうして わずか9歳にして"葬"を継承することになりました。
それから七年。柩は高校生として暮らすのと同時に、"葬"としての仕事もこなしていた。未だに父親を殺したトラウマが残っており寝られない状態だという。だから鍛錬をひたすら続ける毎日。
habu181116-2.jpg
今では画像にあるような重いものでも自在に振れるようになりました。身体能力だけなら、霊術師協会の頭領に お付きの"葬"に劣らない実力だそうだ。成長著しいのはいいけれど、逆にそれを危ぶむ者が居た。ミト製薬の副社長・三途カルマだ。
ミト製薬は人を自在に凶憑きにさせる薬を開発していた。暴徒と化した凶憑きは超人的な動きが出来るために、軍事利用などしようと考えているのだろう。そのため"葬"が邪魔なのだ。
habu181116-3.jpg
カルマは柩の友達を誘拐し、30分以内に俺を殺さないと殺すと言う。凶憑きでありながら正常な精神を保っているのが普通の凶憑きと違うところ。かつてない強敵に柩はどう戦う!?
葬-はぶり- 1 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)
葬-はぶり- 1 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)
葬-はぶり-(1)Kindle版
bake181115.jpg
『週刊少年マガジン』連載、「化物語」の3巻 特装版です。
初めて取り上げる化物語の3巻。しかも特装版。これは本誌にて「化物画廊(バケモノギャラリ)」で紹介された、赤松健先生のカラーイラストカードが入ってるからこそ買いました。
bake181115-.jpg
これね。本誌ではモノクロだったので分かり難かったけれど、こういう色だったのか。カラーイラストカードは全9名分のカードが入ってます。で、特装版って普通のと比べてぶ厚いのね。初めて知りましたよ。紙の質が良いしちょっと厚めなのでインクのノリが違いますわ。巻末には第1話のネームが載っており、"こういう風になってたんだ"と感じ取れます。

さて、内容は「まよいマイマイ編」。道に迷っていた八九寺真宵を暦が助けようとするも、何故か暦も迷ってしまいます。やがてそれは戦場ヶ原も巻き込んでの怪異に進展していく…
bake181115-1-2.jpg
本筋と別のところでは胸を触ったかどうかで二人の掛け合いが面白いです。暦は触るどころか揉みしだいていたのね(笑)
八九寺に関して羽川は「あんまり戦場ヶ原さんに気を遣わせちゃダメだよ」と言い、忍野からは「ツンデレちゃんにこんなに気を遣わせて…」と言われるも、暦は何のことやらわからない。八九寺は蝸牛(カタツムリ)の怪異に憑かれているから道に迷っているのに、俺がどうして戦場ヶ原に気を遣わせてることになるわけ??
でもそれは本人の口から語られました。
bake181115-1.jpg
戦場ヶ原には八九寺は見えていなかった!
ここで初めて八九寺は蝸牛の怪異に憑かれていたのではなく、八九寺 自身が怪異だったことが発覚。アニメで前もって知ってたけれど、知らなかったらそりゃ驚くよね。
その後、八九寺の不幸な過去が語られるだけに気持ちが入っちゃいます。
bake181115-3.jpg
そしてようやく辿り着いた場所に涙して飛び込み、姿を消した八九寺。この笑顔で救われた気がするのは私だけじゃないハズだよね。ね! とまぁこれがこの3巻のメインといえる見開きなのですが、実はこれ以外にもあるのですよ。
bake181115-4.jpg
6ページに渡っての暦への告白です!
これを機に二人の交際はスタートするのですが、戦場ヶ原から告白したというのがいかにも"らしい"ですよね。尚、少年マガジン今週号ではこのページをクリアファイルにした抽選プレゼント企画をやってますよー。
化物語 特装版(3) (週刊少年マガジンコミックス) 化物語(3) (週刊少年マガジンコミックス)
化物語(3)特装版 (講談社キャラクターズA)
化物語(3) (週刊少年マガジンコミックス)